トピックス

7/11(土) 中学校オープンスクール

中学校オープンスクールを開催しました。
コロナウィルスの影響で、開催も危ぶまれましたが、会場を広い体育館に変更するなど感染症対策を行ったうえで実施し例年以上に多くの小学生、保護者の方々に参加していただきました
校内英語スピーチコンテストでは、1年生は自己紹介、2年生は「モンスターズ・インク」の暗唱、3年生は自作のスピーチ発表を行いました。
たくさんの方に見に来ていただき、みんなとても緊張していましたが、これまでの練習の成果を発揮し、堂々と発表することができました。
また、小学生のための英語体験授業では英単語をつかったビンゴゲームで、楽しく英語を学びました。
回のオープンスクールを通して、少しでも本校の魅力を感じていただけたら幸いです。
1 ok.jpg2 ok.jpg
3 ok.jpg4 ok.jpg
5 ok.jpg6 ok.jpg
7 ok.jpg8 ok.jpg

7/4(土) 教職員 作業第2弾

梅雨に入り、雨の日が続いています。学校周辺の排水溝に枯葉や泥がつまって水溜りができてしまいました。
今日の午前中、生徒たちが登下校に困らないように教職員で泥をかき出しました。
今後も土曜日の午前中などを使って作業を続けていこうと思っています。
4.1 ok.jpg4.3 ok.jpg
4.4 ok.jpg
4.2 ok.jpg

6/25(木) 清涼飲料水のプレゼント♪

コカ・コーラ株式会社より、全校生徒に清涼飲料水をいただきました☆
本来であれば、5月に書道部が萩市中央公園で行われる「東京2020オリンピック聖火リレー セレブレーション コカ・コーラStage」で書道パフォーマンスを披露する予定でした。しかしオリンピックの延期により、聖火リレー セレブレーションも中止となりました。
今回は、そのセレブレーション会場で配る予定だった5種類の清涼飲料水を寄付してくださいました。オリンピック限定デザインのボトルで生徒たちも喜んでいました♪ありがとうございました。
1 ok.jpg2 ok.jpg
3 ok.jpg

6/9(火) 中学校 心理教育授業

スクールカウンセラーの武田先生に来ていただき、「コミュニケーション」をテーマに心理教育授業を行いました。

「わがまま」を「主体性」にかえるために、自分の思いをどのように人に伝えるか、また、同じものを見たり聞いたりしてもその捉え方は人によって異なるということを知ること、相手のマイナスな面だけでなく良いところを見るようにすることなど、より良いコミュニケーションをとるために大切なことをたくさん学ぶことができました。

1 ok .jpg2 ok.jpg

3 ok.jpg4 ok.png

6/5(金) 夏みかんのプレゼント

萩セミナーハウスより、萩市の特産品である夏みかんをいただきました。セミナーハウスの敷地内で育った夏みかん。大きくて立派な物を生徒全員にいただきました。
毎年、学校行事などで大変お世話になっている萩セミナーハウスの皆さまからの心遣いに感謝申し上げます。
今後も地域の皆さまとの繋がりを大切にしていきたいと思った日でした。
2020.06.05 1 ok.jpg2020.06.05 2 ok.jpg

6/5(金) 朝礼のことば

6月に入り梅雨の季節となりました。これから過ごしにくい日もあるかもしれませんが、学校は始まったばかりです。体調に気をつけながら頑張っていきましょう。ところで1年生の皆さんは、新しい友だちや先輩、先生方の名前を覚ええることができましたか?また2・3年生は、新しい学年としての自覚が芽生えてきたでしょうか?

今日はまず、光塩の一日の始まりについて話したいと思います。本来なら新入生のために4月の月目標と併せて話すのですが、今年はそれができませんでした。2か月遅れとなりましたが6月の目標と一緒に話しますので、2年生・3年生もしっかり聞いてください。

今、朝礼は新型コロナ感染拡大防止のため各教室で行っていますが、本来光塩の朝礼は、ホールで放送朝礼を行います。毎週金曜日には聖歌を歌い、先生方の話しを聞きます。月初めの金曜日には月目標について、私が話しをします。光塩では一日の始まりの朝礼をとても大切にし、最初の2分間の沈黙は、普段慌ただしい毎日を過ごしている私たちにとっては、けじめをつける貴重な時間として特に大切にしています。この時間を意味のあるものにするため、次のようなことを実行してみてはどうでしょうか。

 朝起きて、皆さんが制服に着替える時、自分の一日を想像してみてください。身だしなみを整えながら「今日は大きな声で挨拶をしよう」とか「真剣に授業を受けよう」とか「笑顔で一日を過ごそう」等の目標をたてて家を出てください。そして2分間の沈黙の時に、もう一度その目標を思い出し確認する!これだけで長いと感じることもある2分間が実りある時間になると思います。私たちが過ごす毎日は、決して気持ちよく過ごせる日ばかりではありません。辛いこと、苦しいこと、悲しいことがある日もあります。しかし一日の始まりに、全校生徒が心をひとつにして、前日の反省をしたり一日の過ごし方を考えたりしたとき、そこに明るい希望が見えてきます。自分自身を高めるためこの2分を大切に使ってください。

次に月目標についてです。光塩では建学の精神を具体化させるため毎月の目標が決められています。1年生は生徒手帳の5ページを見てください。4月は『出会い』、5月は『かかわり』、そして6月は『ゆるし』。この毎月の目標には深いつながりがあります。4月の出会いがなければ、5月のかかわりは生まれず、5月のかかわりのないところに6月の『ゆるし』も生まれません。私たちは『出会い』や『かかわり』をとおして新しい生活に慣れてくると、次第に緊張感が薄れ、わがままが出てきます。慣れることは親しみも増しますが、同時に自分の思いどおりにならないことへの不満も出てきます。私たちは、このような不平不満を持ち始めると人と良いかかわりができなくなります。例えば、自分は日頃たくさんの間違いをしてしまったり他人の悪口を言ってしまったりするのに、友だちの間違いや失敗には敏感に反応して人を責め、他人の何気ない一言に傷つきます。そして自分が傷つかないため、又は悪口を正当化するために仲間をつくって他人を攻撃してしまいます。ですが、人を責めそうになったり不満が口から出そうになったりした時、自分自身のことを思い出してみてください。自分は失敗や間違いをしないのか。人を責める資格があるのか。私たちは自分が失敗したときは赦してもらうことばかり考えますが、人が失敗した時にはなかなか赦すことができません。『ゆるす』という行為は、私たちにとって非常に難しいことです。だからこそ私たちは、常に自分が家族をはじめ、たくさんの人から赦され、我慢してもらっていることを思い出し、人に寛大な心を持つことが大切です。もう一度言います。今月の目標は『ゆるし』です。今月は、多くの人とかかわる時、相手の欠点ばかりを見るのではなく、相手を赦しながら、良いところをみつけられる人になるよう努力しましょう。

最後に、来週から試験週間が始まります。一回のテストが自分の将来に大きく影響してきます。特に高校3年生にとっては、1学期に行われる2回の定期試験がこれからの進路決定に非常に大きな意味を持ってきます。必ず最高の結果が出せるよう頑張ってください。(N)

5/25(月) マスク寄付

【生徒からのメッセージ】

4月に、私たち生徒一人ひとりに学校からマスクの配付がありました。マスクが不足している状況の中で、私たちに配られるマスクが購入できたことを知り、それならばこれまでお世話になっている学校医の先生方や、近隣の医療機関の方々に恩返しがしたいと思い、今回寄付させていただくことにしました。
本校はボランティアに力を入れており、本来であれば校内外で様々な活動をしています。しかし、この状況の中でボランティアができず、何かできないかと考えている中での提案でした。
コロナの感染が収束に向かっている現在も、病院や施設ではマスクが不足しているというニュースが流れているので、今回寄付したマスクが少しでもお役に立てば嬉しいです。
                     (萩光塩学院中学・高等学校生徒一同)
2020.5.25 2 1 ok.png2020.5.25 2 2 ok.png

5/25(月) 中学校新入生歓迎会

臨時休校のため延期になっていた新入生歓迎会を行いました。

1年生と仲良く学院生活を楽しむことができるようにと、2・3年生が企画・準備をし、ビンゴなどのゲームで盛り上がりました。1年生からもクイズの出題があり、全校で楽しい時間を過ごしました。

今回はコロナの感染防止対策として、密にならないように少人数のグループ毎に各教室に分かれて、ZOOMを利用した「オンライン歓迎会」を行い、今までとは違う楽しみ方ができました。

2020.5.25 1 1 ok.png2020.5.25 1 2 ok.png

2020.5.25 1 3 ok.png2020.5.25 1 4 ok.png

2020.5.25 1 5 ok.png2020.5.25 1 6 ok.png

取り組み③

部活動も休んでばかりはいられません。
各部活動でトレーニングなどの課題を課し、毎日顧問の先生へ報告が届きます。また、リモートトレーニングなどにも取り組んでいます。
写真はバスケ部の様子です☆
2020.5.19 1 ok.png2020.5.19 2 ok.png
2020.5.19 3 ok.png2020.5.19 4 ok.png

5/19(火) 美術部

萩まちじゅう博物館の各エリアのおたからを紹介する「萩まちあるきマップ」。その中の「田町地区おたからマップ」の挿絵を本校の美術部が描かせていただきました。
ぜひご覧ください☆

2020.5.19 美術部 ok.png

取り組み②

休校中の取り組み②
この休校中は中1から高3まで、全校生徒には学習アプリを使った課題を出しています。
毎日の学習記録や各教科の課題提出はClassiやロイロノートを活用しています。
休校中でも毎日の学習内容や生活の様子を知ることができ、生徒と担任、教科担当者のコミュニケーションツールの1つとなっています。
IMG_6446.jpeg

休校中の取り組み①

休校中の取り組み①
臨時休校中、教職員で学校再開に向けて校内の環境整備を行いました。
生徒たちが気持ちよく過ごせるように心を込めて掃除し、まずは中学校校舎のベランダをピカピカにしました✨
きれいになったのが分かります??
IMG_6433.jpeg
IMG_6435.jpegIMG_6434.jpeg

5/18(月) 中学校授業再開

今日から中学校は授業を再開しました。久しぶりの登校で、生徒たちは終始笑顔で授業を受けていました。
感染防止対策として手洗い、マスク着用、換気、消毒はもちろんのこと、今日から以下のことを対策に加えています。
・次亜塩素酸ナトリウム空間除去・消臭ミストの設置
・生徒机と教卓の間に透明なシールドの設置
・生徒の席の間隔をあけ、ビニールテープでポイントを打つ
※高校は来週25日から授業再開予定です。
IMG_6401.jpegIMG_6394.jpegIMG_6412.jpegIMG_6405.jpeg

5/12(火) オンライン授業

今週は中2と中3のクラスでオンライン授業を行なっています☆体育や音楽などの実技科目も実施しています♪
生徒たちは、画面越しではありますが、クラスメイトや先生たちに会えてとっても嬉しそうです!
2020.5.12 1 ok.png2020.5.12 2 ok.png
2020.5.12 3 ok.png2020.5.12 4 ok.png
2020.5.12 5 ok.png2020.5.12 6 ok.png

中学校通信 5月号

R2萩光塩学院中学校通信②5月号HP用.pdf

中学校通信 5月号です

新型コロナウイルス感染防止に係る休業期間の延長について

4月28日、山口県教育委員会から県内の公立学校等に対して臨時休業期間延長の連絡がありました。これにともない本校でも、萩市教育委員会、近隣の高等学校と連携をとり、5月7日(木)から5月24日(日)まで中学校・高校の休業期間を延長することといたしました。保護者の皆様にはご心配をおかけしますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご理解、ご協力をいただきますようよろしくお願いいたします。

※期間中に分散登校などの可能性が出てきた場合は、追って連絡します。

〔連絡事項〕

登校日について

登校日を、
 5月7日(木)に中学校と高3
 5月8日(金)に高1と高2
で予定しています。4月23日の登校日と同様に、公共交通機関を使わずに登校できる場合は登校して下さい。また、
 5月9日(土)を予備日
としています。7,8日は登校できないが9日ならできる場合は、この日でお願いします。
 どの日も登校できない場合は事前に担任に連絡して下さい。登校できなかった生徒には、後日担任が連絡します。

健康観察カード、課題をもってきて下さい。

8時15分登校で9時45分までに下校の予定です。

5月4日以降(4日を含む)発熱や体調不良があった場合は、登校しないで下さい。

5月14日(木)から16日(土)、21日(木)から23日(土)も同様に登校日とする予定です。

休業中は部活動を行いません。

休業中はホームページ、まちcomi、Classiを使って連絡を取ります。毎日確認が取れるようにしておいて下さい。

期間中、学年ごとに課題を出します。(登校日に提出)

生活指導部が配布した「休業中の生活の心得」をしっかり読んで下さい。

不要・不急の外出をしないよう、強くお願いいたします。

休業中に体調不良等ありましたら、担任までお知らせ下さい。

〈行事について〉

5月、6月の行事については以下の通り中止、延期いたします。

・健康診断→延期

・校内漢字テスト・英単テスト・中学校計算テスト→延期

・光塩会役員会(5月16日)→検討中

・中間試験(5月19日から21日)→延期(代替案については検討中)

・光塩会総会(5月27日)→中止(書面決議に代えさせていただきます。)

・第1回漢検(6月13日)→実施予定

・第1回英検一次(5月31日)→延期

・文化祭(6月20日)→延期(9月26日予定)

・中学校オープンスクール(6月27日)→中止

・中学校校内英語スピーチコンテスト(6月27日)→実施予定で検討中

・進研模試(5月30日、6月28日)→検討中

4/30(木) 中3オンライン授業②

先日に引き続き、中3のクラスで試験的なオンライン授業を行いました。
今回は数学の授業でしたが、2回目ということで生徒たちはオンラインスタイルにすっかり慣れていました⭐︎
活発に質問も飛び交い、生徒 - 教師間のコミュニケーションをしっかり取ることのできた授業となりました!
この様子が、明日5/1(金)18:00から萩テレビで放送されます。ぜひ、ご覧ください⭐︎
2020.4.30 1 ok.png2020.4.30 2 ok.png
2020.4.30 3 ok.png2020.4.30 4 ok.png
2020.4.30 5 ok.png2020.4.30 6 ok.png

4/28(火) 中3オンライン授業

中3のクラスで英語のオンライン授業を行いました。今日は試験的なものでしたが、全員が参加でき、授業もスムーズに進んでいきました。
今後も休校中の学習や生活のサポートができるように検討していきます。準備が整い次第、各クラス、各学年単位でオンラインでの新しい取り組みを始めたいと思います
2020.4.28 1 ok.png2020.4.28 2 ok.png
2020.4.28 3 ok.png2020.4.28 4 ok.png
2020.4.28 5 ok.png2020.4.28 6 ok.png

【重要】登校日の時間変更について

登校日の時間変更について

 明日、4月23日(木)に予定していた登校日については、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、下記のように変更し実施します。登下校時やクラス内での密集・密接・密閉等を避けるための変更ですのでご理解、ご協力をお願いいたします。

登校日 : 2020年4月23日(木)

登校時間 :

 高3・中学校  8:15~ 9:45

 高2・高1  10:30~12:00

(1-2はコミュニティールーム、1-3は1号館音楽室、他は自教室でHR)

内  容 :

 健康観察、課題の提出、Classi、ロイロノート設定確認(学習活動サポート)、今後の連絡事項

持ち物 :

 課題、健康観察カード(毎日の検温等の健康観察を確実に実施してください。)

その他 :

・明日は、徒歩、自転車、保護者等の送迎で登下校できる生徒のみ登校してください。列車やバスなど公共交通機関を利用しての登校および下校はご遠慮ください。

・4月20日以降(20日含む)発熱、体調不良があった場合は登校しないでください。

・登校できない場合は、事前に学校に連絡してください。

・登校できなかった生徒には、後日担任が連絡をします。

・各クラス終了次第下校となります。予定時間より早く下校する場合もありますので、送迎される場合はご注意ください。

・5月1日(金)に予定していた登校日は中止します。

学校を訪問を考えている卒業生の方へ

 新型コロナウイルス感染症に係る状況を考慮し、各種証明書等が必要な場合は事前に電話で連絡をお願いします。その際、マスク着用等の対策を講じた上で来校し、受付にて手続きをしてください。
 なお、教員や部活動の生徒への面会等については、当面の間、来校はお控えください。
感染の拡大を防止するために、御理解と御協力をお願いします。

4/16(木) 復活のお祝い

 カトリック教会で「復活のお祝い」を行いました。恩地神父様からイエス・キリストの復活のお話をしていただきんなで復活の祈りを唱え、聖歌を歌いました。

 各学年の共同祈願では、入学進級の喜び期待、また現在新型コロナウィルス感染で苦しむ世界の人々一日も早く平穏な生活が送れるようにと思いを込めて祈りました。

 コロナウイルスの影響で中止も検討しましたが、生徒たちはこの日のために聖歌の練習なども行っていたので、例年より時間を短縮し、座席を広くとるなど感染対策をしっかりとったうえで実施しました。

unnamed.jpgunnamed2.jpg

unnamed3.jpgunnamed4.jpg

中学校通信 4月号

2020年度 萩光塩学院中学校通信 4月号.pdf

中学校通信 2020年度 4月号です。
クリックするとPDFが開きます。

4/9(木) 対面式

新任の4名の先生方の紹介があり、その後、新入生と在校生との対面式がありました。
新年度を迎え、新しい出会いに感謝です。

2020年度 入学式

4/8(水) 入学式
中学校、高等学校の入学式を行いました。
新型コロナウィルス感染拡大防止に努め、マスク着用、時間短縮での入学式でしたが、無事に新入生を迎えられたことは大きな喜びです。
新入生の皆さん、入学おめでとうございます。明日からの学院生活を一緒に楽しみましょう!
【校長式辞】

