教育の特色

宗教教育

 キリスト教精神に基づいて人間としてのあり方を見つめ、他者とのかかわりを通して社会に奉仕できる人に成長するために、聖書等をテキストにし、週1時間宗教の授業を設けています。また、学期毎にホームルームで「学院の精神」のテーマを扱い、深めています。開校記念ミサやクリスマス祝いなど、ミッションスクールらしい行事もたくさんあります。ボランティア活動も、宗教部が担当し、全校生徒に呼びかけて積極的に取り組んでいます。


英語教育

 国際性を養う教育の一環として、英語教育に力を入れています。外国人教師による英会話指導も行い、総合的な英語力の向上をはかっています。英語検定試験にも、多くの生徒がチャレンジしています。


コース制

 コース制は一人ひとりの生徒の個性と興味を生かしその適性を伸ばすもので、それを通してよりいっそうの学習意欲の向上を目指しています。
 全部で7コースあり、2年次に週3時間、3年次に週5時間履修しています。特進コースを除いて原則として生徒の自由選択です。自分の個性と能力にあったコースを選び、充実した高校生活を送るとともに、将来の進路に役立ててほしいと願っています。
(特進コース・文理コース・音楽コース・美術コース・書道コース・生活福祉コース・情報コース)

同窓会事務局よりのお願い

進学・就職・結婚などで住所変更があった場合、同窓会事務局(萩光塩学院内)までお知らせください。 なお、いただいた情報は、同窓会の連絡以外使用いたしません。

萩光塩学院 沿革

萩光塩学院 円型校舎

 萩光塩学院は、 スペインを発祥地として、 世界の各地に広がるベリス・メルセス宣教修道女会* が設立母体となって、 1952年(昭和27年)4月に中学校・高等学校を併設して開校された。
 1955年(昭和30年)には幼稚園と小学校が設置され、 県下で唯一、 幼稚園から高等学校までの一貫教育のミッションスクールとして出発した。
 2002年(平成14年)まで約50年間、 中学・高等学校は女子教育に専念し、 小学校のみ共学であったが、 高等学校は2003年(平成15年)より、 中学校は2004年(平成16年)より男女共学に移行した。2008年(平成20年)4月、小学校は休校となった。
 東京に姉妹校、 光塩女子学院がある。

* ベリス・メルセス宣教修道女会
 当修道女会の歴史は古く、 西暦13世紀、 聖ペトロ・ノラスコによって創立され、 20世紀マドレ・マルガリタ修道女によって宣教会に改められ、 今日に至るまで社会に貢献する活動を続けている。

                                                                    

1952年(昭和27年)4月

東京にある光塩女子学院の姉妹校として、 萩女子学園 (江向・東田町15) のあとに萩光塩学院中学校・高等学校設立

1955年2月

小学校・幼稚園設置

1955年10月

円型校舎完成

1959年10月

小学校校舎新築

1961年9月

新館校舎増築

1966年6月

体育館・寄宿舎新築

1968年4月

幼稚園園舎新築

1971年9月

体育館と円型校舎を結ぶ渡り廊下増築

1976年11月

運動場拡張
創立25周年記念式典挙行

1980年8月

運動場拡張

1981年1月

江向幼稚園園舎新築

1981年4月

2号館校舎増築

1988年11月

小学校 (3号館) 校舎新築

1992年4月

東田町園舎、 江向に移転
東田町園舎改装、 4号館と改名

1993年6月

幼稚園多目的ホール増築

1999年4月

学校法人萩光塩学院へ移行

2001年11月

萩光塩学院創立50周年

2003年4月

高等学校男女共学に移行

2004年4月

中学校男女共学に移行

2006年12月

武道館新築

2008年4月

小学校休校

2011年4月

テニスコート改修

2014年4月

中学校を3号館(旧小学校校舎)へ移転

2014年10月

中学校給食室を幼稚園に移動し、増築

2015年3月

体育館新築

2015年3月

幼稚園廃止

2015年4月

認定こども園萩光塩学院幼稚園に移行

2015年11月

新館校舎改修

2016年12月

円形校舎解体・本館校舎新築

2017年(平成29年)11月

本館新校舎完成

ボランティア活動

『自分の回りに喜びと光をまく人』をめざして、種々のボランティア活動を行っています。


全校生徒が参加する活動

校友会や宗教部が中心となって、活動を行っています。


国際協力

古切手の収集を行っています。集められた古切手は、日本キリスト教海外医療協力会に送られ、アジアでの医療活動への援助[医師や看護師の派遣費用]に充てられます。本校で四十年近く続く国際協力の活動です。


募金活動・寄付

国内・海外で起こった災害で苦しんでいる方々のために、募金活動を行います。
バザーでの募金や文化祭の収益の一部を、国内・国外の恵まれない方々へ寄付しています。
年に2回全校生徒に呼びかけ、「口と足で描く芸術家協会」の活動を支援しています。


個人が参加する活動

ボランティアを通じて、助け合いや奉仕の精神を学び、実践しています。全校生徒の3分の2が参加しています。


1. ふたば園 (各学期1回)

通園制の心身障害児施設で、園庭の草取り、ボールやおもちゃの消毒、窓拭きなどをします。



2. 指月園 (各学期1回)

比較的お元気な方の老人ホームで、季節の作品を持って行ったり、掃除や草取りなどのお手伝いをしたりします。



3. 萩園 (年2~3回)

特別養護老人ホームで、車椅子の清掃ボランティアを行います。



4. 老人ホームへの手紙 (年3回以上)

寝たきりや身寄りのない方に、季節ごとにハガキや手紙を書きます。
学期末ごとに文通の結果をレポートにして提出します。


5. その他 [単発のボランティア活動]
キャロリング

萩養護学校バザーの手伝い(11月)
24時間TVの募金活動(8月)
萩市ふうせんバレーボール大会(7月)
夏季福祉施設体験学習(7~8月)
病院訪問キャロリング(12月)
 …など