サイパン修学旅行

 7月23日から29日の6泊7日のサイパン修学旅行は、最終日に帰る予定の飛行機が機体トラブルでキャンセルとなり1泊多い7泊8日になりました。生徒は、初めての経験が多かったですが、どれも楽しみ有意義な時間を過ごすことができました。ホームステイでは英語での交流ができるのか不安を抱える生徒が多かったですが、言葉の壁を越えホストファミリーと関わり、最終日は別れることを惜しむ生徒ばかりでした。美しい自然、心優しくパワフルでユーモアのある地元の人々との交流は生涯忘れることのできない経験となりました。日焼けとともに少し成長し全員無事に帰国しました。

中学校 サイパン修学旅行3日目

 修学旅行3日目は、マニャガハ島でホストファミリーと一緒に1日海水浴を楽しみました。珊瑚やきれいな魚が間近に見られる綺麗な海です。  ホストファミリーの子ども達と英語で会話をしながら交流を深めていました。  お昼御飯は、バーベキューで、どれもおいしく生徒はたくさん食べていました。夕方、生徒は2泊3日のホームステイへ元気よく出発しました。

International workshop 2014 1日目・2日目

 1日目。中学生は午前中、3班に分かれて買い物に行き、カレーを作りました。シーフードカレーや夏野菜カレーなどボランティアスタッフと英語でコミュニケーションをとりながら作りました。

 2日目。各国の紹介を聞きました。今年はロシア、チェコ、トルコ、イタリアの4カ国から5人のスタッフと、日本人リーダーの計6人が来てくれています。  中学生は積極的に英語で質問をしたり、プレゼンテーションを真剣に見たりしていました。世界旅行に行った気分になりました。

中学校 サイパン修学旅行1日目・2日目

 1日目 福岡の街並み、空港、飛行機、搭乗手続き、外国と初めてのことに感動と驚きばかりでしたが、物怖じすることなく全てを楽しんでいました。乗り継ぎのグアムでは、少し時間に余裕があり、ドルを使って買い物を楽しむ生徒もいました。サイパンの宿舎となるマトゥナラハウスには、9時に到着しました。シスター方が温かく出迎えてくださり、これからが楽しみになりました。
2日目 サイパン北部の戦争に関する場所を見学しました。今はとても美しい景色の場所で、悲惨な出来事があったことが信じられない様子でした。気温、湿度ともに日本より高いですが生徒は全員元気です。

高2修学旅行 マレーシア・シンガポール 7月18日(金)~22日(土)

 7月18日~22日、高2は修学旅行に行ってきました。
 マレーシア・シンガポールの修学旅行は、マレーシアの観光から始まりました。首都クアラルンプールやレンガ色の建物が印象的な世界遺産の地・マラッカを訪れ、文化や歴史を学びました。
 ジョホールバール市内での学校訪問では、踊りや歌などの熱烈な歓迎を受けました。本校の生徒も歌を披露し、その後の交流会では伝統的な遊びを教えてもらったり一緒に写真を撮ったりと、楽しいひとときを過ごすことができました。帰り際には「楽しかった」「もっといたかった」という声も多く聞かれました。
 シンガポールではマーライオン公園などの見学の後、班別自主研修を行いました。この自主研修で調べたことを中心に、2学期からの総合の時間にまとめや発表を行っていく予定です。
異文化に触れ、様々な体験や経験を通して多くのことを学ぶことができた5日間でした。

高2修学旅行 マレーシア・シンガポール 7月18日(金)~22日(土)の続きを読む

高2修学旅行 韓国 7月18日(金)~22日(火)

 高2の32名は、4泊5日で韓国への修学旅行に出かけました。
 釜山、慶州、ソウルを訪問し、韓国の歴史や文化・伝統にふれ、国連墓地や自由の橋などでは、戦争の悲惨さや厳しい現実を学びました。
 4日目にはソウルの新木高等学校を訪問して、交流会を行いました。ダンスを披露したり、グループに分かれてお互いの文化を教えあったりして、楽しく、充実した時間を過ごすことができました。また、午後からの班別自主研修では、グループ毎にそれぞれのテーマにそって決めたコースを回り、ソウル市内を満喫しながら研修を行いました。
 初めて海外を訪れた生徒も多く、異文化にふれることで新しい発見もあり、多くのことを学んだ旅行になりました。生徒一人ひとりの体験や感想は、これからの総合的な学習の時間で発表していきたいと思います。

高2修学旅行 韓国 7月18日(金)~22日(火)の続きを読む

中学校通信 

中学校通信5号です。
お茶会に行きました。
避難訓練がありました。
左の写真をクリックするとPDFが開きます。


1学期終業式 7月17日(木)

校長先生からのお話

 今日で1学期の学習が終わります。皆さんにとってどんな1学期だったでしょうか。
 まず、生徒の皆さんが大きな事件や事故・病気などにかかることがなく、無事に1学期を終えようとしていることが何よりうれしいことです。
 私にとっては、昨年までと仕事の内容が大きく変わったため、生徒の皆さんとかかわる時間が少なくなってしまったことがとても残念でした。しかし、そんな中でも多くの人が声をかけてくれたこと、大きな声であいさつをしてくれたこと等、皆さんの姿に刺激され、「今日1日がんばろう」という気持ちになることができました。ありがとうございました。

 少し離れた立場で皆さんを見ていると、それまでは「まだまだだな」と思っていた2年生・3年生も少しずつ成長していることに気づかされました。入学した頃は、不安な表情が目立っていた1年生も喜んだり悲しんだり、多くの経験を積み始めているなと思いました。