柔らかな日差しのもと新緑の美しさに心が躍る希望の春を迎えました。 只今入学を許可いたしました中学校十一名、高等学校六十六名の新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。皆さんの入学を心から祝福し 、歓迎いたします。また保護者の皆様にもお子様のご入学を心からお祝い申し上げます。  さて、新入生の皆さん、皆さんは今どんな中学校生活、高校生活を思い描いていますか。新しい環境・新しい友達とのかかわりに、少しばかり の不安を感じていることに加え、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、十分な入学説明会やオリエンテーションも行うことができず 、不安もさらに大きくなってしまったことでしょう。猛威を振るう新型コロナウイルスの感染拡大と世界の混乱は、残念ながら未だ終息への見通 しが立っていません。学校への臨時休業の要請や不要不急の外出自粛など、私たちの日常生活にも大きな影響を与えています。感染拡大の状況は 日々変化し、本校でも入学式後に学習や部活動、学校行事の大きな変更もあるかもしれません。皆さんはこの状況とどう向き合い、どのような思 いを持っているでしょうか。私は、皆さんには、このような状況下でも、悲観ばかりするのではなく、今日無事に入学式を行うことができたこと に感謝し、これから始まる新たな学校生活に大きな希望を持って、目標に向かって力強く前進していって欲しいと願っています。 私は、皆さんが光塩の生徒として、これからの中学・高校生活を有意義に送り、人間的に大きく成長するために、三つのことを伝えておきたい と思います。 一つ目は、皆さんには『光り輝く可能性がある』ということです。自分の内側に秘められた可能性を信じ、自分の素晴らしさとはいったい何で あるかを探し求め、その可能性に向かって一生懸命努力する人であってください。 二つ目は、皆さん一人ひとりは『尊い存在であり、かけがえのない存在』だということです。皆さんには、他人とは違った素晴らしい能力と個 性があります。これからは他人と比較するのではなく、自分の中にきちんとした目標を設定し、自分に合った方法で自分の道を一歩一歩着実に歩 んでいくよう心がけてください。 そして三つめは、この世界で皆さんは決して一人ではなく『多くの人とのかかわりの中で、共に支え合いながら生きている』ということです。 これからの学校生活の中で、学習面や人間関係などで困難な状況にあった時、家族はもちろん、友だちや先生方の支えによって窮地を脱し、その 大切さを感じることがあるでしょう。そのときの想いを忘れず、人との繋がりの大切さを学ぶことができる人であってください。 今話した三つのことは、これからの三年間の探究だけで終わるものではなく、生涯をかけて学び続けていく事柄でもあります。光塩に入学した ことをきっかけに、今日からその探究をはじめていって欲しいと思います。 また本校では、学習に力を入れて取り組むことはもちろんですが、それ以外の学校行事、部活動、ボランティア活動、国際交流活動などもとて も大事にしています。それは皆さんが幅広い活動をすることによって、多くの経験を積み、頭と体と心を鍛え、さらに人とのかかわりをとおして 、バランスの取れた豊かな人間として成長することができるようになるからです。自分が持っている良いものを伸ばし、ここで出会った友人の優 れているところに学び、お互いを高め合うことのできる人になってください。 先ほど読まれた『あなたたちは世の光です。あなたたちは地の塩です。』という聖書の言葉は、これからこの学院で学ぶ皆さんに対して、限り ない期待と信頼をあらわした言葉です。皆さんが「世の光・地の塩」という本校の建学の精神に沿って、将来社会に貢献できる人となるよう、こ れから共に歩んでいきましょう。 保護者の皆様、今日から大切なお子様をお預かりすることになりました。大変嬉しく思うと同時に大きな責任も感じております。これからは一 人ひとりの生徒が秘めている力を思う存分発揮し立派に成長できるよう、私たち教職員も全力を尽くしてまいります。どうか温かいご支援とご協 力をお願い申しあげます。 それでは新入生の皆さん、今日から皆さんがこの萩光塩学院の主役です。皆さん一人ひとりが充実した学校生活を送り、明日への希望と共に大 きく成長していくことを願って、お祝いの言葉といたします。

二〇二〇年 四月八日

萩光塩学院中学・高等学校校長  中村 柔道

2020年度 1学期始業式


おはようございます。
今日から2020年度が始まります。新2年生・3年生に進級された皆さん、進級おめ
でとうございます。私は、毎年体育館で行われる1学期の始業式では、皆さんが1学年進
級したことによって決意を新たにし、引き締まった顔つきになっている様子を見て、新た
な学年の始まりに大きな期待と喜びを感じていました。
しかし今年度のスタートは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、このような放
送での始業式となり、皆さんの顔を直接見て話すことができません。とても残念ですが、
今日が皆さんにとっての新しい学年のスタートに変わりありません。きっと例年のように
引き締まった表情で私の話を聞いていることでしょう。3月2日から臨時休業となり、学
習や部活動ができない日が続きました。皆さんも悶々とした気持ちで毎日を過ごしていた
のではないでしょうか。4月1日の部活動再開の日、各部の様子を見て回り、久しぶりの
活動に「どうですか?」という私の問いかけに対して、ある生徒が大きな声で「最高です
!」と答えました。日本各地にはまだ学校が再開できず、困っている地域がたくさんあり
ます。いつもは「面倒くさい」とか「嫌だ」と思いがちな学習や部活動も全てを禁止され
てみるととても不自由に感じるものです。このような経験をした今だからこそ、学校に通
い、学習や部活動ができる喜び、友だちと直接顔を合わせて語り合うことのできる喜びを
かみしめて、当たり前と思っていた日々の生活に感謝し、一年間その思いを途切れさせる
ことなく努力し続けて欲しいと思います。
中学校3年生のみなさんは義務教育課程の最終学年として、また高校3年生の皆さんは
萩光塩学院の最上級生として、学校行事や校友会行事・部活動など、その中心となって積
極的に取り組んでください。また3年生は、自分の将来にかかわる進路決定という大きな
目標を成し遂げなければなりません。それぞれの目標に向かって精一杯努力してください

 中2、高2のみなさんは、中堅学年として思う存分、自分を磨き充実させる時です
。3年生を助けるとともに、学校生活に慣れない1年生も助けてあげてください。萩光塩
学院の1年を左右する重要な鍵を握っているのは2年生です。期待しています。 
さて、午後からの入学式には、11名の中学1年生と66名の高校1年生が入学してき
ます。新入生は、2年生・3年生を手本にして学校生活を送ります。良き手本となるよう
に先輩として立派な態度で迎えてあげてください。
それでは、今日から新しいスタートです。夢をもち、夢を膨らませ、夢が実現できるよ
うしっかりと勉強や部活動に取り組み、そして皆さんの成長を見守ってくれる保護者や友
人・先生方に、感謝と尊敬、思いやりをもって毎日を過ごしていきましょう。

3/24(火) 離任式

3週間ぶりの登校日。本日、離任式を行いました。
今年度退職されるのは、宗教のSr.末成、数学の宮本先生、理科の羅先生、音楽の北国先生、英語の小倉(TK)先生。そして、事務の田中さん。
寂しくなりますが、先生方の今後のご健康とご多幸を心よりお祈りしています!
202003265.jpg202003261.jpg202003262.jpg202003263.jpg202003264.jpg

3/14(土) 中学校卒業式

 柔らかな早春の日差しを浴びて、明日への希望が膨らむ季節を迎えました。

 卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。また、保護者の皆様、本日はお子様のご卒業、誠におめでとうございます。心からお祝いを申し上げますとともに、入学以来、本校の教育活動に深いご理解と温かいご支援を賜りましたことに、謹んでお礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

 さて、卒業生の皆さん、皆さんは今日、九年間の義務教育課程を終えました。今皆さんは、中学校生活を終えた充実感と、新たな高校生活への希望に溢れていることでしょう。卒業を目前にして、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念され、急遽学校が臨時休業となり、皆さんが共に過ごす最後の大切な時間が無くなってしまいました。本来なら、三年間の総まとめとしての試験や卒業アルバムの作成など、楽しかったこと苦しかったことを思い出しながら、学院で過ごした時間を振り返る期間となるはずでした。それができなかったことが残念でなりません。しかし、このような状況の中でも、在校生と共に、何とか卒業式を行い、皆さんの晴れの日をお祝いすることができたことに安堵感と大きな喜びを感じています。

 これまでの三年間を振り返ってみますと、一年生の時の緊張のスタート。希望とやる気に溢れ、一生懸命、中学校生活に慣れようと取り組んでいました。二年生なると後輩もでき、先輩として引き締まった顔つきになりました。しかし学校生活にも慣れ、怠け心がもたげ、中だるみがあった人いたでしょう。迎えた三年生、建学の精神である「地の塩・世の光」を一つ一つの活動を通して実践し、自分を磨き、絆を深め、光塩の伝統を守りながら、ここまで成長してきました。

 秋田さん。二年生の十二月から光塩の仲間になり、慣れない学校生活や初めての行事に戸惑いもあったことでしょう。得意の英語スピーチでは努力を重ね、全国大会のファイナリストになりました。バイタリティーに溢れ、エネルギッシュな行動力があなたの最大の魅力です。これからは細かな努力も忘れず、世界に羽ばたき、輝いている人になってください。

 兼本さん。いつも冷静に物事を捉え、校友会会長として全体をまとめてくれました。きちんと目標を見据えて努力を重ね、確実に成長してきました。音楽会での『ギフツ』の伴奏、三年間一生懸命打ち込んだ吹奏楽。高校生になっても大好きな音楽を続け、将来は音楽でたくさんの人を幸せにする人になってください。

 上領くん。クラスのムードメーカーであり、文化祭、修学旅行のフェアウェルパーティー、スキー合宿などでオタ芸を披露し、場を盛り上げてくれました。あなたのコミュニケーション力は素晴らしいものです。しかしその力をどう使うかはあなた次第です。苦しく辛いことからも逃げず、どんなことにも挑戦するチャレンジャーであり続けてください。

 北村さん。文化祭や体育祭前の話し合い活動では、活発な意見を述べることができました。周りをよく見て、細かなことに気がつく観察力はたいしたものです。あなたにはあなたを思う家族や友だち、先生方がいます。自分の長所を活かし、周りの人の気持ちを考え、感謝の心と笑顔を忘れず、人と接することができる心豊かな人になってください。

 廣谷さん。クラスや場の雰囲気をより良くするため細かな気遣いをいたるところで見せてくれました。宗教委員として、クリスマス会の聖劇で演じたマリア様役は、あなたにぴったりでした。これからも自分の周りに喜びと光をまく人となり、人々を笑顔にする心優しいマリア様のような医師になってください。

 安森さん。優しく、友だち思いで、後輩の面倒見もよく、困っている人によく声掛けをしていました。今年の校内英語スピーチコンテストでは、努力を重ね、見事金賞となりました。この三年間のあなたの成長は素晴らしいものです。これからも持ち前の明るさで、人を癒せる人になってください。そして、あなたらしい高校生活を送ってください。

 萬屋くん。誰に対しても優しく、あなたの笑顔は私たちをほっこりさせてくれます。受験前の面接練習では、調理師になりたいという夢をひたすら話してくれました。その目標を叶えるため、どんな困難なことがあってもあきらめたり逃げたりすることなく、おいしい料理で、人を笑顔にする調理師になってください。

 先日、担任の先生から皆さんのクラスのテーマが『協力』だったと聞きました。皆さんは、一人ひとりがそれぞれの色を持ち、みんなで協力し合うことでまとまり、その都度新たな色を作り上げてきました。文化祭の書道パフォーマンスで書きあげた『セブンカラーズ』という文字には、そんな皆さんの思いが込められていたのでしょう。時にはぶつかり合いながらも『協力』というクラス目標を忘れることなく、この一年を過ごしてきたことは、きっと皆さんの大きな財産になるはずです。これから皆さんが歩んでいく人生は、決して良いことばかりではなく、辛く苦しい出来事もたくさんあります。いかなる困難、逆境に遭っても仲間と協力し、助け合うことの大切さを決して忘れないでください。

 卒業生の皆さん、最後に私からひとつの言葉を贈ります。

 『花を支える枝、枝を支える幹、幹を支える根、根は見えねんだなあ』

 この学院で『自分の周りに喜びと光をまく人になる』ことをめざして、友と協力し合うことの大切さを学んできた皆さんには、これからも、自分の周りの人たちが花を咲かせる根になって欲しいと思います。周りの人たちが幹を太くし、枝を伸ばし、花を咲かせるとき、見えないところで支えてあげられる人になってください。皆さん自身も立派な根を張ることで大木となることができるのです。

 これからの皆さんの人生が、それぞれの色で光り輝くことを祈念して、お祝いの言葉といたします。

  

                                       令和二年三月十四日

                                       萩光塩学院中学校 校長  中村 柔道

h-20200314-4.jpg h-20200314-3.jpg

h-20200314-6.jpg h-20200314-2.jpg

h-20200314-1.jpg h-20200314-5.jpg

 

中学校通信 1月号

中学校通信 2019年度 1月号です。
写真をクリックするとPDFが開きます。

2/22(土) コース・文化部発表会

 第28回コース・文化部発表会を開催しました。
 高校3年生が2年間、各コースで学んできた知識や技術・技能をステージ発表、もしくは展示で披露しました。
 併せて文化部の発表もあり、卒業を来週に控えた生徒たちの堂々とした姿に、3年間の成長を感じることができました。
h-20200222-4.jpg h-20200222-6.jpg
h-20200222-1.jpg h-20200222-10.jpg
h-20200222-5.jpg h-20200222-7.jpg
h-20200222-3.jpg h-20200222-9.jpg
h-20200222-8.jpg h-20200222-2.jpg

2/21(金) 朝礼のことば

 1年間を締めくくる3学期もあっという間に半分以上が過ぎました。来週には高校の卒業式、3週間後には中学校の卒業式があり、みんなそれぞれ次の学年へと進んでいきます。

 ついこの間3学期が始まったと思っていたら、あと1か月で3学期が終わり、2019年度が終了します。よく時間が早く過ぎていく例えとして、「1月はいく」、「2月は逃げる」、「3月は去る」などの表現やことわざでは、「光陰矢の如し」など様々な言い方があります。実際みなさんの中にも、あっという間に毎日が過ぎていくと感じている人もいるのではないでしょうか。私自身も毎日の生活の中で、「気がついたらもうこんな時間だ、でもこれもしなければ、あれもしなければ。」と時間に追われることがよくあります。1日がもう4、5時間多くあればもっとやりたいことができるのにと思うことさえあります。

 しかし、時間を増やすことなどできるはずもありませんし、みんな1日24時間という時間しかありません。そのような世界で生きている私たちが、毎日を有意義に過ごしていくには、1つ「時間を有効に使うこと」だけだと思います。何も考えずに毎日をただ過ごしていくのも、物事に対してメリハリをつけて1日を過ごしていくのも時間的に考えれば全く同じです。しかし、気持ちの面では全く違います。やるべきこと、やれることをその日のうちに終わらせて、次の日の計画をしっかり立てて、過ごしていく。当たり前のことのように思えるかもしれませんが、前向きな気持ちを持っていなければ、このごく当たり前のことを実行することはできません。

 生徒のみなさんはいかがでしょうか。1時間目~6時間目、あるいは7時間目までの授業、どのような気持ちで授業を受けていますか。教科や科目によって好き嫌いはあるでしょうし、ぼーとしていたら授業が終わっていたなんてこともあるかもしれません。あるいは1時間目からすべてずっと集中して授業を受け続けるのは疲れることかもしれません。しかし、「時間を有効に使う」ために少し考え方を変えて授業を受けてみると新しい発見があるかもしれません。例えば、1つの授業で最低1つは新しいことを覚える、興味をもって先生の話を聞いてみるなど少し、意識を変えて授業に参加すると授業の時間を有効に過ごすことができるかもしれません。

 「時間を有効に活用できる」人が、勉強や仕事、いろいろなことに成功できる人だと私は思います。時間を有効に活用できれば、様々なことにおいて、よい結果がついてくるはずです。ぜひいろいろな場面において「時間を有効に活用する」という意識をもってこれから過ごしてみてください。

 明日はコース・文化部発表会です。特に高校3年生にとっては卒業までの最後の学校行事になります。ステージに出演する人は、舞台に立つことで有意義な時間を過ごしていると思いますが、発表を見る側の人も何も考えずにただ発表を見るのではなく、発表者の表情や動きなどいろいろと注目しながら鑑賞し、有意義な時間を過ごしてください。

2/21(金) 同窓会入会式・奨学金授与式

 同窓会入会式が行われ、高雄同窓会長が、卒業を間近に控えた高3、中3それぞれにお話をされました。
 入会式後には、同窓会奨学金授与式が行われ、奨学生に選ばれた2名とその保護者に奨学金が授与されました。
 学校からの推薦を受け、今年度奨学生に選ばれたのは、高3 若山さんと中3 兼本さんです。おめでとうございました!!
h-20200221-1.jpg h-20200221-3.jpg
h-20200221-2.jpg h-20200221-4.jpg
h-20200221-6.jpg h-20200221-5.jpg

2/17(月) 中学校 3年生を送る会

 3年生の卒業を間近にひかえ、1、2年生が企画、準備をして3年生を送る会が開かれました。クイズやで何でもバスケット、思い出ビンゴなど楽しい時間を過ごしました。3年生からも、自分たちのことに関するクイズがあり、これまで知らなかった一面を知ることができました。

h-20200217-4.jpg h-20200217-2.jpg

h-20200217-3.jpg h-20200217-1.jpg

2/13(木)~14(金) 中学校 スキー合宿

 やわたハイランド191スキー場(宿泊先:益田市立二川地区振興センター)で、スキー合宿を行いました。

 生徒は初級、中級、上級にわかれ、レベルに応じた練習を行いました。スキー初体験の生徒は何度も転びながらも繰り返し練習し、2日目にはみんな上手に滑れるようになりました。上級の生徒たちは難度の高い技にも挑戦し、スキーを楽しんでいました。

 宿泊施設では、協力して食事の準備をしたり、班ごとの出し物を皆で楽しんだり、自分の役割を考えながら行動することができました。

 スキー場、宿泊施設のスタッフの方々をはじめ、たくさんのご支援、ご協力に感謝しながら、充実した楽しい合宿を送ることができました。

h-20200214-1.jpg h-20200214-8.jpg

h-20200214-5.jpg h-20200214-7.jpg

h-20200214-3.jpg h-20200214-2.jpg

h-20200214-6.jpg h-20200214-4.jpg

2/14(金) 朝礼のことば

 今日は、2月14日バレンタインデーです。「好き」について話をしようと思います。

 「何が好き?」って聞かれれば、きっと私は「考えることが好き」そして「理科好き」と答えます。「クイズ・謎解き・推理・分析」など考えることが好きです。そんな私を一番満足されてくれる教科が理科だったので、私は理科好きになりました。

 理科好きな私の最近嬉しかった出来事を紹介します。それは皆さんが毎日書いてくれる学級日誌での出来事です。いつものように学級日誌を開いて読んでみると、「今日はナメクジを助けました。ところで、なぜナメクジは塩をかけると縮むのですか」と書かれていました。皆さんが身近なことに疑問を抱くことがとてもうれしかったです。そこから理科は始まるのです。私は大きなメモを学級日誌に貼りつけ、メモいっぱいに返事を書きました。次の日に「大満足です!」「よく分かりました」と返事が返ってきて、さらにうれしくなりました。そしてもっと私を喜ばせたのは、私の返事を見て、さらなる質問がきたことです。現象の仕組みを理解した上で、それを利用した現象に対しての質問でした。「さあ、どうなると思う?原理に沿って仮説を立て、実験して確かめてみて」と言いました。これこそが理科です。研究です。仮説を立て、実験する。実験結果が予想通りなら仮説が正しいし、予想と異なれば、どこかで間違いが生じていて、それを一つずつなくしていって、真理に迫るのが理科の楽しいところです。

 理科は真理を追い求める探究心を、最大限に満足させてくれる教科だと思います。本当に魅力的な教科で、私は大好きです。

 しかし、「理科離れ」という言葉が近年問題になっています。皆さんは、理科好きですか?多くの人が「ノー」と心の中で思っているでしょう。難しい原理・仕組み・計算がたくさん出てきて、覚えないといけない名称・法則・公式もたくさんあります。嫌いになる気持ちも分かりますが、身近にある楽しい理科をもっとみなさんに知ってほしいし、好きになってほしいと思っています。

