おもしろい言葉

「使える物は捨てる」。これは、最近私が気に入っている言葉です。
聞いた人はみんな「いったいどういうこと」と思うでしょう。普通は使えない物を捨てるのであって、使える物を捨てるのはもったいないことだからです。そんな、矛盾したことをいっているようで実は大切なことを教えてくれています。
私たちの身の回りには物がいっぱいです。整理整頓ができずに散らかしっぱなしになっている人も多いと思います。私も整理整頓が苦手です。書類を探すのに時間をとられていらいらすることもあります。でも掃除をして整理整頓された状態は好きなので時々は片付けをします。いらない物や使わない物は捨ててすっきりしたいと思うのですが、もったいないと思ってなかなか捨てられません。そして余りきれいにならずに残念な気持ちで掃除が終わります。
「使える物は捨てる」という言葉は「使えない物はもちろん捨てますが、使える物でも使わないのなら捨てる」ということを言っています。捨てないのは「使う物」だけです。「使えるけれど使わない物」をとっておくと無駄なスペースが必要ですし、物を探すときに無駄に時間がかかります。実は、使える物を捨てることよりもこのことの方が本当に無駄でもったいないことです。「使える物は捨てる」という言葉は物を捨てるための新しい判断基準に気づかせてくれます。そして、本当に大切にしなければならないことは何かを考えさせてくれます。
私の机の周りはまだきれいではありませんが、少しずつきれいにしていくつもりです。
皆さんはどんな言葉が好きですか。物の見方や考え方を変えるようなおもしろい言葉があったら教えてください。