 校内の理科コーナーや図書コーナーに、理科の先生たちで厳選した今オススメの理科関係の本や漫画をたくさん置いていますので、ぜひ手に取ってみてください。

 最後に、バレンタインデーなので、告白します。

 私は、皆さんのことが大好きです。

 大好きな皆さんにお願いです。私の好きな理科を好きになってください。

中学校通信 12月号

中学校通信 2019年度 12月号です。
写真をクリックするとPDFが開きます。

2/12(水) 萩市こども栄光賞

 第15回萩市こども栄光賞の授賞式が萩市役所で行われました。

 中3の秋田さんが英語弁論大会や放送コンテストでの優秀な成績を評価され、文化奨励部門で受賞しました。代表謝辞では、支えてくださった方々への感謝の気持ちとともに将来の抱負を堂々と述べました。

h-20200212-1.jpg h-20200212-3.jpg

2/6(木)〜2/7(金) Cross cultural days

 今回は台湾から13名の学生を迎えました。
 学年ごとに交流会を行い、授業も一緒に受けました。昼休みには片言の英語でも一生懸命会話をし、お別れの時には涙を流す生徒もいました。その様子から短い時間でも思い出に残る大切な時間を過ごせたのだと伝わってきました。
 今後もこのような国際交流を継続していきます。
DSC08528.JPG IMG_0479.JPG
DSC08692.JPG DSC03842.JPG
IMG_0009.JPG IMG_0192.JPG

2/7(金) 朝礼のことば

 立春が過ぎ、暦の上では春を迎えたことになりましたが、まだまだ寒い日が続きます。

 高校3年生の卒業試験も昨日で終わり、別れの時が近づいてきました。2月は中3・高3の皆さんにとって、それぞれの総仕上げと次に来る新しい生活への準備の期間です。そして、今の仲間と過ごす最後の時間です。自分の中学・高校生活をしっかり振り返り、この1カ月を大切に過ごしてください。

 また、昨日から台湾の留学生が来ています。充実した時間を過ごせているでしょうか。人見知りしてしまう。英語が苦手だから話しかけられないなど、いろいろ考えてしまう人もいるでしょうが、交流の時間は限られています。今日一日、必ず一度は自分から話しかけ、交流するよう努めてください。

 さて、今月の学院のテーマは「愛」です。皆さんは「愛」についてどのように理解していますか。また「愛」とは、どう表現し行動すればよいのでしょうか。中学生・高校生の皆さんにとって、愛と言えば「恋愛」をイメージするかもしれませんが、本当の愛とはそうではありません。本校はミッションスクールとしてカトリックの教えを大事にしています。先日も生利先生から今月の聖書の言葉について説明がありました。もう一度そのことを思い出してください。聖書の中には「愛」とは、友のために尽くしていくこと、困っている人を見て、言葉や口先だけでなく行いをもって誠実にかかわること、自分の利益だけを求めないこと、ねたまず・高ぶらず・誇らないこと、そして偽りがあってはならないことなどが述べられています。

 このように聞くと、「愛」を実行することは大変難しそうですが、決してそうではありません。私たちは、自分の好きな相手に対してはいつも自然に、相手のことを思い・大事にすることができています。しかし自分と合わない相手に対してはどうでしょうか。私は、自分と合わない人とどう接し、どうかかわるかを意識しさえすれば「愛」のある行動の大きな一歩を踏み出すことができると思います。例えば、自分の周りで嫌なことがあっても、周囲の人に対して怒りや憎しみをぶつけず、怒りがこみあげてきても人の悪口を言ったり罵ったりしないことです。是非、自分と合わない相手こそ大切にしようと心がけてください。そして出来れば、優しさや微笑をいつも絶やさないようにしてください。周囲に対する「ほんの少しの思いやり」を持つだけでも立派な愛が実行できるのではないでしょうか。

 ストレスの多い現代社会の中では、「ほんの少しの思いやり」を表現し社会全体に浸透させることこそ、もっとも重要で大切なことだと思います。今月から優しさと微笑みの絶えない「愛」のある学校にみんなでしていきましょう。

1/23(木) 社会を明るくする運動作文コンテスト

 第69回「社会を明るくする運動」作文コンテストの表彰式が山口市で行われました。
 中2の中村さんの作品は萩阿武地区の選考会で最優秀賞の推進委員長賞に、県の選考会で山口保護観察所長賞に選ばれました。
h-20200123-3.jpg h-20200123-2.jpg

1/19(日) 萩市駅伝競走大会

 今年も第69回萩市駅伝競走大会に光塩ファミリーから3チームが出場しました。毎年、幼稚園から高校までの保護者、卒業生、職員などでチームが構成されています。

 一般Bの部で出場71チーム中、「光塩ファミリー1」が21位、「光塩ファミリー2」が49位、女子の部では12チーム中8位という結果でした。

 当日出場された方はもちろん、スタッフとしてお手伝いいただいた方や沿道から声援を送ってくださった皆さま、大変お世話になりました。ありがとうございました。

h-20200119-19.jpg h-20200119-17.jpg

h-20200119-11.jpg h-20200119-13.jpg

1/8(水) カルタ会

 毎年恒例、光塩伝統のカルタ会を行いました。
 4人で一つのカルタを囲み、今年も熱戦が繰り広げられました。
【結果】
◎個人の部
1位:中村(ま)さん(中2)
2位:能美さん(高3)
3位:小川さん(高3)
◎団体の部
1位:3-1
2位:中2
3位:1-1
h-20200108-12.jpg h-20200108-13.jpg
h-20200108-14.jpg h-20200108-11.jpg

1/8(水) 始業式

 おはようございます。そして、あけましておめでとうございます。

 今年のお正月も昨年以上に穏やかな天気に恵まれ、気持ちの良い新年のスタートをきることができました。皆さんはどんなお正月を過ごしたでしょうか。そしてどんな誓いをたてたでしょうか。

 私は、1月2日に成人式に出席し、新成人の門出をお祝いしました。昨年は、長期入院明けで成人式を欠席したため2年ぶりの参加となり、また今年度から新しい企画も始まったため、少し新鮮な気持ちになりました。さらに中学生・高校生として在学していた頃、担任の先生方を悩ませた生徒たちの立派に成長した姿を見ることができ、とてもうれしい気持ちにもなることができました。ここにいる皆さんもそう遠くない話です。2年後、3年後...そして7年後、皆さんが20歳になるのかと思うととても楽しみです。立派な大人になるために今日からまた日々精進していきましょう。

 さて皆さん、2学期の終業式で私が話したことを覚えていますか。2学期の終業式では、私が読んだ『クリスマスセーター』という本を紹介し、この本の作者が伝えたいメッセージとして3つのことを話しました。1つは『幸せになるか、みじめな生き方をするか、それは自分で選ぶもの』、2つめは『人の思いを理解できる人になって欲しい』、3つめは『本当に大切なものはすぐそばにある』ということでした。今日は、3学期という一年の締めくくりの学期を始めるにあたって、皆さんに2つめの『人の思いを理解できる人になって欲しい』ということについて、もう少し話しておきたいと思います。もう一度、本の内容を思い出してみましょう。主人公の少年が、クリスマスプレゼントにどうしても欲しかった自転車がもらえず、代わりにもらったのは手編みのセーターでした。納得できなかった少年は腹いせにセーターを粗末に扱い、さらにおじいちゃんの家から「帰る」とわがままを言ったせいで大切なお母さんを交通事故で亡くしてしまった。大切なものを失うことになった原因は自分がお母さんの気持ちを分かろうとしなかったことにあったわけです。息子がどんなに自転車を欲しがっているか分かっていても買ってやることが出来ないお母さんの辛い気持ちを、お母さんの立場に立って理解すること。これが「人の思いに共感する」ということであり、「共感できる人間になって欲しい」とこの本の作者が読者に対して一番大事にしているメッセージなのです。今年度、クラスや部活動の中でトラブルもあったことでしょう。だからこそ3学期が始まるにあたって、皆さんがどれだけ「人に共感する」ことができるか、初めに投げかけておきたいと思います。

 毎日の生活の中では、うれしいこと、楽しいこと、つらいこと、嫌なこといろいろあります。その中で他者とどれだけさまざまな思いを共感し合い、共有し合うことができるか。これによって皆さんの日々の生活が充実したものになるかどうかが決まってくるのではないでしょうか。学校生活の中で、クラスの中で、どのくらい他の人たちと共感していけるか是非チャレンジしてみてください。皆さんには、人の思いに共感することができる人間、他の人との問題意識を共有し、ともに歩んでいくことができる人間になって欲しいと思っています。

 最後に、今の学年をしっかり締めくくるため年度当初に学年で示された目標を思い出すと共に

 中3・高3の皆さんは : 間近に迎える入試、あるいはもう少し先の卒業後の歩みについて
 中2・高2の皆さんは : 最高学年に向けての準備を
 中1・高1の皆さんは : 入学後に学んだことを振り返りながら

 1年間のまとめをしてください。今年も皆さんにとって良い一年になることを願っています。

h-20200108-2.jpg h-20200108-1.jpg

12/24(火) クリスマスミサ

h-20191224-1.jpg カトリック萩教会でのクリスマスミサの中で、今年も生徒と卒業生が「ハレルヤ・コーラス」を歌いました。
 教会中に美しい歌声が響き渡り、たくさんの方に喜んでいただきました。

12/23(月) ボランティア

 毎年恒例のキャロリンボランティアを今年も行いました。

 今年は玉木病院、都志見病院、福祉複合施設「つばき」の3カ所で中高生23名が歌わせていただきました。

 みなさまが元気にクリスマスと新年を迎えられますようにお祈り申し上げます。

h-20191223-03.jpg h-20191223-04.jpg

h-20191223-01.jpg h-20191223-02.jpg

12/23(月) 越冬支援

 今年も大阪釜ヶ崎の路上生活をされている方たちのために、越冬支援物資を送ります。

 各家庭より毎年たくさんの衣類や日用品、米等のご寄付をいただいています。 ご協力ありがとうございました。

h-20191223-5.jpg h-20191223-6.jpg

12/20(金) 終業式

h-20191220-2.jpg h-20191220-1.jpg

 今日で2学期が終わります。そして今年も残りわずかとなりました。皆さんにとってはどんな2学期で、どんな1年だったでしょうか。皆さん一人ひとりが今学期、この一年、自分の良かったこと、悪かったことを思い出し、各自でしっかり振り返って次の新しい年につなげて欲しいと思います。

 今日は、最近私が読んだ本を紹介したいと思います。高2が修学旅行で行ったグアムの幼稚園へのお土産のため、また先週行った益田天使幼稚園へのクリスマスプレゼントのために絵本を探している時に偶然ネットで見つけたものです。もちろん単行本も出版されています。アメリカの人気キャスター、グレン・ベックという人が書いた『クリスマス・セーター』という本です。タイトルからしてこの季節にピッタリで、今の皆さんにぜひ紹介したい本だと思いました。ストーリーを簡単に紹介します。

 主人公は、エディという12歳の少年で、父親はパンとケーキ屋を経営していましたが、病気で亡くなってしまいます。母親はいくつも仕事を掛け持ちしますが生活はとても苦しい状況でした。エディはいろいろ我慢を強いられます。いっぱい我慢したけれど、その年のクリスマスには以前から欲しかった赤い自転車がどうしても欲しかったのです。そのためにエディは、ごみ出しをしたり皿洗いをしたりと自転車を買ってもらうためにあらゆる努力をしました。しかしお母さんがくれたプレゼントは手編みのセーターでした。家が貧しいということは分かっているのですが、今年こそは自転車がもらえると思っていたエディはすごく落ち込みました。その日、エディとお母さんは車で片道1時間半かかるお祖父ちゃんの家にクリスマスのあいさつに行きました。でも、お祖父ちゃんの家に行ってもエディの心は晴れず、お母さんの編んでくれたセーターを粗末に扱います。床に放り投げられていたセーターを見てお母さんはとても悲しい思いをしました。その日はお祖父ちゃんの家に泊まる予定でしたが、おもしろくないエディは家に帰ると言い出します。お母さんは疲れているから泊まろうと何度も言うのですが、エディは聞きません。お母さんは仕方なく帰ることにし、車の中でエディに次のように言います。「お母さんは仕事を4つも掛け持ちしている。この2年間ろくに眠っていない。辛いのはお母さんも同じ。辛い辛いと不満ばかり言うこともできるが、自力で何とかしようと前向きに頑張ることもできる。幸せになるか、みじめな生き方をするか、それは自分で選ぶものだ」と。しかしエディは心を開かず、眠ってしまいます。そしてお母さんも...。気がつくとエディは病院のベッドの上でした。お母さんは居眠り運転で亡くなってしまいました。エディは最愛の母を亡くしてはじめて、自分が失ったものの大きさに気づきます。自転車などいらなかった。手編みのセーターをプレゼントしてくれたお母さんがいるだけで幸せだった...と。

 この話はまだ続きがあり、最後には奇跡がおきて、しっかりとクリスマスらしい良いお話しになります。読んでみたいと思う人もいるかもしれないので、これ以上の紹介はしないでおきます。最近、物事が上手くいかないと悩んでいる人、温かさに触れたい人にお薦めの本です。

 この本が伝えるメッセージはいくつかありますが、そのうちのいくつか紹介しておきます。一つめは、お母さんの言った言葉にあります。人は不平不満だらけのみじめな生き方を選ぶこともできるし、不満を言わず自力で何とかしようとすることもできます。『幸せになるか、みじめな生き方をするか、それは自分で選ぶもの』だということです。

 二つ目は、大切なものを失うことになった原因は、エディがお母さんの気持ちを分かろうとしなかったことにありました。お母さんの気持ちを理解していればセーターを粗末に扱わず、心のこもった手編みのセーターで十分嬉しかったはずです。また、疲れているお母さんのことを思えば、「帰る」などとわがままは言わなかっただろうし、お母さんを亡くすという取り返しのつかないことにもならなかったはずです。エディがどんなに自転車を欲しがっているか分かっていても買ってやることが出来なかったお母さんの辛い気持ちを、お母さんの立場に立って理解すること。2つめは「人の思いを理解できる人になって欲しい」というメッセージです。

 三つめは、「本当に大切なものは皆さんのすぐそばにある」ということです。

この3つがこの本の作者が、特に伝えたかった大切なメッセージではないでしょうか。2学期の終わりをむかえるにあたって、そして昨日のクリスマス祝いの中で、本当のクリスマスの意味を知った皆さんには、「今学期どれだけ人の思いを理解するよう努めたか」もう一度振り返ってみて欲しいと思います。

 日々の生活に不満ばかりを持つのではなく、今の自分がいかに恵まれ、守られ、幸せでいるかということに一日も早く気づいてください。そうすればきっと毎日が楽しく、クラスの仲間も大切に思えるはずです。

 皆さんが、新しい年2020年をそんな気持ちで迎えてくれることを願っています。

12/19(木) お楽しみ会

 校友会主催のお楽しみ会がありました。
 クリスマスクイズ、イントロクイズをチーム戦で行い、今まで話したことがない同士で協力している姿に、この会の良さを感じました。
 恒例のビンゴや先生方からのクリスマスプレゼントも大盛り上がりで、楽しい時間を過ごしました。
DSC08564.JPG DSC08674.JPG
DSC08640.JPG DSC08568.JPG

12/19(木) メルセス会シスター来校

 本校の母体であるメルセス会の副総長Sr.イサベル・セマンが、前総長のSr.弘田と一緒に来校されました。今年度は4月以来の2回目の来校です。
 今回はキャロルコンクール、クリスマス祝、吹奏楽部の演奏をご覧になり、「メルセス会の目指す教育がここにある」と大変喜んでいらっしゃいました。
 萩光塩学院は世界と繋がっている学校です。国内はもちろん、今後も世界に目を向けて活動していきます。
DSC08549.JPG DSC08292.JPG

12/19(木) 吹奏楽部

 クリスマスをお祝いして、吹奏楽部が演奏しました。「愛唄」と「ハッピークリスマスメドレー」の2曲を演奏し、体育館中がクリスマスの雰囲気でいっぱいになりました。

DSC08289.JPG DSC08295.JPG

12/19(木) クリスマス祝

 今年のクリスマス祝も、聖劇や合唱、献金や共同祈願、キャンドルサービスなど、本当のクリスマスの意味を考えながら良い時間を過ごしました。
 今年の献金は、台風19号の被災地に私たちの祈りと共に送らせていただきます。1日も早い復興をお祈りしています。
DSC08253.JPG DSC08250.JPG
DSC08498.JPG DSC08278.JPG

12/18(木) キャロルコンクール

 キャロルコンクールを行い、今年も体育館に各クラスの美しい歌声が響きました。
毎年、英語の発音や音取りに苦戦しますが、どのクラスも今日までの努力が伝わってくる、最高の演奏でした。
【結果】
1位:1-1
2位:2-1、中3
3位:中2
h-20191219-4.jpg h-20191219-2.jpg
h-20191219-1.jpg h-20191219-3.jpg

12/17(火) 総合的な学習の時間 発表会

 1、2年生は夏休みに行ったインターナショナルワークショップについて、3年生はサイパン修学旅行について、発表しました。

 実際に体験し学んだことや感じたこと、調べたことについて、パソコンを使って、見ている人に興味を持たせるような工夫をしながらまとめ、堂々と発表しました。

総合発表会 (4).JPG 総合発表会 (3).JPG

総合発表会 (2).JPG 総合発表会 (1).JPG

12/16(月) クリスマスパーティー

 校友会を中心に企画、準備をし、クリスマスパーティーを開きました。

 クリスマスに関するクイズやイントロクイズなどを行い、みんなで楽しく過ごしました。

 最後にみんなでプレゼント交換をし、笑顔いっぱいのクリスマスパーティーとなりました。

クリスマス会 (3).JPG クリスマス会 (1).JPG

クリスマス会 (4).JPG クリスマス会 (2).JPG

12/14(土) ボランティア

 中学生17名が、島根県の益田天使幼稚園のクリスマス祭に参加させていただき、「O Holy Night」「牧人ひつじを」「すてきなホリデイ」の3曲を歌いました。そして、会の最後にはキャンドルサービスも一緒にさせていただきました。
 今回このようなご縁に恵まれ大変感謝しています。今後も交流を続けていきたいと思います。
 帰りにカトリック益田教会に寄り、大西神父様と一緒に昼食を食べました。生徒たちは神父様に会えることも楽しみにしていたようで、会話が弾んでいました。
h-20191214-1.jpg h-20191214-2.jpg
h-20191214-3.jpg h-20191214-4.jpg

12/10(火) 中学校スポーツ大会

 学年対抗で、卓球ラリー、長縄とびとパラスポーツ「ブラインドハンドボール」を行いました。

 卓球ラリー、長縄とびではクラスで団結し、最高記録を目指しました。ブラインドハンドボールでは、目隠しをしてスポーツをするのは初めての体験で、戸惑いながらもみんなで声をかけ合い、試合もおおいに盛り上がりました。

スポーツ大会 (6).JPG スポーツ大会 (5).JPG

スポーツ大会 (1).JPG スポーツ大会 (2).JPG

スポーツ大会 (4).JPG スポーツ大会 (3).JPG

12/9(月) 練成会

 カトリック津和野教会、浜田教会、益田教会の助任司祭である大西神父様にきていただき、練成会を行いました。

 一人ひとり自分自身の好きなところと嫌いなところを発表しあい自分の嫌いな部分、短所を認めることの大切さについて学びました。

錬成会 (4).JPG 錬成会 (3).JPG

錬成会 (1).JPG 錬成会 (2).JPG

12/9(月) 中学校校友会選挙

 中学校校友会選挙を行いました。会長に3名、副会長に2名が立候補し、それぞれ中学校をさらに盛り上げ、より良いものにするための公約を堂々と演説しました。

 新校友会は3学期より活動します。

校友会選挙 (3).JPG 校友会選挙 (2).JPG

校友会選挙 (1).JPG 校友会選挙 (4).JPG

11/29(金) 全日本中学校英語弁論大会

h-20191129-01.jpg

 中3の秋田さんが高円宮杯第71回全日本中学校英語弁論大会の決勝大会に出場しました。
 上位入賞とはなりませんでしたが、全国大会でファイナリストの27人に選ばれたことは大きな自信となりました⭐︎
 大会終了後に「入賞ができなくて悔しいですが、来年高校のスピーチコンテストでリベンジします!!」と語ってくれた秋田さん。今回の貴重な経験を糧に、さらなる高みを目指す強い意志が感じられました!
 さまざまな面でサポートしてくださった皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。来年も頑張ります!!

11/28(木) 全日本中学校英語弁論大会

h-20191128-11.jpg

 中3の秋田さんが高円宮杯第71回全日本中学校英語弁論大会のSEMIFINAL CONTESTに出場し、明日行われるFINAL CONTEST(決勝大会)への出場を決めました!!!
 今回の大会には全国から151名の中学生が参加しており、SEMIFINALを勝ち抜いた27名が決勝大会に臨みます。
 明日も自分らしさを発揮し、聴衆の心に訴えるスピーチを披露してくれることと期待しています⭐︎
 応援よろしくお願いします(//∇//)

11/23(土・祝) 光塩バザー

 今年も恒例のバザーが行われました。お天気にも恵まれ、大盛況でした。
 毎年、保護者や卒業生、地域の方々に支えられバザーを迎えることができます。常に感謝の気持ちを忘れず、今後も地域貢献に力を入れていきたいと思います。
h-20191123-5.jpg h-20191123-6.jpg
h-20191123-3.jpg h-20191123-4.jpg
h-20191123-2.jpg h-20191123-1.jpg

11/17(日) ダンス部

 至誠館大学の大学祭でダンスを披露させていただきました。ステップやフォーメーションなど日頃の練習の成果を発揮することができました。また会場の皆さんに盛り上げていただき、楽しく踊ることができました。
h-20191120-14.jpg h-20191120-12.jpg
h-20191120-13.jpg h-20191120-11.jpg

11/13(水) 壮行式

 高円宮杯第71回全日本中学校英語弁論大会に中3の秋田さん、第13回中国高等学校新人テニス大会、第10回私学高等学校テニス選手権中国大会の両大会に高2の三浦くんが出場するため、壮行式を行いました。
 秋田さんは「支えてくれている周りの人たちに感謝し、本番では聞いている人たちの心を動かすスピーチをしたい」、三浦くんは「周りの皆さんのおかげでここまでこれたことに感謝している。自分のモットーである楽しくプレーする、ということを忘れず、格上の相手にも全力で挑んでいきたい」とそれぞれ抱負を語りました。
 2人とも今までの練習の成果を十分に発揮してきてほしいです。

高円宮杯第71回全日本中学校英語弁論大会11/27(水)〜東京...
第13回中国高等学校新人テニス大会
11/16(土)〜岡山
第10回私学高等学校テニス選手権中国大会
12/1(日)〜岡山

h-20191114-4.jpg h-20191114-3.jpg

h-20191114-2.jpg h-20191114-1.jpg

11/8(金) 朝礼のことば

 今月は開校記念日のミサから始まりました。

 この式をとおして、これから私たちがどのように成長していくべきか皆さんも確認できたと思います。11月1日に学院の創立を記念することは、ただ過去の伝統を守っていくことだけではなく、新たな出発を祝う節目でもあります。創立から68年たった今年も、そして来年も光塩の精神、良き伝統が守られ、また新しい風を取り入れながら、学院はこれからも引き継がれていきます。私は、ミサの終わりに皆さんが歌った「ハレルヤコーラス」を聞きながら、また昨日の中学校音楽会での歌声を聴きながら、皆さんの力強さに感動し、とても嬉しい気持ちになりました。そして皆さん一人ひとりを光塩の生徒として誇りに思い、今月のテーマである「希望」を感じることができました。

 さて、11月に入りバザーの準備も本格的に行われています。光塩バザーの由来は、既に皆さんも知っているとおり「自分たちの学校を自分たちの手で作り、盛り上げていこう」というものです。この思いが受け継がれ、そして徐々に広がり、今では、在校生や保護者の方だけでなく、卒業生や地域の方々もたくさん協力してくださっています。先日、ビスケット作りが始まってすぐに、家庭科の佐々木先生に「今年の高校1年生のビスケット作りの様子はどうですか?」「作業は順調にいきそうですか?」と尋ねると「はい。順調です。」「失敗の数も少なく、とても優秀です。」という答えが返ってきました。また「最近はバザーのための仕事を頼んでも嫌な顔一つせず、積極的に手伝ってくれる生徒が多くなり、とても気持ちの良い思いをすることが多くなった」と先生方が話されていました。これは、皆さんが、これまでの先輩方が築いてこられた技術や精神を立派に引き継いでいる証拠です。一つの行事を成功させるためには準備から後片付けまでをきちんとやり遂げることが大切ですが、それに加えて、行事をみんなで成功させようという意気込みや前向きな姿勢が求められます。これは私たち一人ひとりの心の問題で、どういう気持ちや思いでそれに取り組むかによって、結果は大きく変わってきます。私たち教職員も含めて、今、学院にかかわっている人たち皆が、23日のバザーに来てくださる多くの方々に喜んでいただくと共に、これまで学院のために尽くしてくださった方々に感謝の気持ちを込めて、気持ちよく働きたいと思います。

 最後に、先程も話したように、今月の学院のテーマは「希望」です。希望という言葉を聞くと、私たち個人としての望みを思い浮かべますが、今月はもう少し広がりをもって、クラスとして、学校として、家族として、社会としての希望を見出していく月にしたいと思います。嫌なこと苦しいことがあると私たちはすぐに絶望的なことを考えてしまいます。しかし、そんな時ほど希望をもって前に進むべきだと思います。先日行われた校長会の講演は「あなたの笑顔、なによりクスリ」というタイトルで「辛い時こそ、笑いましょう!」「笑いが心を強くする」という内容でした。詳しい内容は別の機会で伝えたいと思いますが、今月は、皆が心の奥深いところに必ず持っている「希望の光」を信じて、笑顔で努力していく月にしていきましょう。

11/7(木) 萩・阿武中学校音楽会

 今年も萩・阿武中学校音楽会が萩市民館大ホールで行われました。

 今年は「この地球のどこかで」と「Gifts」の2曲を演奏し、美しい歌声を会場に響かせました。

 最後の全員合唱では、本校と萩西中学校、越ヶ浜中学校の3校の吹奏楽部による合同演奏にのせて、本校の生徒13名が舞台上で歌わせていただきました。最後まで緊張しながらも、歌うことを楽しんだ音楽会でした。

h-20191107-22.jpg h-20191107-21.jpg

11/7(木) EUがあなたの学校にやってくる

 高校生を対象に、ヨーロッパの国について学ぶイベント「EUがあなたの学校にやってくる」で、駐日フィンランド大使ペッカ・オルパナ氏、大使夫人、通訳の方3名が本校に来校しました。

 全体講義では、オルパナ大使がフィンランドの紹介、EUの役割や日本とEUとの関係について講義されました。生徒はあまり馴染みのないフィンランドという国について、そしてEUについてしっかり学ぶことができました。

 お昼は1年1組と一緒に昼食を取りながら交流しました。午後からは2年1組と3年1組との合同クラスで、交流会を行いました。光塩の紹介をした後、いろいろな質問をしながらコミュニケーションを取りました。どのクラスも英語を使って会話をし、非常に貴重な経験をすることができました。

 フィンランドを身近に感じ、世界に目を向ける良い機会となりました。

h-20191107-1.jpg h-20191107-2.jpg

h-20191107-4.jpg h-20191107-3.jpg

11/3(日) 吹奏楽部

 萩市民館で開催された第28回萩市民音楽祭に出演しました。

 「愛唄」と「彼こそが海賊」の2曲を演奏し、1曲目では、心を合わせた柔らかな音色を、2曲目では力強い音色を響かせ、多くのお客様に楽しんでいただきました。

h-20191103-11.jpg h-20191103-12.jpg

11/1(金) 開校記念日

 開校68周年を祝う開校記念日ミサがありました。今年の司式は防府カトリック教会の朴 考鎮司祭で、聖書の言葉について中高生にもわかりやすくお話ししてくださいました。
 そして、ミサの後、光塩会主催の講演会を行いました。今年度の講師は本校の卒業生である柴田美紀子さんで、「2030年にみなさんに残したい世界」という演題で、SDGsについて話していただきました。
 地球の未来を考え、政府や企業だけでなく、私たち一人ひとりにもできることが多くあります。「地球上の誰一人として取り残さない」という言葉が大変印象的でした。世界中の全ての人々が安心して暮らせる地球を目指して、私たちもチャレンジしていきたいと思います。
DSC08240.JPG DSC09977.JPG
DSC09852.JPG DSC09885.JPG

サルーキ=&神山みさ ゴスペルチャリティーコンサートのお知らせ

 11月3日(日)に、萩総合福祉センター(萩市役所隣)にて、サルーキ=&神山みささんのコンサートが行われます。

 このコンサートは被災地応援プログラムの一環として行われるチャリティーコンサートで、本校の卒業生である田中翼くんもサポートメンバーとして演奏しますので、ぜひ観に行ってください。

10/27(日) ダンス部

 社会福祉法人E.G.F. 秋の収穫祭に招待していただき、ダンスを披露しました。
 たくさんのみなさんの前でとても緊張しましたが、盛り上げていただき、楽しく踊ることができました。
h-20191027-14.jpg h-20191027-12.jpg
h-20191027-13.jpg h-20191027-11.jpg

10/27(日) ボランティア

 毎月訪問している、カトリック益田教会主催の「まちの教会映画館」に、今月もボランティアスタッフとして参加しました。
 今月も楽しい1日を過ごすことができました。
h-20191027-4.jpg h-20191027-3.jpg
h-20191027-2.jpg h-20191027-1.jpg

10/26(土) 中学校オープンスクール

 中学校のオープンスクールを開催しました。

 学校説明や授業参観、全国大会出場生徒による英語スピーチ、全校生徒による合唱、タブレットを使った算数の体験授業など本校の特色を生かしたプログラムでした。

 参観授業では、電子黒板やタブレットを使った数学、会話の全てが英語のスピーキング、他者とのかかわりを通して社会に奉仕できる人を目指す宗教の授業をおこない、たくさんの方に興味を持っていただきました。

 また、算数の体験授業では、小学生だけでなく保護者の方にもタブレットを使った授業を体験していただき、とても和やかな雰囲気でした。

 今日の活動を通して、本校の魅力や雰囲気を感じていただけたら幸いです。

h-20191026-3.jpg h-20191026-1.jpg

h-20191026-5.jpg h-20191026-4.jpg

h-20191026-2.jpg h-20191026-7.jpg

h-20191026-10.jpg h-20191026-6.jpg

h-20191026-8.jpg h-20191026-9.jpg

10/20(日) テニス部

 萩市長杯兼萩オープンテニスシングルス大会が萩市民コートで開催され、中学、高校の部員全員が出場しました。
 中間試験後のため、十分な練習ができないままの出場でしたが、試合を通してそれぞれの課題を見つけることができました。高校は27日(日)に山口県体育大会団体戦があります。県大会に向け、今回の課題を克服し、良い結果が残せるよう練習に励みたいと思います。
【結果】
男子シングルス
 2位 長瀬先生(テニス部顧問)
 3位 三浦くん(高2)
女子シングルス
 1位 髙岡さん(高2)
 2位 都志見先生(テニス部顧問)
 3位 中村さん(高2)、嶋谷さん(高2)
h-201921020-6.jpg h-201921020-4.jpg
h-201921020-1.jpg h-201921020-2.jpg
h-201921020-3.jpg h-201921020-5.jpg

10/17(木) 校内進路ガイダンス

 中1から高2までの生徒対象に、校内進路ガイダンスを行いました。
 はじめの体験型ガイダンスでは、興味深く話を聞き、楽しく体験することができました。
 次に進学希望者、就職希望者、保育講座に分かれ、生徒たちは質問をするなど熱心に話を聞いていました。
 今日のガイダンスが今後の進路選択の一助になると幸いです。
h-20191018-1.jpg h-20191018-4.jpg
h-20191018-2.jpg h-20191018-3.jpg

10/11(金) 吹奏楽部

 萩・田町萩焼まつりのオープニングセレモニーに参加し、「ルパン3世のテーマ」他計5曲を演奏しました。

 田町のアーケード内の「ジョイ201」前の路上での演奏でしたが音響効果は抜群でした。パワーあふれる曲だけでなく、しっとり聴かせる曲もあり、たくさんのお客様に楽しんでいただくことができました。

h-20191011-2.jpg h-20191011-1.jpg

10/11(金) 朝礼のことば

 校長先生が、今月のテーマ「信頼」について話され、信頼される人になるために、特に大切な4つのことを伝えられました。 

 「自分の間違いを素直に認める」、「約束をきちんと守る」、「自分中心に考えない」、「愚痴や悪口を言わない」。この4つでした。皆さんはどのように、この話を受け止めたでしょうか?私は話を聞いていて耳が痛くなりました。自分を振り返ってみると、できていないと思うことがいくつもあったからです。周りの人たちから信頼されるには、この4つのことを丁寧に、そして確実に実践していかなくてはいけないと痛感しました。

 さて、皆さんには信頼できる友だちはいますか?信頼できる友だちとは、どんな友だちでしょうか?一緒に楽しむ、一緒に目標に向かってがんばる、悩みを聞いてくれる、悲しい時そばにいてくれる...さまざまな考えがあると思いますが、私は、信頼できる友だちとは一緒に楽しんだり悩みを聞いてくれたりするだけでなく、間違っていることをきちんと注意してくれる人だと思います。ありがたいことに、私にはそんな友だちが何人かいます。大学の2年間を寮で過ごした私は、彼女たちと家族のように生活を共にしました。一緒に暮らせば暮らすほど仲も深まりますが、相手のダメな部分も目についてしまいます。しかし、それは相手も同じです。相手から見たら、私にもダメダメな部分はたくさんあったと思います。ある日、相手の気持ちを考えずに発した私の発言に、友だちの1人が「愛、そういうのはよくないよ。やめなよ。」と言いました。友だちからそんなことを言われてショックでしたが、同時に「何でそんなこと言われないといけないの?」と少し腹も立ちました。しかし、よく考えてみると、私のことを思ってくれての一言です。もし、彼女がその時注意をしてくれなくて、私がまた同じような発言をしたらどうでしょう?周りの人たちは嫌な気分になるし、傷ついてしまうかもしれません。そうしたら、その人たちから私への信頼はなくなってしまいます。友だちを失ってしまうかもしれません。私を注意してくれた友だちは、真正面から私と向き合い、本当に私のことを考えて注意してくれていたのです。その時から、私は彼女を心から信頼できるようになりました。相談にのってもらったり、私が話を聞いてあげたりすることもあります。遠くに住んでいる彼女とは頻繁に会うことはできませんが、今でも仲の良い友だちです。

 皆さんはどうでしょう?信頼できる友だちはいますか?そして、あなたは友だちから信頼されているでしょうか?もう1度自分の言動や周りの人たちとの関わり方を振り返り、人から信頼される人になるにはどうしたらいいかを考えてみる月にしてみましょう。

10/9(水) 校友会選挙

 次期校友会執行部を決める校友会選挙を行いました。
 立候補者一人ひとりの演説は大変頼もしく、来期も光塩を盛り上げ、活性化が期待できるメンバーとなりそうです。
 新執行部は11月から活動を開始します。
h-20191009-5.jpg h-20191009-4.jpg
h-20191009-2.jpg h-20191009-7.jpg

10/7(月) 山口県中学校英語暗唱・弁論大会

 第62回山口県中学校英語暗唱・弁論大会の弁論の部に中3の秋田さんが地区代表として出場しました。
 "Difference Makes Us Special"というタイトルで、表現力豊かに流暢な英語で聴衆の心に響くスピーチを披露しました
 秋田さんは3位に入賞し、11月に東京で行われる全国大会(高円宮杯第71回全日本中学校英語弁論大会)に県代表として出場することが決まりました!おめでとうございました⭐︎全国大会での活躍を期待しています^_^
h-20191007-11.jpg h-20191007-12.jpg

10/4(金) 朝礼のことば

 10月になりましたが、台風の影響もあり、日中はまだまだ暑い日が続きます。しかし、朝晩の涼しさなど秋の気配もいたるところで感じられるようになりました。今月は中間テストがあります。少し心を落ち着かせて、時間を上手に使いながら、勉強に集中するようにしていきましょう。

 さて、今月の学院の目標は「信頼」です。皆さんは誰を信頼していますか。どんな人なら信頼できますか。少し考えてみてください。楽しいときだけ一緒で、苦しい時には逃げてしまうような人を信頼できますか。ラインやツイッターなどで人の悪口や陰口を言う人が信頼できますか。

 私たちはいつも人への要求ばかりが先にあります。よく「あの人は信頼できない」「先生なんて信用できない」と言います。しかし、そう言う前に、まず自分が信頼される人であるか、信頼される言動をとっているかどうか自分自身に問かけてみてください。

 今日は皆さんに、信頼される人になるために、特に大切な4つのことを伝えたいと思います。

 まず、1つ目は、「自分の間違いを素直に認める」ことです。間違いを正すという行動には、謙虚・誠実・償いの気持ちが込められています。失敗は自分にとってマイナスばかりではなく、その時の行動によっては、逆に不信を信頼に変えることができます。人間生きていればたくさん間違いを犯すものです。だからこそ間違えたことを素直に謝り、認めることも必要です。

 2つめは、「約束をきちんと守る」ことです。たとえ小さな約束であったとしても、やぶられた側からすれば大きな傷が生まれます。自分が信頼されるためには約束を守ることが大切です。

 3つめは、「自分中心に考えない」ことです。自分の損得がギラギラと出てしまうような人は信頼されません。自分のことだけでなく、かかわる相手のことを気遣うことが大切です。

 4つめは、「愚痴や悪口を言わない」ことです。ついつい、こぼしたくなる愚痴、悪口、誰かの批判。でも、度を過ぎると、信頼されなくなるので要注意です。

 さて、私たちはこれらのことができているでしょうか?私たち自身が信頼される人になっているでしょうか?私の場合は、特に人のために時間を使うことができる人、そしてそれを自慢せず陰から支えてくれる人、いわゆる自己犠牲ができる人を信頼します。私は、他の人にそれを求める前に、まず自分がそうでなければならないと強く思い行動しているつもりです。私にそれができていれば人から信頼され、私が口だけ、思いだけで何もできていなければ信頼されません。信頼されるかどうかは自分ではなく、人が判断するもので、それを得られるよう日々努力しなければいけません。

 このように、信頼とは、言葉で簡単に表現するものではなく、お互いが様々な犠牲を乗り越えながらきずいていくものです。もちろん一日でできるものではありません。日々の積み重ねから生まれてくるものです。信じていた人に裏切られたり、また人を裏切ってしまったりすることもあるでしょう。その中で、許すことと許されることを繰り返しながら、ゆっくりコツコツと積み上げていく以外には信頼関係を築くことはできません。まずは客観的に自分を見つめ、自分が発する言葉や態度の中に相手を傷つけるものがないか、振り返ってみましょう。そして相手を尊敬し、誠実に生きていくことを学ぶ10月にしていきましょう。

9/29(日) ダンス部

 「わくわくキッズフェスタ」で、ダンス部7名がダンスパフォーマンスを披露しました。 お客様との距離も近く、とても緊張しましたが、皆笑顔で踊ることが出来ました。

h-20190929-11.jpg h-20190929-13.jpg

h-20190929-10.jpg h-20190929-12.jpg

9/25(水) 萩・阿武地区英語暗唱・弁論大会

 萩・阿武地区英語暗唱・弁論大会が行われ、中3の秋田さんと廣谷さんが学校代表として出場しました。

 秋田さんは多様性を受け入れることの大切さについて、廣谷さんは小児科医になるという将来の夢についてスピーチしました。

 秋田さんは見事金賞を受賞し、総合優勝も果たして10/3(木)に行われる県大会への出場を決めました!県大会でも聴衆の心に響くスピーチを堂々と披露してくれることを期待しています☆

h-29100925-12.jpg h-29100925-11.jpg

9/15(日) 合唱部

 カトリック萩教会「敬老感謝の集い」で歌わせていただきました。唱歌や童謡などは参加された皆様も一緒に歌ってくださり大合唱でした。
 会の最後のビンゴでは中学生が進行し、とても楽しい時間でした。
h-20190915-3.jpg h-20190915-4.jpg
h-20190915-1.jpg h-20190915-2.jpg

9/8(日) 体育祭

 おはようございます。

 いよいよ体育祭本番の日を迎えました。今日は、天気に恵まれましたが、風と暑さが少し心配ですが、ケガや事故がないよう十分気をつけながら、皆さんの若さ溢れる力で、この体育祭を盛り上げ、成功させていきましょう。

 さて、始業式でも話しましたが、今年の夏休みは、部活動を中心に生徒の皆さんの活躍がめざましく、たくさんの良いニュースを聞くことができました。女子卓球部のインターハイ3位を始め、吹奏楽部、バスケ部、テニス部、水泳部など、多くの部活動がそれぞれの大会で活躍し、素晴らしい結果を残しました。それ以外の運動部、文化部も積極的に活動し、充実した夏休みを過ごしました。そういった意味で、今光塩は元気だ!光塩の生徒はすごい!と言われています。今日の体育祭でも、応援団を中心に、皆さんの持っている力をそれぞれの演技や競技でしっかり発揮し、多くのお客様にその姿を見ていただきましょう。赤組・白組の健闘を大いに期待しています。

 最後になりましたが、ご来賓の皆様を始め、保護者の皆様、そして地域の皆様、本日は早朝より本学院体育祭に御参加いただきましてありがとうございます。生徒たちは2学期が始まって、限られた時間の中で今日のために準備・練習をしてきました。どうか、最後まで温かい声援をお願いいたします。

 それでは、生徒の皆さん、笑顔いっぱいの思い出に残る体育祭にしましょう。

h-20190808-2.jpg h-20190808-11.jpg

h-20190808-6.jpg h-20190808-4.jpg

h-20190808-3.jpg h-20190808-9.jpg

h-20190808-8.jpg h-20190808-7.jpg

h-20190808-1.jpg h-20190808-10.jpg

 皆さん、今日は暑い中大変お疲れ様でした。赤組も白組も応援団を、そして3年生を中心にみんなが団結し、熱のこもった戦いぶりでした。優勝した赤組の皆さん、おめでとうございます。赤組の応援合戦は、とても凛々しくかっこいい演技でした。残念ながら敗れた白組の皆さんも、競技中の真剣な表情と笑顔がとても素敵でした。お互いの健闘をたたえ合うことができれば、今日の体育祭は大成功したと言えるでしょう。生徒の皆さんは、今日の頑張りと熱い思いをこれからの学校生活に生かしてください。本当にお疲れ様でした。

 また、ご来賓の皆さま、保護者の皆さま、本日は本校体育祭に最後までご参加・ご協力いただきましてありがとうございました。生徒たちは今日皆様から頂いた声援と拍手を胸に秘め、これからの学校生活で日々努力してくれると信じております。本日は本当にありがとうございました。

 最後に、生徒の皆さん、この後全員で校歌を歌います。大きな声で校歌を歌い今日の体育祭を締めくくりましょう。

9/2(月) 始業式

 おはようございます。今日から2学期が始まります。今年の夏休みは44日間もありました。皆さんはどのように過ごしましたか?私が1学期の終業式で話したことを意識して過ごすことができましたか?

 私は、1学期の終業式では、寓話「イソップ物語」とセルフコントロールの2つのことを話しました。そこから「自分の目標達成のため、自分がやるべきことをきちんと理解し、夏休みなどの余裕のある時に、しっかり将来に備えて欲しい!」と話しました。皆さんが、毎日の生活の中で、このことを意識していたらとても嬉しく思います。もし全く意識せず、ダラダラとした日々を過ごしていたら、その「つけ」は、この後必ず自分に返ってきます。私が終業式で話したことは、夏休みだけのことではありません。2学期が始まる今、もう一度思い出して、気を引き締め、この先後悔することがないようにしていきましょう。

 さて、この夏休みには、部活動を中心に、生徒の皆さんが素晴らしい活躍をしました。まずは女子卓球部、インターハイ3位おめでとう。本当に素晴らし結果です。皆さんの活躍は、光塩だけでなく、萩の誇りでもあります。よく頑張りました。また卓球部だけでなく、吹奏楽部、バスケ部、テニス部もそれぞれの大会で良い結果を残すことができました。皆さんの日頃の努力が、結果となって表れ、それがとても嬉しく思います。これがきっと自信に繋がり、さらに成長できるでしょう。これ以外の部活動も積極的に活動したと報告を受けています。皆さんの取り組み・活躍で、学校がどんどん元気になっています。そんな今だからこそ、皆さんに伝えておきたいことがあります。

 学校教育の中での部活動は、試合に勝つか負ける、または良い作品ができたか、できなかっただけではありません。それ以外の面でも部活動をとおして、皆さんに学んで欲しいことがたくさんあります。まずは、皆さんの部活動を支えてくださる顧問の先生、応援してくださる保護者・地域の方に感謝してください。特にインターハイに出場した卓球部の生徒は、多くの方からの寄附をいただいています。自分たちの力だけでなく、多くの人に支えられて活動できているという感謝の気持ちを、決して忘れないでください。卓球部だけではありません。皆さん一人ひとりが、感謝の気持ちを持っていれば、それがあいさつや礼儀・マナーと言った行動にも自然と現れるはずです。校内だけでなく、試合会場などへ応援に来られた人に、きちんと挨拶していますか?時には差入れもいただくでしょう。お礼を伝えていますか?先生に言われてから動くのではなく、自分たちから行動してください。いくら試合で勝っても、良い作品を作っても、注目されている今、そのようなマナーを身につけていなければ、残念ながら皆さんへの評価は下がってしまいます。

 昨年のサッカーワールドカップ日本代表の姿を思い出してください。試合で勝ったこと以上に、選手自身が試合後のロッカーを掃除したことが、ニュースとして伝えられ、彼らの評価を上げました。「光塩は元気だ!光塩の生徒はすごい!」と言われ始めた今だからこそ、みんなで、あいさつや礼儀・マナーを良くし、皆さんのすごさを認めてもらいましょう。

h-20190902-1.jpg h-20190902-2.jpg

h-20190902-3.jpg h-20190902-4.jpg

8/31(土) ボランティア

 今月も益田カトリック教会主催「まちの教会映画館」にボランティアスタッフとして伺いました。
 今月も元気な子どもたちの笑い声や笑顔が見られて楽しい一日でした。
 そして、今日は大西神父様だけでなく、東京のボブ・キエサ神父様とも一日一緒に過ごしました。ステキな神父様との出会いにも感謝です。
h-20190831-4.jpg h-20190831-3.jpg
h-20190831-1.jpg h-20190831-2.jpg

8/30(金) 職員研修会

 今年の研修会は広島県にある、廿日市聖母マリア幼稚園理事長のSr.尾崎を講師に迎え、カトリック学校の役割や教育の特色などについての研修会を行いました。
 今回は廿日市聖母マリア幼稚園の先生方や、東京からのシスターも研修会に参加してくださり、姉妹校との交流もできました。
 最後の分かちあいでは、自分の弱い所や苦手なこと、日頃意識して頑張っていることなど、正直な心の通い合いができました。
 この研修会を通して、日頃の忙しさで忘れてしまいがちなカトリック校としての大切な役割を再度確認できたように思います。今日いただいた大きな力や反省を忘れず、2学期からも一人ひとりの生徒・園児を大切に、私たちも心を開いて接していきたいと思います。
h-20190830-6.jpg h-20190830-4.jpg
h-20190830-1.jpg h-20190830-3.jpg

8/25(日) テニス部

 萩市テニス協会主催の萩オープンテニスダブルス大会が行われました。本校から中学生、高校生の部員16名が参加しました。
結果は以下の通りです。
【男子ダブルス】
3位 三浦(高2)・泉山(高2)組
【女子ダブルス】
1位 嶋谷(高2)・村田(高1)組
2位 髙岡(高2)・中村(高2)組
h-20190825-11.jpg h-20190825-12.jpg
h-20190825-17.jpg h-20190825-14.jpg
h-20190825-18.jpg h-20190825-13.jpg

8/24(土) 少年の主張コンクール

 青少年育成県民のつどい少年の主張コンクール山口県大会に中3の廣谷さんが出場し、優良賞を受賞しました。
 「身近にある深刻な問題」というテーマで、いじめや自殺について自分の思いを堂々と発表しました。
h-20190824-2.png h-20190824-1.png

8/9(金) 吹奏楽部

h-20190809-5.jpg 第58回全日本吹奏楽コンクール山口県大会に出場し、金賞を受賞しました。

 日々の暑さに負けず、一生懸命練習に励んできた部員たち。努力が実った今日の結果に、涙を流して喜びを分かち合いました。

 コンクールを通して成長し、自信をつけた部員たちの今後の活躍を期待しています。

8/2(金) ヨイショコショパレード

 毎年恒例の、萩夏祭りヨイショコショパレードに光塩ファミリーが参加しました
 園児、中高生、保護者、教職員、卒業生に加え、先日の「The 12th International Workshop in Hagi Koen」でお世話になった外国人スタッフも参加してくれました。
 今年は保護者、教員が仮装するなど、楽しく元気いっぱい笑顔いっぱいのパレードとなりました。
h-20190802-1.jpg h-20190802-3.jpg
h-20190802-6.jpg h-20190802-5.jpg
h-20190802-4.jpg h-20190802-9.jpg

7/22(月)〜7/28(日) 中3修学旅行

 中3はサイパンへ修学旅行に行って来ました。最初は英語が通じるか不安に思っていたようでしたが、日ごとに上達し、笑顔で会話ができるまでになりました。

 島内観光では美しい景色の中にあった戦争の歴史を学び、平和について深く考えさせられました。

 日本では当たり前なことがそうではないことに気づき、家族や周りの人へ感謝する旅になりました。

 この1週間で一人ひとりが成長し、助け合い、一生の思い出となる最高の修学旅行でした。

h-20190802-14.jpg h-20190802-12.jpg

h-20190802-13.jpg h-20190802-15.jpg

7/27(土) 吹奏楽部

 ルネッサながとで行われた長北地区演奏会に参加しました。
 中学校・高等学校合わせて15校が演奏し、本校は「吹奏楽のための民話」を発表しました。
 この演奏会は、8/9(金)の全日本吹奏楽コンクール県大会の前哨戦となります。ここでいただいたアドバイスを活かし、大会に向け頑張りたいと思います。

7/27(土) 書道部・ダンス部

 萩総合支援学校で行われた「サマーナイトフェスティバル」のステージ部門に、書道部とダンス部が出演しました☆

 書道部は「暑中見舞い」をテーマにパフォーマンスを披露し、ダンス部は新チームのデビューの場となりました。

h-20190729-1.jpg h-20190729-2.jpg

h-20190729-5.jpg h-20190729-7.jpg

h-20190729-8.jpg h-20190729-6.jpg

7/27(土) 萩光塩会清掃活動

 萩光塩会主催で清掃活動を行いました。この活動も今回で3回目となりました。
 今年は保護者・教職員だけでなく、生徒の参加が多かったことが喜びでした。また、家族全員での参加もあり、光塩ファミリーらしい良い雰囲気の中での清掃活動でした。1時間の作業でしたが、グラウンドや学校周辺はとてもきれいになりました。
 皆さま、ご協力ありがとうございました。
h-20190727-2.jpg h-20190727-3.jpg
h-20190727-4.jpg h-20190727-1.jpg

7/23(火)〜7/26(金) The 12th International Workshop in Hagi Koen

 今年もInternational Workshop in Hagi Koenが開催され、中学生や小学生がアメリカ、チェコ、メキシコ、フランス、中国から来た5人の外国人スタッフと一緒にさまざまなプログラムに挑戦しました!
午前中の中学生プログラムでは、一緒にカレーを作ったり、日本の文化を英語で紹介したり、萩の街を自転車で回って案内したり...。英語でコミュニケーションをとりながら各国の文化を吸収すると同時に、日本の文化を発信することができました♪
 午後の小学生プログラムでは、それぞれの国について勉強したり、各国の遊びを楽しんだり、工作を作ったり...。楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまいました!
 最終日には、参加者全員で協力して各国の料理を作り、おいしくいただきました
	</div><!-- entry-body_end -->

	<!-- エントリー追記 -->
	<div class=

7/25(木) 吹奏楽部

 須佐の祇園祭で演奏を行いました。

 「夏祭り」など計7曲を演奏し、「世界はあなたに笑いかけている」では部員がアレンジしたダンスで盛り上げました。最近の曲が中心でしたが、最後の「川の流れのように」では、幅広い年代の方に楽しんでいただけました。

 祇園祭への参加は今年で3回目となりますが、来年はさらにパワーアップした演奏ができるように練習に励みたいと思います。

h-20190725-1.jpg h-20190725-2.jpg

7/19(金) 壮行式

h-20190719-2.jpg 全国大会に出場する、中2の酒巻君(水球競技)と卓球部女子の壮行式を行いました。
 酒巻くんは全国大会出場3回目、卓球部女子は昨年に続きインターハイ連続出場です。
 これまでの経験を生かし、全国の舞台でも活躍してくれることを祈って、皆でエールを送りました。

7/19(金) 終業式

h-20190719-1.jpg

 おはようございます。今日で1学期が終わります。今年は例年より梅雨入りが遅く、7月に入っても過ごしやすい日が続きました。しかし、これからどんどん暑くなっていくと思います。体調をしっかり整えて暑い夏休みを健康的に乗り切ってください。

 さて、今日はまず「寓話()」について話したいと思います。寓話とは、擬人化した動物などを主人公に、教訓や風刺を織りこんだ物語のことです。日本の寓話の元祖はイソップ物語で、これには、人々が生活の中で生きていくための知恵がたくさん詰まっています。イソップ物語の作者はアイソーポスという今から約2600年前に生きた人物です。アイソーポスの英語読みがイソップとなり日本で広まりました。皆さんも一度は読んだことがあるでしょう。

 イソップ物語が日本で広く親しまれるようになったのは、明治時代に英語版の翻訳として紹介され、小学校の教科書に取り入れられるようになってからです。この中にアリとキリギリスやウサギとカメの話がありました。ここで、アリとキリギリスの話しを少し思い出してみましょう。

 『夏の間、アリたちは冬の食料を蓄えるために働き続け、キリギリスはヴァイオリンを弾き、歌を歌って過ごします。やがて冬が来て、キリギリスは食べ物を探しますが見つからず、最後にアリたちに物乞いをし、食べ物を分けてもらおうとします。しかし、アリは「夏には歌っていたんだから、冬には踊ったらどうだい?」と食べ物を分けることを拒否し、キリギリスは飢え、死んでしまいます。』

 この物語は『苦痛や危険に遭わないためには、人はあらゆることにおいて不用意であってはならない』ということを説いています。この話が日本に紹介された時、最後の場面が少し変更されました。「アリは、怠けていたのはいけないことだと注意した上で、少しだけ食べ物を分け与える」という温情主義的に変わったのです。欧米の人達にこの話をすると「バカバカしい。それじゃ何のためにこの寓話を創る必要があるのか」と言うそうですが、当時の日本の人たちは、皮肉を言って追い返すという結末では、日本社会に受け入れられないと判断したのでしょう。日本人の和を尊ぶ習慣をよく反映していると思います。

 私たち人間の考え方というものは、自然や風土、伝統というものに強く影響を受けています。欧米の人達の「正義を守って事を進め、甘えは許さない」という考え方と、日本人の温情主義的な考え方、どちらが良いということではなく、その違いや違いの背景などをしっかりと理解することが大切です。今、その違いを超えて世界が一つになることが求められています。それがグローバル社会です。中・高校生の皆さんには、グローバルで多様な社会の中で生きていくために、ますますこのような力が求められます。夏休みにサイパンに行く中3の皆さん、2学期末にグアム・沖縄に行く高2の皆さんは、特にこのような点を意識し、学んで来てください。

 次に、関連したことをもう一つ。皆さんには、夏休み期間中に自分を律する力(セルフコントロール)を身につけて欲しいと思います。夏休みには、各教科の課題、課外、クラブ活動、学校行事、そして個人的にも色々な予定があると思いますが、一番大切なことは、この期間に、自分自身で取り組むべきテーマ、目標、そしてそれを達成するための具体的な方法を明確にすることです。特に中・高の3年生にとっては進路です。その実現・達成に向けて、生活・行動・時間の管理を自分自身で行ってください。人から言われるのではなく、自分自身でちゃんと管理できることが重要です。

 今日のふたつの話を簡潔にまとめて言えば、「自分がやるべきことをきちんと理解し、夏休みなどの余裕のある時に、しっかり将来に備えよ!」ということです。

 最後に、イソップ物語の作者であるアイソーポスの名言を一つ紹介します。

 「ある場所で不満を感じているものは、別の場所へ移っても、まず満足は得られない。」 今からおよそ2600年前の人物の言葉です。人間の本質は、今も昔もあまり変わりません。皆さんが、この言葉を毎日の生活の中で、上手にいかしてくれることを期待しています。

7/15(日) テニス部

 萩市テニス協会主催の萩オープンテニスシングルス大会が行われました。本校から中学生、高校生の部員15名が参加しました。

 中1の部員は初めての試合でし、勝つことの嬉しさや負けることの悔しさを実感しました。高校生は、夏休みに行われる県大会地区予選通過に向けて、それぞれ課題をみつけることができた試合となりました。

結果は以下の通りです。

【男子】

1位 横山先生(萩光塩学院幼稚園職員)

2位 三浦君(高2)

【女子】

1位 高岡さん(高2)

2位 中村さん(高2)

3位 嶋谷さん(高2)

h-20190715-1.jpg h-20190715-2.jpg

h-20190715-3.jpg h-20190715-4.jpg

7/13(土) 中学校オープンスクール 

 中学校オープンスクールが開催されました。校内英語スピーチコンテストも同時に行われ、1年生は自己紹介、2年生は「美女と野獣」の物語の暗唱、3年生は意見文を発表しました。この日のために、みんな一生懸命練習を重ね、本番では日ごろの成果を発揮することができました。また、小学生のための英語体験授業もあり、小学生も「美女と野獣」の物語を一文ずつ覚え、英語スピーチに挑戦しました。最後はみんなで「美女と野獣」の歌を英語でうたいました。

h-20190713-1.jpg h-20190713-3.jpg

h-20190713-4.jpg h-20190713-2.jpg

7/12(金) 歯科指導

 学校医の高雄歯科クリニックの高雄先生の指導のもと、歯科指導をしていただきました。歯ブラシ選び、ブラッシングのしかた、フロスの使い方などの指導を受けました。また、日頃の姿勢やくせによって歯の健康に影響することも学び、みんな自分の歯の健康について改めて考えるよい時間となりました。

h-20190712-3.jpg h-20190712-4.jpg

h-20190712-6.jpg h-20190712-5.jpg

7/11(木) 中学校スポーツ大会

 中学校スポーツ大会が行われました。心配していた天気も回復し、最初にサッカー、次にバドミントンをしました。1年生から3年生までを2つのチームに分け、みんなで楽しみながら親睦を深めました。先生たちも参戦し、どの試合も盛り上がりをみせました。

h-20190711-1.jpg h-20190711-2.jpg

h-20190711-6.jpg h-20190711-3.jpg

h-20190711-5.jpg h-20190711-4.jpg

7/11(木) 防災教室

h-20190711-4.jpg 萩市防災危機管理課の防災士の方をお招きして防災教室を実施しました。
 いつ起こるかわからない災害に備える自助の大切さや共助、公助について学びました。災害が起きたらどうするか家庭で話をしている生徒が多い反面、備えをしている家庭は少ない様子でした。
 今回学んだことをもとに各家庭でもう一度防災について考える時間をつくって欲しいと思います。

7/10(水) 薬物防止講話

 萩健康福祉センターの方をお招きして、「薬物乱用ダメ。ゼッタイ。教室」を実施しました。
 中高生の薬物関連の事件が増加していることや薬物が体に及ぼす影響について学びました。
h-20190710-3.jpg h-20190710-4.jpg

7/6(土) 第49回和船競漕大会参加

 萩市立越ケ浜小学校・中学校が行っている和船競漕大会一般の部に、本校保護者、教員が参加しました。これは、市内唯一の私立学校として越ケ浜小・中学校のCSに参加している関係で、参加協力しているものです。

 越ケ浜の和船は、船に櫓が固定されていないため、経験者でも漕いでいるとすぐに櫓がはずれてしまうところが特徴です。今回参加してくださった保護者は皆さん越ケ浜小・中学校の卒業生で和船の経験者でしたが、久しぶりの和船に悪戦苦闘しておられました。

 レースは、光塩ファミリー、萩ライオンズクラブ、萩総合支援学校の3チームで行われ、見事第1位となりました。参加してくださった方は、今頃きっと筋肉痛でしょう。

 参加された保護者の皆様、また応援に来てくださった皆様、ご協力ありがとうございました。

h-20190706-1.jpg h-20190706-2.jpg

6/22(土) 文化祭

 初めて文化祭を土曜日に開催し、多くの保護者、卒業生などにご来場いただきました。
 ステージや展示などは様々な工夫が凝らされ、出演側も観客側も両方楽しめました。模擬店も大賑わいで、生徒たちはイキイキと働いていました。
 心配された天気も何とか持ち堪えてくれ、充実した文化祭となりました。
h-20190622-3.jpg h-20190622-5.jpg
h-20190622-1.jpg h-20190622-8.jpg
h-20190622-4.jpg h-20190622-7.jpg
h-20190622-6.jpg h-20190622-2.jpg

6/15(土) 第36回NHK杯全国中学校放送コンテスト

 第36回NHK杯全国中学校放送コンテスト山口県大会に本校から10名の生徒が参加しました。

 アナウンス部門で2年生の中村(ま)さんと中村(ほ)さんが優良、朗読部門で3年生の秋田さんが優秀に選ばれました。

 入賞した3名は全国大会に推薦されます。

h-20190615-10.jpg h-20190615-11.jpg

6/12(水) 壮行式

 中国大会へ出場する、中2の酒巻君(水球競技)と卓球部女子の壮行式を行いました。
 高校、中学校の各校友会長より激励のメッセージが送られた後、卓球部女子キャプテンの高3岩本さんと酒巻君が大会への意気込みを力強く語りました。
 日々の努力が大会で発揮されることを祈っています!
h-20190612-1.jpg h-20190612-2.jpg

6/8(土) 萩光塩会スポーツ大会

 毎年恒例の萩光塩会スポーツ大会を行いました。幼稚園、中学校、高1、高2、高3、教員の6チームに分かれ、ソフトバレーボールをしました。
 今年の目標は「親睦を深める」と「ケガをしない程度に本気でやる!」でした。皆さん本気でプレイし、大きな声で応援し、終始笑顔で楽しみました。
 結果、優勝はまさかの教員チーム。。。
 上位3チーム(教員、高2、幼稚園)には、片山会長から野菜のプレゼントがありました。上位3チームの皆さん、おめでとうございました!そして、片山会長ありがとうございました。
 今回参加できなかった保護者の皆さま。次回はお待ちしております。応援団としての参加でも!楽しいですよ〜。

h-20190610-2.jpg h-20190610-3.jpg

h-20190610-4.jpg h-20190610-1.jpg

5/29(水) 光塩会総会

 午後から授業参観と光塩会総会を行いました。
 2018年度の事業報告、決算報告、2019年度の事業計画、予算案などの協議、新執行部の承認などがありました。
 また今回は、会の最後に校友会長(生徒会長)の高3村岡君より提案がありました。「世界の飢餓や貧困で苦しんでいる子どもたちの為にボランティア活動をしたい。校友会を中心に、生徒たちが主体的に考え、行動し、何年も継続していけるようにがんばっていきたい。その為に保護者の方々にも協力してもらいたい。」というものでした。
 彼の「僕たちは微力ですが無力ではない」という力強い言葉が印象的でした。
 萩光塩で学び、世界に目を向けている生徒たち。この成長に驚きと喜び、そして神様への感謝を感じた総会でした。
h-20190530-3.jpg h-20190530-2.jpg

5/9(金) 朝礼のことば

 緑の美しい季節になりました。今年は、10連休という非常に長いゴールデンウィークでした。この間、平成から令和へと時代も変わりました。皆さんはどのように、またどのような気持ちでこの連休を過ごしたでしょうか?ゆっくり休んで新年度の緊張感からくる疲れをとった人、部活づけの毎日だった人、EGF収穫祭やカレドニアンスカイ歓迎セレモニーなどのボランティアに参加した人など、それぞれ充実した休みを過ごしたことと思います。20日からは、新年度最初の中間試験が始まります。一回のテストが自分の将来に大きく影響してきます。しっかり気持ちを切り替え集中して学習に取り組んでください。特に高校3年生にとっては、1学期に行われる2回の定期試験が、これからの進路決定にとって大きな意味を持ちます。必ず最高の結果が出せるように努力してください。

 さて、カトリック教会において5月は、聖母マリアを讃える月です。ヨーロッパでは、春の訪れを喜ぶお祭りとして、いたるところでマリア祭が行われます。5月3日には津和野でも聖母マリア像を担ぐ行列で有名な乙女峠祭りが行われ、本校の生徒がたくさん参加しました。乙女峠祭りは、明治初期に、政府によるキリスト教弾圧で亡くなった殉教者を追悼することを目的に行われていますが、昨年はこのすぐ後に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に登録され、今年は長崎・浦上地区から津和野町に送られ殉教した37名について、福者の認定を受けるための調査開始が宣言されました。これまでキリスト教についてよく知らなかった人でも、これからは観光などで、これらの歴史について触れる機会が増えてくると思います。せっかく光塩に入学してきたのですから、ぜひ一度乙女峠祭りに参加したり、長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産について学んだりしてみてください。

 今月の学院の目標は「かかわり」です。毎年年度当初、特に新中1・高1の生徒からよく聞かれる言葉があります。それは「小学校の頃が良かった。中学校の頃が楽しかった。」というものです。全てが新しく慣れない環境での学校生活が始まってまだ間もない時なので仕方ありませんが、このように思う人は、新しい友だちや新たな出会いとまだまだ良いかかわりができていない人だと思います。皆さんは、これまで小学校や中学校で長い時間をかけ、良いかかわりをし、より良い環境をつくってきたと思います。だからこれまでの学校生活は楽しく充実していたのです。新たな環境をたった1ヶ月で判断するのではなく、まずは新たな出会いと前向きに、良好なかかわりを持つように行動してみてください。それができれば小学校・中学校の頃のような充実した学校生活がおくれるようになると思います。また反対に小学校・中学校時代にあまり良い思い出のない人は、これまでとかかわり方を変えるだけで、自分の世界が大きく変わってきます。新たな環境は自分を変えるチャンスでもあります。卒業する頃には、今のこの出会いが良かったと思えるようなかかわり方をしていってください。周りの人と良いかかわりをもつことはとても難しいことです。人とのかかわりは、自分が傷ついたり、相手を傷つけたりすることもあります。でも、かかわることから逃げていては、いつまでもお互いを理解し合うことはできません。自分が苦手だと思っている人と関わることを避けていては、相手も心を開いてくれません。強い心でコミュ二ケーションをとることによって、周りの人と良い人間関係ができるのだと思います。

 今月は、かかわりと自分を見つめることの両方を大切にする月にしていきましょう。

5/8(水) 校友会活動(草取りボランティア)

 今年度も校友会活動の一環として、放課後に草取りボランティアを行っています。

 令和初の活動は、中1から高3まで100人以上の生徒が集まり、1時間ほどでしたが皆で一生懸命取り組みました。グラウンドや体育館周辺、テニスコート横もとてもキレイになりました。

 校友会は今後も草取りボランティア以外にもさまざまな活動を企画・運営していきます。そして、学校をより心地よい場所にしていけるよう頑張ります。

h-20190508-1.jpg h-20190508-3.jpg

h-20190508-4.jpg h-20190508-2.jpg

5/3(金・祝) 乙女峠まつり

 キリシタン殉教者の霊を慰める「乙女峠まつり」に、今年も本校の生徒と卒業生が参加しました。
 津和野カトリック教会から乙女峠を目指し、聖母マリア像を中心に巡礼の行列が続きます。
 その後、乙女峠の記念聖堂で野外ミサが行われ、荘厳な雰囲気の中、全国から集まったカトリック信者の皆さまとともに殉教者に祈りを捧げました。
h-20190504-54.png h-20190504-3.png

4/26(金) 交通安全教室

 萩警察署交通課の方にお越しいただいて、交通安全教室を実施しました。
 自転車の交通ルールや危険予知、点検方法などを学びました。連休前に気持ちを引き締める良い機会となりました。
 日頃から被害者、加害者にならないように交通ルールを守ることの大切さを実感できました。
h-20190426-3.jpg h-20190426-2.jpg

4/26(金) 新体力テスト

h-20190426-1.jpg

 新体力テストを実施しました。天気が心配されましたが、何とか無事に終わりました。
 A判定を目指してがんばる生徒、昨年より記録を伸ばしたい生徒、とにかく何でも楽しみたい生徒。目標はそれぞれですが、皆精一杯自分のベストを尽くしました。

4/19(金) 朝礼のことば

 新年度が始まり2週間が経ちました。

 新入生の皆さんは、友だちや先輩、先生方の名前を少し覚えることができましたか?また、2年生・3年生の皆さんは、新しい学年としての自覚が芽生えてきたでしょうか?

 さて、今日は体育館での朝礼ですが、普段、光塩の朝礼はホールで行います。そして、毎週金曜日は、先生方の話しを聞き、聖歌を歌います。光塩では、この朝礼をとても大切にし、予鈴から本鈴までの2分間の沈黙は、一日の始まりにけじめをつける貴重な時間になっています。今日一日どのように過ごしたいか?前日の反省や今日一日の取り組み方を、しっかり考える時間として使ってください。

 また、生徒手帳5ページに学院の精神を具体化させる、毎月の目標が書いてあります。

 今月のテーマは「出会い」です。地球上にはたくさんの人間が存在し、たった一人の人間と出会う確率は、およそ65億分の1であると言われています。皆さん、今隣にいる人を見てください。その人とは、計り知れない確率で出会っているのです。この出会いには、必ず深い意味があります。他者との出会いは、「自分を幸せにしてくれるもの」だと考えがちですが、決してそれだけではありません。その出会いや関係のあり方からは、痛みや軋轢を生むこともあります。私自身もたくさんの出会いに対し、痛みや苦しみを繰り返してきました。その繰り返しによって最近、ようやく気づいたことがあります。それは、他者と出会うことは、自分を幸せにするだけではなく、自分を成長させるための気づきや学びだということです。その人と出会ったことで、自分の成長のために、何に気づき、何を学ばなければいけないのか。そのように自分自身に問いかけることで、出会いは深い意味を持つようになるのです。自分の心の柔らかさ、素直さによって、新たな発見や素晴らしい出会いがあります。これからも、皆さんが、ひとつひとつの出会いを大切にし、自分の成長につなげていくことを期待しています。

4/19(金) メルセス会シスター来校

h-20190419.jpg 本校の母体であるメルセス会の副総長Sr.イサベル・セマンが、前総長のSr.弘田と一緒に来校されました。来週まで萩に滞在され、中学・高校の授業や幼稚園を見学される予定です。

4/17(水) 携帯・パソコン安心講習会

h-20190423-1.jpg LINE株式会社の福泉さんにお越し頂き、携帯・パソコン安心講習会を中学、高校でそれぞれ実施しました。
 中学校はワークショップ形式、高校は講演形式で行いました。
 価値観や考え方の違い、掲載するとどのようなことが起きるのか等、進められました。身近な内容を例にあげられ、講習を受けることができました。
 正しく安全に使用してトラブルゼロを目指したいと思います。

4/17(水) 中・高 中央委員会

h-20190418-1.jpg 中学校・高校の校友会執行部と各委員会の委員長・副委員長に加え、校長先生・教頭先生・顧問の先生も参加し、今年度の第1回中・高中央委員会が開かれました。
 自己紹介から始まり、校友会執行部から昨年度の会計報告の後、各委員会から今年度の活動目標と1学期の活動予定の発表がありました。
 また、校友会長からの新しい取り組みの提案について、各委員会が活発に意見を出し合いました。
 最後に校長先生から、目標を達成できるようにさまざまな工夫をしてほしいとのお話がありました。
 今年度も各委員会の積極的な活動や新しい取り組みを期待しています。

4/15(月) 声楽コンサート

 ザルツブルク在住の仲澤和駒さん(テノール)のコンサートを行いました。
 「魔王」や「'O sole mio」、「Core'ngrato」などの、教科書に載っていて生徒たちにも馴染みのあるリートやカンツォーネ、「落葉松」などの日本歌曲を演奏いただきました。生徒たちは間近で聴く本物の演奏に圧倒され、感動していました。
 また、ピアニストの友光雅司さんも演奏され、華やかなピアノの音色に魅了されました。
h-20190417-2.jpg h-20190417-1.jpg

4/9(火) 新入生歓迎会

h-20190409-2.jpg 校友会主催の新入生歓迎会を行いました。先生方の紹介は、パワーポイントを使ったユニークで楽しいものでした。新入生は先生方の授業がきっと楽しみになった(!?)はずです。

4/9(火) 対面式

h-20190409-1.jpg 新入生との対面式を行い、校友会のメンバー紹介などがありました。新入生は早く学院の雰囲気に慣れていってもらいたいと思います。

4/8(月) 入学式

h-20190408-2.jpg

 柔らかな日差しのもと、生命()が躍動する希望の春を迎えました。

 只今入学を許可いたしました中学校十二名、高等学校六十五名の新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。皆さんの入学を心から祝福し、歓迎いたします。また保護者の皆様にも、お子様のご入学を心からお祝い申し上げます。
 さて、新入生の皆さん、皆さんは今、どんな中学校生活、高校生活を思い描いていますか。新しい環境・新しい友達とのかかわりに、少しばかりの不安を感じながら、これから始まる学校生活に大きな希望を抱いていることでしょう。私は、皆さんが光塩の生徒として、これからの中学・高校生活を有意義に送り、人間的に大きく成長することを願って、三つのことについて話したいと思います。

 まず一つ目は、皆さん一人ひとりは『尊い存在であり、かけがえのない存在』だということです。皆さんには、他人()とは違った素晴らしい能力と個性があります。これからは、他人と比較するのではなく、自分の中にきちんとした目標を設定し、自分に合った方法で自分の道を一歩一歩歩んでいくよう心がけてください。

 二つ目は、皆さんには、『光り輝く可能性がある』ということです。自分の内側に秘められた可能性を信じて、自分の素晴らしさとはいったい何であるかを探し求め、その可能性に向かって一生懸命に努力する人であってください。

 そして三つめは、この世界で皆さんは決して一人ではなく、『多くの人とのかかわりの中で、共に支え合いながら生きている』ということです。これからの学校生活の中で、学習面や人間関係などで困難な状況にあった時、家族はもちろん、友だちや先生方の支えによって窮地を脱し、その大切さを感じることがあるでしょう。そのときの想いを忘れず、人との繋がりの大切さを学ぶことができる人であってください。

 今話した三つのことは、決して三年間だけの探究に終わるものではなく、生涯かけて知り、求め続けていく事柄でもあります。光塩に入学したことをきっかけに、今日からその探究をはじめていって欲しいと思います。

 また本校では、学習に力を入れて取り組むことはもちろんですが、それ以外の学校行事、部活動、ボランティア活動、国際交流活動などもとても大事にしています。それは皆さんが幅広い活動をすることによって、多くの経験を積み、頭や体や心を鍛え、さらに人とのかかわりをとおして良い人間関係を築き、バランスの取れた豊かな人間として成長することができるようになるからです。自分が持っている良いものを伸ばし、ここで出会った友人の優れているところに学び、お互いを高め合うことのできる人になってください。

 先ほど読まれた『あなたたちは世の光です。あなたたちは地の塩です。』という聖書の言葉は、これからこの学院で学ぶ皆さんに対して、限りない期待と信頼をあらわした言葉です。皆さんが「世の光・地の塩」という本校の建学の精神に沿って、将来社会に貢献できる人となるよう共に歩んでいきましょう。

 保護者の皆様、今日から大切なお子様をお預かりすることになりました。大変嬉しく思うと同時に、大きな責任も感じております。これからは、一人ひとりの生徒が、秘めている力を思う存分発揮し、立派に成長できるよう、私たち教職員も全力を尽くしてまいります。ご協力をお願いすることもあると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 最後になりますが、間もなく新しい元号『令和』の時代が始まります。その時に新入生の皆さん一人ひとりが、充実した学校生活を送り、明日への希望と共に、大きな花を咲かせていくことを祈って、お祝いの言葉といたします。

                                               二〇一九年 四月八日

                                    萩光塩学院中学・高等学校校長  中村 柔道

4/8(月) 始業式

h-20190408-1.jpg おはようございます。

 暖かい春の陽気に包まれて、2019年度が始まりました。新2年生・3年生に進級された皆さん、おめでとうございます。

 まず初めに、先ほど私は2019年度と言いました。既に皆さんも知っていることと思いますが、5月1日に皇太子さまが新しく天皇に即位され、新たな時代(元号)が始まります。進級したことに加え、間もなく始まる新しい時代に向けて、皆さん一人一人の表情がとても晴れやかで、そして、それぞれの学年に応じた決意も抱いているように見えます。もちろん新元号は何というか知っていますよね?新しい元号とともにその由来や意味もしっかり理解しておいてください。自分が中学生・高校生の時に、『平成』という時代から『令和』という時代に代わったという出来事は、一生の思い出になります。今のこの時の気持ち、この瞬間の出来事を忘れず新鮮な気持ちで、一年間、そして新しい時代を過ごしてください。

 さて、中3、高3の皆さんには、それぞれ中学・高校の最上級生として、学校行事や校友会活動・部活動など、その中心となって積極的に取り組んで欲しいと思います。また3年生は、自分の将来にかかわる進路決定という大きな目標を成し遂げなければなりません。各自が目標に向かって精一杯努力する年にしてください。
 中2、高2のみなさんは、中堅学年として、思う存分、自分を磨き、充実させる時です。3年生を助けるとともに、学校生活に慣れない1年生も助けてあげてください。毎年言っていることすが、萩光塩学院の1年を左右する重要な鍵を握っているのは2年生です。よろしくお願いします。 

 午後からの入学式には、12名の中学1年生と65名の高校1年生が入学してきます。新入生は、2年生・3年生を手本にして学校生活を送ります。良き手本となるように、先輩として立派な態度で迎えましょう。

 それでは、今日から新しいスタートです。皆さん一人ひとりが夢をもち、夢を膨らませ、夢が実現できるようにしっかりと勉強や部活動に取り組んでください。私たちも精一杯サポートしていきますので一緒に頑張っていきましょう。

3/26(火) 入学説明会

h-201903276-1.jpg

 2019年度入学説明会を行いました。校長から本校の沿革の説明があり、その後、中学校と高校に分かれ、それぞれ教育課程や学院生活などの話がありました。
 高校は最後に萩警察署の方より、携帯安心安全講習をしていただきました。
 4月から一緒に学院生活を送れることを楽しみにしています。

3/19(火) 壮行式

 中1の酒巻くんが「第41回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技水球競技」に出場するため、壮行式を行いました。

 酒巻くんは今回が2回目の全国大会出場。前回の経験を生かしての活躍を期待しています!

h-20190319-19.jpg h-20190319-18.jpg

2/19(火) 3学期終業式

 おはようございます。早いもので、今日で一年が終わります。

 2月28日には高3が、3月9日には中3が、この学校を巣立って行きました。皆さんの協力でとても素敵な卒業式になりました。ありがとうございました。

 さて、みなさんにとって平成30年度はどのような1年だったでしょうか。中1・高1の皆さんにとっては、光塩に入学し、それまでの学校生活との違いを感じたことでしょう。中2・高2の皆さんは、自分の夢の方向を定めるのに苦労した一年だったでしょう。

 この1年を終えるに当たり、私は次のことを皆さんに実行して欲しいと思います。それは、「自分は中学生・高校生としてこの1年をどのように過ごしてきたのか振り返る」ということです。皆さんにとっての平成30年度は、きっと意味のある1年間だったはずです。1年の終わりに「自分はこの1年で何ができたか、何ができなかったか?」「自分は誰に対しても恥ずかしくない行動をとれたか?」など、自分自身に問いかけてください。そうすることで、皆さんは人間的な成長を遂げることができます。皆さんは、非常に素直で純粋で明るいです。しかし、幼い所もまだまだあります。そこから脱皮することが皆さんには必要です。そこで1年間を振り返るとき、次の2つのことに気をつけてください。

 1つ目は「言い訳ばかりしている自分」から抜け出すことです。人間は、自分の欠点を認めたがらないもので「自分のどこが至らなかったのか?」と反省することが苦手です。うまくいかなかった、あるいは失敗したとき、素直に自分の責任を認めたがりません。かく言う私もその一人です。悪いのは自分ではない。自分以外の誰か、あるいは社会、あるいは制度などに責任を転嫁しがちです。それは、人は無意識の内に、自分の自尊心を傷つけたくないと思うからです。しかし、反省することを回避する人に成長はありません。私たち教職員も「振り返り」をし、反省をしています。

 1年を振り返る際に気をつけて欲しいことの 2つ目は,「人に感謝することを忘れがちな自分」を意識することです。この1年で何か目標を達成することができたとすれば、それは自分の努力だけではなく、誰かの支えがあったからこそです。頑張った自分だけに注目するのではなく、自分と関わった人を思い出してみると、自分の背中を押してくれた人が見えてきます。1年を振り返るときは,そのように広い視野をもって自分と全体の関係も見つめなおしてください。

 1年の締めくくりに、これらのことをしっかり考えるようお願いしておきたいと思います。

 では、短い期間ですが明日からの春休み、ゆっくり休んで1年間の疲れをしっかり取り除いてください。また、4月8日にそれぞれ1学年進級した皆さんと、新鮮な気持ちで会えることを楽しみにしています。 

h-20190319-16.jpg h-20190319-17.jpg

 式の最後に、今年度で退職される先生の紹介がありました。

 理科の中村禎先生。笑顔が素敵で、とってもおちゃめな禎先生。植物や生物の魅力をたくさん教えていただきました。
 事務の高橋さん。光塩のことを何でも知ってる高橋さん。困った時はいつもすぐに助けてくださいました。
 禎先生、高橋さん、光塩を長い間支えていただき、ありがとうございました。お二人のこれからのご健康とご多幸をお祈りしています。

3/15(金) 総合学習のまとめ

h-20190315-1.jpg 総合的な学習のまとめとして1年生は将来就きたい職業について、2年生は夏休み中の職場体験についてパワーポイントにまとめ、発表しました。1年生はランキング形式でまとめ、2年生も工夫ある発表を行いました。働くということの意義や大切さなどを改めて学ぶ場となりました。

3/14(木) 弁論大会

h-20190314-5.jpg 中1から高2までのクラスの代表者による弁論大会を行いました。
 中学生の素直な言葉と豊かな表情、そして、前向きな目標に心が和みました。また、高校生の被災地ボランティアや語学研修などの実体験から学んだことや、今後の人生の目標など、高校生らしい内容の弁論に、私たちもいろいろと考えさせられました。
 一人ひとりが自分の思いをはっきりと伝え、聞いている側も熱心に耳を傾け、とても良い弁論大会となりました。

3/13(水) 中学校弁論大会

h-20190314-1.jpg 中学校弁論大会を行いました。1、2年生全員が様々な話題について

自分の意見を発表しました。身近な人についての話題から世界の平和についての話題まで弁論内容は多岐にわたり、それぞれの個性が表れてた、聴いていて大変楽しい校弁論大会になりました

3/9(土) 中学校卒業式

 春の陽射しを浴びて、大地の温もりを感じる頃となりました。そして今年もまた別れの寂しさとともに、明日への希望を感じさせる季節となりました。

 卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。また、保護者の皆様、本日はお子様のご卒業、誠におめでとうございます。心からお祝いを申し上げますとともに、入学以来、本校の教育活動に深いご理解と温かいご支援を賜りましたことに、謹んでお礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

 さて、卒業生の皆さん、皆さんは三年前の入学式で、新入生代表が「神様の望まれる背丈まで成長することを誓います。」と宣誓されたことを覚えていますか。皆さんはこの三年間、その言葉のとおり、自分自身と向き合い、努力しながら少しずつ着実に成長してきました。背もどんどん高くなり、顔つきが大人びてくると同時に反抗期も迎え、家族や周りの人たちと衝突したこともあったでしょう。大人になっていくこと、成長していくことは、一人ではできません。自分自身との葛藤を乗り越えながら、友達や先生方とのかかわり、そして何より家族の大きな支えによって、少しずつ大人になってきたことを、ここで改めて感謝してください。そして、これからも光塩の卒業生として、いつも謙虚さと感謝の心を忘れない人であり続けてください。

 小野さん。中学校音楽祭で『証』という曲を伴奏するために何度も何度も練習し、見事その責任を果たしました。あなたは、自分が努力している姿を人には見せませんが、先生方はいつも一生懸命頑張っているあなたの姿を見ていました。これからも常に自分らしさを忘れず、こつこつと努力を続けてください。あなたならきっとどんな夢でも叶えることができるでしょう。

 篠原さん。英語暗唱・弁論大会では、将来の夢についてスピーチしました。本番では、豊かな表情と自信に満ちた眼差しで素晴らしい発表をしました。緊張と不安に押しつぶされそうになりながらも練習を繰り返してきたあなたの取組みは本当に素晴らしいものです。スピーチの中で語った助産師になるという夢をぜひ叶えてください。

 水津さん。物静かな中にもしっかりとした芯の強さを持っています。学習面でもその成果を発揮することができました。良い意味での負けず嫌いな性格があなたの成長につながっているのだと思います。これからは、教師になりたいという夢を叶えるために、自分の考えをしっかりと伝えながら、みんなをまとめていく役割も担ってください。

 末永さん。少年の主張山口県大会では、聞き取りやすい声と豊かな表情で見事最優秀賞に輝き、全国大会に出場しました。この経験はあなたの大きな財産です。弁論大会でも中学生ながら上位入賞を果たすなど、あなたの表現力は素晴らしいものです。その表現力を活かし、さらに新しい力も身につけながら、人を笑顔にする素敵な美容師になってください。

 田村さん。スポーツが得意で、持久走大会や体力テストでは毎年高成績を収めました。また一時間かけての通学と水泳の練習は大変だったでしょう。しかし、あなたは文武両道をめざし、いつも何事にも前向きに取り組んでいました。グランドスタッフとして、空港でお客様のために、明るく元気いっぱいに働いているあなたと出会うのが楽しみです。

 福嶋さん。校友会会長としていつも笑顔でみんなをリードしてくれました。文化祭や音楽祭、キャロルコンクール等の様々な行事で聞くあなたの歌声はとても美しく、私たちの心に響いてきました。舞台女優になるというあなたの夢は、私たちみんなの夢でもあります。今日の卒業式でも、私たちにその美しい歌声を聴かせてください。

 山本くん。たった一人の男子でしたが存在感は抜群でした。そしてクラスのムードメーカーとして、和やかな雰囲気もつくってくれました。英語スピーチコンテストでの発表、シスター方の歓迎会での司会、開校記念ミサで侍者をする姿からあなたの成長を感じました。どんな時もチャレンジ精神を忘れず、人の役に立つ仕事に就くという夢を叶えてください。

 和田さん。受験前の面接練習では、どんな質問にも的確に、そしてあなたらしい発想で答えていました。あなたには『YouTuber』や創作家、小説家、作詞家等になりたいという夢があると聞きました。これからは豊かな創造力を元に、もっともっと努力を重ね、あなたらしいオリジナリティーあふれるすばらしい作品をつくりあげる人になってください。

 皆さんは、中学二年生の時の練成会で李神父様が話されたことを覚えていますか。神父様は「人に夢や目標を尋ねると、ほとんどの人が医者や弁護士、先生やスポーツ選手など就きたい職業を答えます。しかし本当の夢というのは、将来自分がどんな人間になって、どのような生き方をしていきたいかということです。まずは、自分がどのような生き方をしたいかを考え、その手段として職業を選ぶことが大切です。」と話されました。

 私は、卒業を前に、皆さんに就きたい職業と併せて、どのような人になりたいか、どのような生き方をしたいか尋ねました。その答えはどれも皆さんらしく、そして光塩で学んできたことを感じさせるものでした。これから先、多くのことを学び体験していく中で、就きたい職業は変わっていくかもしれません。しかしどんな時でも胸を張って「こんな人になりたい。こんな生き方をしたい。」と言える人であってください。これから皆さんが歩んでいく人生は、決して良いことばかりではなく、辛く苦しいできごともたくさんあるはずです。どうかいかなる困難、逆境に遭おうとも、人としてのあるべき生き方、光塩で学んだ「自分の周りの人を輝かせる」生き方をずっとずっと追い求めてください。

 今日は皆さんの新たな人生に向けての旅立ちの時です。輝かしい第一歩を踏み出そうとしている皆さんに、心からエールを送り、私からのお祝いの言葉といたします。

                       平成三十一年三月九日

               萩光塩学院中学校 校長  中村 柔道

h-20190309-2.jpg h-20190309-3.jpg

h-20190309-1.jpg h-20190309-4.jpg

2/25(月) 中学校3年生を送る会

 3年生の卒業を間近にひかえ、1、2年生が企画、準備をして3年生を送る会が開かれました。バドミントンやビンゴ、クイズなど楽しい時間を過ごしました。最後には3年生から自分たちの趣味や好きなものに関するクイズがあり、これまで知らなかった一面を知ることができました。みんなで楽しく盛り上がり、笑顔いっぱいの会になりました。
h-20190225-1.jpg h-20190225-2.jpg
h-20190225-3.jpg h-20190225-4.jpg

2/23(土) 第27回コース・文化部発表会

第27回コース・文化部発表会を本校体育館で行いました。この行事は卒業前の高3を中心に運営されます。生活福祉コースの介護技術の披露、情報コースの動画上映、音楽コースのピアノ演奏など、2年間コースで学んだことを充分に発揮できた発表会となりました。また、併せて文化部の発表も行われ、高3にとって思い出に残る一日となりました。
h-20190223-9.jpg h-20190223-8.jpg
h-20190223-5.jpg h-20190223-1.jpg
h-20190223-7.jpg h-20190223-3.jpg
h-20190223-2.jpg h-20190223-4.jpg

2/14(木)〜2/15(金) 中学校スキー合宿

h-20190301-2.jpg h-20190301-4.jpg

h-20190301-3.jpg h-20190301-1.jpg

 やわたハイランド191スキー場(宿泊先:益田市立二川地区振興センター)で、スキー合宿を行いました。
 1日目は初級、中級、上級にわかれレベルに応じた練習を行いました。スキー初体験の生徒や久しぶりの生徒は何度も転びながらも、一生懸命、挑戦し続けていました。中学生はみんな上達も早く、2日目には全員が上手に滑れるようになりました。
 宿泊施設では、協力して食事の準備をしたり、班ごとに出し物を出し合って楽しんだり、みんなが自分の役割を考えながら行動することができました。
 スキー場、宿泊施設のスタッフの方々をはじめ、たくさんの方のご協力、ご支援に感謝しながら、この2日間を通して、一人一人の成長が感じられた充実したスキー合宿となりました。

2/15(金) 朝礼のことば

 山口県でも、食べ物のチェーン店が街にあふれています。チェーン店では、調理から接客まで徹底的にマニュアル化され、味やサービスの均一化が図られています。

 私は、ある『とんかつのチェーン店』が気に入っていました。味はもちろんのこと、きめ細やかなサービスを行っているからです。昨年の夏その店に出かけ、お替りしたキャベツを食べていた時のことです。もそもそとした触感に違和感があり吐き出すと、2.5センチぐらいの長さの白いストローの切れ端でした。しかも、先端が鋭く斜めにカットとされていたのです。気づかずに飲み込んでいたら、のどが傷つき大変なことになるところでした。私は、通りかかったウエイターにそのストローの切れ端を見せました。

 皆さんが、ウエイターだったらどうしますか。

 若い人でしたが、満面の笑みを浮かべて「すみません。今後、このようなことがないように責任をもって気を付けます。」と、自信たっぷりに答えたのです。

 私は、がっかりしました。

 こういう場合は、まず調理場か上司に連絡しなければいけません。その後、店の責任者からお客へ丁寧な謝罪があるはずです。もしかすると、お詫びとして食事代がタダになるかもしれません。

 この店なら、当然トラブルへの対応マニュアルがあり、従業員なら知っているはずです。

 しかし、彼は事の重大性を全く理解せずに、『お客が怒らないように、とりあえず謝っておこう』と、勝手な判断をしたのではないでしょうか。

 レジでも何も言われず、私は失望して店を出ました。

 渋滞のため、車がなかなか駐車場から出られずにいると、突然店から人が飛び出してきて、周囲を見回すと、すぐに中に入ってしまいました。暗闇ではっきりとはわかりませんでしたが、先ほどのウエイターだったに違いありません。たぶん、調理場にお皿を下げて問題が発覚し、お客を呼んで来いということになったのではないでしょうか。残念ながら、彼からはお客を見つけようという熱意は感じられませんでした。

 日が経つにつれ、私は腹が立ってきました。本来悪いのは調理場なのですが、ウエイターの一連の対応に対して腹を立てたのです。

 お店に抗議の電話をかけようとも思いましたが、結局しませんでした。

 その理由は、彼が不利益を受けたらかわいそうだということもありますが、以前その店で中年のウエートレスさんが、とても親切な対応をしてくださったことを思い出したからです。

 冷静に考えてみると、私自身も彼のような無責任な対応で、何度周囲に迷惑をかけてきたかしれません。

 『いくらマニュアルがあっても、正しく使わなければ意味がない。突発的な事態が起こった時ほど求められるのは、一人ひとりの的確な判断と行動だ。しかし、それ以上に重要なのが、誠実に向き合う姿勢なのだ。口先だけか誠意をもってやっているかは、自分が思っている以上に他人に見透かされている。』...... 今回のトラブルで、私が気付いたことです。

 最近の日本では、不正・不祥事のニュースに事欠きません。毎日、当事者や責任者が、深々と頭を下げ謝罪の言葉を述べています。しかし、『この人は本当に心から言っているのだろうか』と、疑問を感じることがあります。また、『誠実に取り組んでいれば、不正や不祥事自体、起こるはずがなかったのではないか』と、しばしば思います。

 私も含め、特に次の時代を担うみなさんには、どんな時にも物事に誠実に取り組む姿勢を大切にしてほしい、と思います。

1/20(日) 萩市駅伝競走大会

第68回萩市駅伝競走大会に、今年も光塩ファミリーから3チームが出場しました。
幼稚園から高校までの卒業生、保護者、教員で構成された3チーム。1つの襷を繋ぐために一致団結し、走りきりました。
当日はお手伝い、応援スタッフも多く集まっていただきました。ご協力、ご声援をいただいた皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。
結果は以下の通りです。
【一般Bの部】
光塩ファミリー1:9位
光塩ファミリー2:46位
【女子の部】
光塩ファミリー3:5位
h-20190121-8.jpg h-20190121-5.png
h-20190121-7.jpg h-20190121-6.jpg

1/9(水) 防災教室

h-20190111-1.jpg 萩ジオパーク推進室専門員の白井さんにお越し頂いて防災教室を実施しました。
 東日本大震災の経験談や地震の原因、備えなどについて話を聞きました。過去、萩市でも家屋が倒壊する規模の地震が起きています。学校や家庭でどのような備えが必要か考えるきっかけとなりました。

1/8(火) かるた会

 体育館でかるた会を行いました。
 クラスマッチにもなっている、このかるた会。4人1組でかるたを囲みます。
 中学校1年生から高校3年生まで楽しく、そして本気で競いました。
 結果は以下の通りです。
【団体の部】
1位:2-1
2位:3-1
3位:中3
【個人の部】
1位:高2 能美さん
2位:中1 中村さん
3位:高2 小川さん
h-20190112-3.jpg h-20190112-4.jpg
h-20190112-1.jpg h-20190112-2.jpg

1/8(火) 昭和シェル石油環境フォト・コンテストわたしのまちの○と×

 今年も中学校、高1は「昭和シェル石油環境フォト・コンテストわたしのまちの○と×」に取り組み、中学校・高校共に学校団体部門賞優良賞をいただきました。
 また、個人の部では、
中学校部門優秀賞 
  中2 廣谷さん
  中3 田村さん
高等学校部門奨励賞
  高1 中村さん
が入賞しました。
h-20190109-5.png h-20190109-4.png

1/8(火) 壮行式

h-20190108-5.jpg 高1の徳田さんが、1/14(月)から大阪で行われる全日本卓球選手権大会へ出場するため、壮行式を行いました。
 強豪揃いの厳しい試合になるとは思いますが、ベストを尽くしてもらいたいです。

1/8(火) 3学期始業式

h-20190108-1.jpg

 おはようございます。そして、あけましておめでとうございます。

 あっという間に冬休みも終わり、いよいよ平成30年度の締め括りとも言える3学期がスタートします。これから始まる新学期、皆さんには生活リズムを休みモードから学校モードに切り替えて、本年度最後の学期としてふさわしい時間を過ごして欲しいと思っています。特に中3・高3年の皆さんは、卒業までのカウントダウンが始まりました。自分の将来をみつめ、高校生として、また大学生・社会人としてスタートするために、きちんと準備をする時間としても今学期を過ごしてください。

 さて、今年2019年は亥年(イノシシ年)です。過去の亥年では、高い確率でびっくりするほどの出来事が起こっていて「亥年には何かが起きる」とよく言われます。確かに過去の歴史を見ても、関東大震災、日本海中部地震、阪神大震災、地下鉄サリン事件などは亥年に起こっていました。だからと言って今年、そんなことが起こるとは考えたくありません。せっかく新しい年を迎えたのですから物事を悪く捉えるのではなく、できるだけ前向きに考えたいと思っています。そこで亥年にはどんな意味があるのか調べてみました。皆さんは、亥年にどんな意味があるのか知っているでしょうか?

 亥年は、十二支の中でも最後の年です。十二支を植物の一生で考えると、戌年でたわわに実った果実が種子となり、エネルギーを蓄えて次の世代へと向かう準備をするという意味の年だそうです。

 また動物の猪のイメージから万病を予防するというイメージもあります。

 そして猪の猪突猛進な性質から、勇気と冒険の象徴ともされています。

 繰り返しになりますが、亥年は十二支の中でも最後の年です。最後とは、終わりという意味もありますが、成長に一区切りをつけ、新たな始まりに向けての準備を行う期間でもあります。そういった意味では、皆さんもこれからの新たなスタートに向け、生活を見直したり、何か新たなことにチャレンジしてみたりする年にしてはどうでしょうか。もしこの中にずっと何かに迷ったり悩んだりしている人がいれば、思い切って行動に移してみる年にしてみてください。

 また、災害など過去の歴史を教訓として、日頃の災害対策や自分が事故に遭わないよう注意することも大切だと思います。2019年をそのような気持ちで過ごしてみてください。今年が皆さんにとって良い一年になることを願っています。

12/24(月) クリスマスミサ

 クリスマスおめでとうございます。
 今年も萩カトリック教会でのクリスマスミサの中で、「ハレルヤ・コーラス」を歌いました。今年も生徒だけでなく、卒業生や保護者の方もたくさん来てくださり、教会中に美しい歌声が響きました。
1.png 2.png

12/21(金) ボランティア

 今年も市内の病院や老人福祉施設などをクリスマス・キャロルを歌って回る、キャロリングに出かけました。

 今年は中高生15名が4つの施設を訪問し、たくさんの方に喜んでいただきました。

 皆さまが温かいクリスマスを迎えられますよう、心よりお祈りいたします。

13.png 14.png

12.png 15.png

12/21(金) 2学期終業式

 今日で2学期が終わりました。

 今学期もたくさんの行事を終え、明日から冬休みです。インフルエンザも流行りだしていますが、元気に過ごしてもらいたいです。

DSCN2496.JPG DSCN2499.JPG

 今日で、2学期を終了します。そして今年も残りわずかとなりました。皆さんにとってはどんな2学期で、どんな1年だったでしょうか。今学期、この一年を各自でしっかり振り返ってみてください。

 さて、今日は終業式です。本来ならば校長の話として今学期を総括し、皆さんを誉め、励まし来学期の課題を伝えなければいけないところですが、今日はそれができません。

 実は私は10月の終わりから先週まで宇部市の大学病院に入院していました。手や足の末梢神経に障害が出る病気ということで検査・治療していた関係で、今はまだ長い時間立っていることができません。今日はいつもより短い話で終わりたいと思います。

 今日私が皆さんに伝えたいことは、ひとつだけです。それは皆さんに今の幸せ、充実感、そして私たちがいかに恵まれた毎日を過ごしているかを、もっとちゃんと理解し、感謝して欲しいということです。さっき言ったように私は50日間入院していました。その間いろいろなことを考え、気づかされました。私は、足に力が入らず、思うように動かないだけで、それ以外に特に悪い所もなかったので、病院では時間を持て余し、普段考えることのないことを考え、気づくことができました。実際に自分が苦しい体験をして初めて理解できたことがたくさんありました。でも皆さんには少しでも早く気づいて欲しいので、これから話すことを想像してみてください。「もし自分がそうなったら」と少しだけ考えてみてください。そうすれば今いかに恵まれているかということに気づくことができると思います。

 病院に入院すると、与えられるスペースは病室のベッドの上だけです。許可がなければ病院から出ることもできません。朝は6時に起き、夜は9時半になれば部屋の明かりが消え、消灯となります。一日のほとんどをベッドの上だけで過ごします。自由に遊ぶことはできません。家族にも友達にもなかなか会えません。LINEなどは使えますが、携帯で話すこともできません。テレビはイヤホンを使わないと見ることはできません。食事も管理されます。点滴で繋がれ、5時間以上もベッドで寝ているだけの時もあります。車椅子生活の時は、トイレに行くのも助けがないと行くことができません。隣のベッドでは、重病の患者さんが「痛い」「苦しい」と訴えています。こんな生活が50日続きます。さあ、皆さんは今の環境よりそんな場所に行って過ごしたいと思いますか。

 私はたった50日でしたが、この生活が本当に苦しく辛い日々でした。退院できた日の解放感は忘れられません。しかし家に帰りたくても帰れない患者さんはたくさんいます。その人達に比べたら私は何て幸せなんだと思います。

 日々の生活に不満ばかりを持つのではなく、今の自分がいかに恵まれ、守られ、幸せでいるかということに一日も早く気づいてください。そうすればきっと毎日が楽しく、クラスの仲間も大切に思えるはずです。

 皆さんが、新しい年2019年をそんな気持ちで迎えてくれることを願っています。

12/20(木) お楽しみ会

 校友会主催のお楽しみ会がありました。
 今年もイントロクイズやビンゴゲーム、ジェスチャーゲームなどで大盛り上がりでした。
 最後には恒例の先生方からのクリスマスプレゼント。抽選で当たった生徒は大喜びでした!そして、プレゼントを用意をした先生たちも嬉しそうでした。たくさんの笑顔が見られた、幸せで楽しい会でした。
DSC00872.JPG DSC00943.JPG
DSC01229.JPG DSC01264.JPG

12/20(木) クリスマス祝

 宗教部主催のクリスマス祝がありました。
 聖劇や合唱、キャンドルサービスなどがあり、本当のクリスマスの意味を考える、光塩ならではのステキな行事です。
 会の最後には各クラスの代表が献金を捧げました。生徒・教職員からのこの献金は9月に地震で被災したインドネシアのスラウェシ島へと送られます。インドネシアは毎年交流がある、私たちにとって大切な国です。1日も早く、安心して生活できる日が戻ってきますようにお祈りしています。
DSC00787.JPG DSC00773.JPG
DSC07081.JPG DSC00865.JPG

12/20(木) キャロルコンクール

 今年もキャロルコンクールが行われ、各クラス美しい歌声を響かせました。初めて参加した中1や高1も今まで練習してきた成果を十分に発揮できました。中3、高3はさすがの演奏でした。
【結果】
1位:中学校3年
2位:3年1組
3位:3年2組
DSC00712.JPG DSC00714.JPG

12/17(月) メルセス会シスター来校

 本校の母体であるメルセス会の総長Sr.ルルデスと副総長Sr.イザベラが、前総長のSr.弘田と一緒に来校されました。
 中学校と高校とで交流会が行われ、スペイン語や英語、日本語が入り混じる中、大変楽しい時間を過ごしました。
DSCN2469.JPG DSCN2484.JPG
DSCN2471.JPG DSCN2480.JPG

12/11(火) 中学校保健指導・スポーツ大会

 保健指導では「今年一年を振り返ろう あなたの健康通信簿」と題して、1年間の生活習慣や健康管理を得点方式やクイズ形式で振り返りました。
 その後、中学校のスポーツ大会を行いました。
 くじ引きでチームを決めて、バスケットボールとバトミントンを楽しみながら親睦を深めました。先生チーム対生徒の本気のバトルもあり、大変盛り上がりました。
2.jpg 4.jpg
1.jpg 3.jpg

12/10(月) 中学校練成会

 今年も中学校練成会を行いました。
 学校で1時間ほど「殉教者」について学び、その後、「萩殉教者記念公園」など萩市内のキリスト教にまつわる場所を回り、キリスト教や殉教者について理解を深めました。
 ここ数日寒い日が続いており、当日も寒いのではないかと心配されましたが、太陽の日差しが暖かく、自転車で気持ちよく市内を回ることができました。
3.jpg 2.jpg

12/10(月) 中学校校友会選挙

 中学校校友会選挙が行われました。会長に3名、副会長に4名が立候補し、それぞれ学校をより良いものにするための公約や決意を堂々と演説しました。新校友会は3学期より活動します。

11.jpg 12.jpg

13.jpg 14.jpg

12/7(金) 中学校租税教室

 萩税務署より講師の方をお招きし、租税教室を行いました。もし税金がなければ、生活にどのような影響が出るのか、税金がどのように使われているのかなど話して頂き、税金の必要性を改めて学ぶことが出来ました。

1.jpg 2.jpg

12/3(月)〜12/4(火) 韓国交流授業

 韓国安山市の松湖高校にて、本校の社会科教諭、三輪先生が異文化交流についての授業を行いました。
 違いがあるのは当然のことで、それをお互いに受け入れて尊重し合うことが大切だということについて生徒たちと一緒に考えました。
 授業を行った三輪先生にとっても大変貴重な経験で、学ぶことも多かったようです。
11.png 13.png
12.png 14.png

11/23(金・祝) 光塩バザー

 今年も恒例の光塩バザーを行いました。
 保護者の方を始め、卒業生や地域の方々、至誠館大学の方などのご協力をいただき、今年も盛大に開催することができました。皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
h-20181127-7.png h-20181127-5.png
h-20181127-6.png h-20181127-4.png

11/11(日) 第40回少年の主張コンクール全国大会

 第40回少年の主張コンクール全国大会に中3の末永さんが出場しました。
 末永さんは8月の山口県大会で最優秀賞を受賞し、全国大会出場者候補となり、10月の中四国ブロック審査の結果、全国大会発表12人のうちの1人に選ばれました。この日は全国応募者52万人から選ばれた12人が自分の思いを発表し、表彰を受けました。
h-20181127-3.jpg h-20181127-1.jpg

11/8(木) 萩・阿武中学校音楽会

 萩・阿武中学校音楽会が萩市民館大ホールで行われました。
 これまで音楽会に向けて毎日、朝と放課後に練習を重ね、その成果を発揮しました。「COSMOS」と「証(あかし)」の2曲を合唱し、美しい歌声を響かせました。 
 午後は、光塩幼稚園を訪問し、園児たちの前でも歌を披露しました。
 その後、校外学習として萩地方裁判所の見学に行きました。裁判所や裁判制度についての説明を聞いた後、実際に法廷の中に入らせてもらいました。遠い存在のように感じていた裁判所ですが、今回の見学を通して身近に感じることが出来ました。
DSC06866.JPG DSC09240.JPG
DSC09267.JPG DSC06899.JPG

11/7(水) 壮行会

 中3の末永さんとテニス部の壮行会がありました。
 末永さんは第40回少年の主張コンクール全国大会、テニス部は第9回全国私学高等学校テニス選手権大会中国ブロック大会への出場が決まりました。
 末永さんとテニス部の健闘を祈っています。
h-20181108-2.jpg h-20181108-1.jpg

11/3(土) 吹奏楽部

h-20181105-1.jpg 萩市民音楽祭が行われ、吹奏楽部が出演しました。
 この演奏で中学3年生が引退ということもあり、みんなの気持ちも高まり、練習以上に熱のこもった演奏をすることができました。
 演奏会にはたくさんの方が足を運んでくださり、ありがとうございました。

11/1(木) 「命をみつめて」-愛すること、祈ること-

 長門市在住の心理カウンセラー、阿波ひろみさんを講師としてお迎えし、講演会がありました。
 息子さんの心臓移植のことや、闘病中の自身の揺れ動く心情、今も難病と戦う小さな戦士(天使)たちのことや、たくさんの奇跡、生きていることの尊さなど、全ての言葉が会場の一人ひとりの心に響き、多くの人が涙を流しながら聞き入りました。そして、愛すること、祈ることの大切さも改めて感じることができました。
 講演の中で、山口県の兄弟デュオ、マウンテンマウスのまぁしぃさんがピアノ演奏や、阿波さん作詞の曲を歌われ、最後は会場の全員で歌を歌い感動のうちに閉会となりました。
h-20181102-6.jpg h-20181102-5.jpg

11/1(木) 開校記念日ミサ

 開校67周年を祝う開校記念日ミサがありました。今年の司式は大西勇史司祭で、お話もおもしろく、厳粛な中にも和やかな雰囲気に包まれたミサでした。また、今年も「ハレルヤ・コーラス」を全校合唱し、生徒たちの美しいハーモニーが体育館中に響き渡りました。

 メルセス会のシスター方、卒業生や保護者、地域の方々など、多くの方たちに支えられ67周年を迎えられたことに深く感謝し、今後もこの気持ちを忘れないように学院生活を送りたいと思います。

h-20181102-2.jpg h-20181102-1.jpg

h-20181102-3.jpg h-20181102-4.jpg

10/29(月) 中学校ハロウィンパーティ

 中学校でハロウィンパーティをしました。企画から準備、運営までそれぞれのグループで役割を分担し、協力して楽しい時間を作り上げました。思い思いの仮装に身を包み、ハロウィンクイズ、伝言ゲーム、ビンゴ大会などの出し物で盛り上がりました☆

h-20181030-9.jpg h-20181030-7.jpg

h-20181030-8.jpg h-20181030-6.jpg

10/27(土) 中学校オープンスクール

 中学校のオープンスクールを行いました。学校説明や授業参観、全校生徒による合唱の発表のあと、小学生はタブレットを使った算数の体験授業を行い、楽しそうに活動していました。

 今日の活動を通して、少しでも光塩学院の雰囲気を感じてもらえたら嬉しいです。

h-20181029-8.jpg h-20181029-5.jpg

h-20181029-6.jpg h-20181029-7.jpg

10/24(水) 書道部・ダンス部・吹奏楽部

 山口銀行萩支店開行58周年記念祭に書道部・ダンス部・吹奏楽部がお招きいただきました。天候にも恵まれ、多くのお客様の前でパフォーマンスをすることができました。

 今回このような機会をいただいたことに感謝しています。今後も山口銀行萩支店の皆様との関わり、地域とのつながりを大切にしていきたいと思っています。

h-20181031-1.png h-20181031-3.jpg

h-20181031-2.jpg

10/22(月) 中学校校外学習「山口ゆめ花博」へ

 中学生全員で「山口ゆめ花博」へ行きました。午前中はグループ毎に山口県開発のオリジナルの花を探したり、わらアートに触れたりなど与えられた課題をこなしながら、会場を散策しました。

 午後はオリジナルの植木鉢作りや、お気に入りの花のスケッチ大会をしました。学校で育てたマリーゴールドをはじめたくさんの花に囲まれ、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

h-20181029-1.jpg h-20181029-2.jpg

10/10(水) 中学校あすチャレ!スクール

 パラスポーツを体験する「あすチャレ!スクール」を本校で実施し、パラリンピックに7回出場した元車いす陸上選手の永尾嘉章さんに来ていただきました。パラスポーツの起源や競技用車いすの説明を聞いた後、実際に車いすに乗って体験しました。生徒みんなでリレー対決も行い、車いすの操作の難しさとともに競技の楽しさを体感しました。

 その後、講話では永尾さんのこれまでの体験を踏まえたお話しを聞き、夢を持つことや、あきらめずにチャレンジすることの大切さを学ぶことができました

6.jpg 2.jpg

5.jpg 4.jpg

1.jpg 3.jpg

10/4(木) 山口県中学校英語暗唱・弁論大会

h-20181009-1.jpg 第61回山口県中学校英語暗唱・弁論大会中3の篠原さんが出場しました。〝For Mothers and Babies〝というタイトルでスピーチをし、将来の夢について語りました。

 入賞とはなりませんでしたが、思いのこもった素晴らしいスピーチを披露してくれました。

10/3(水) 校友会選挙

 校友会(生徒会)選挙を行いました。会長、副会長候補8名の演説の後、投票があり、即日開票されました。新校友会は11月から始動します。
IMG_1922.jpg IMG_1923.jpg
IMG_1915.jpg IMG_1934.jpg
IMG_1939.jpg IMG_1942.jpg