 皆さんも、中学生として、高校生として、一人ひとりが置かれた立場で、この4カ月を振り返ってみてください。自分が1番がんばったところはどこだったか?やればできるのに、手を抜いてしまったところはどこだったか?努力して自信がついたのはどこか?勉強だけでなく、部活動でも学校生活全体でも、そして家庭でも自分の生活を振り返ってみると、いろいろなところで自分の成長をみつけることができるはずです。

 良い体験・経験ばかりが、私たちを成長させてくれるわけではありません。
学校という集団生活をしていく場ですから、自分の思いどおりにならないこともたくさんあります。勉強の大変さや人間関係の難しさも経験したことでしょう。1学期を振り返ってみて、苦しい経験の中からも、自分が乗り越え、成長してきたことにひとつでも気づいて欲しいと思います。

 明日からの夏休みは、部活動やワークショップ、修学旅行、ボランティアなど、いつもよりたくさんの行事や活動があります。ゆっくり体を休めることも必要ですが、何か一つこの長期休暇中に「これだけはやり抜いた」というものを見つけてください。
 いつもはあまりできない掃除や食事作りもいいでしょう。家族といっぱい話すことも素敵なことだと思います。1学期の終わりをひとつの区切りとして、ちょっと見方を変えてみるだけで、自分のできることがまたたくさん見つかってきます。

暑さに負けず、健康に気をつけて充実した夏休みを過ごしてください。
2学期の始業式で、またひとまわり成長した皆さんに会えることを楽しみにしています。

ダメ!ゼッタイ! 薬物乱用防止講座 7月16日(水)

 薬物乱用防止講座がありました。
 はじめに、身近なタバコの害について、その後DVDの視聴と薬物についての詳しい説明がありました。

萩光塩からのメッセージと学校紹介(第1回)が完成

光塩女子学院の皆様、大変お待たせいたしました。
萩光塩学院からのメッセージと学校紹介が完成しました。
部活動と校友会の紹介に加えて、6月にあったインドネシア人学生との交流会や文化祭についても、まとめています。
ぜひ、皆さんで見てくださいね!!

はぎ園ボランティア 7月15日(火)

 大井にある特別養護老人ホーム・オアシスはぎ園を訪問し、車イスの清掃を行いました。初めて参加した生徒もいましたが、車イスの動かし方や磨くときに気をつける箇所などを教わり、皆で楽しく取り組むことができました。また、最後には園内の見学もさせていただきました。

避難訓練 7月15日(火)

 理科室からの出火を想定し、全校で避難訓練をしました。
 中学生代表6名は3号館3階から、避難袋で脱出する訓練を行いました。
 その後、生徒は教室に充満させた煙の中での避難訓練を体験しました。

幼稚園 そうめん流し 6月28日(土)

 6月28日(土)、父母の会主催のそうめん流しが行われました。
 テーマは『作って 食べて リサイクル!』
 萩の竹を使ってそうめん流しをし、使った竹や水は捨てずにリサイクル。
 たくさんの参加があり、お家の方、友だちと”リサイクル”を考えることができました一日となりました。

卓球部 下関市長・議長杯 7月12日(土)

 卓球部 下関市長・議長杯
        高校男子 第2位

 7月12日(土)に行われた下関市長・議長杯で1年生の男子が2位入賞しました。これからの活躍も楽しみです。

ボランティア からふる訪問 7月11日(金)

 7月11日(金)の午後、子ども発達支援センター「からふる」を訪問しました。今回の参加者は26名。プールの掃除やボールの消毒、窓ふきなどをみんなで手分けして行いました。高2、高3は慣れた手つきで作業を進め、初めての高1もしっかりとボランティア活動をすることができました。暑い中でしたが、気持ちよく活動できました。

中学校 お茶会 7月11日(金)

 松陰神社前の三輪さんのお宅に訪問し、茶道体験を行いました。今回のテーマは「七夕茶会」。生徒一人ひとりが願いを書いた短冊を笹に飾り付けてから、お茶会は始まりました。室内には三輪さんがテーマにあった掛け軸や飾りが用意してありました。お茶は京都大徳寺が依頼してつくられたもので、お菓子は七夕とすずしさを感じさせるものでした。生徒は緊張しながらも、おいしくお茶とお菓子をいただき、貴重な体験をすることができました。

高3 デートDVについての講話 7月11日(金)

 萩市男女共同参画推進室より2名の講師をお招きして「デートDV」についてお話していただきました。
 デートDVの説明を受けた後に、携帯電話のアドレスを消すロールプレイを行いました。無関心だった事柄に対し、何気ない言動から行動となり、デートDVにつながることを知り身近な問題としてとらえることができました。

中学校通信 7月号

中学校通信7月号です。
インドネシアから留学生がきました。
中学校のオープンスクールがありました。
左の写真をクリックするとPDFが開きます。


萩光塩学院関西支部同窓会 7月5日(土)

 7月5日(土)、阪急ターミナルスクエア・17で萩光塩学院関西支部同窓会が行われました。
 参加者は約20名でしたが、小学校2期生の男性の方々や同窓会の廣澤会長、新 しく就任された中村校長も参加され、大変盛り上がった同窓会となりま した。
 会の途中、萩光塩の近況報告ということで、本年度作成した学校説明用のDVDが会場に流されたり、「光塩通信」や「光塩新聞」が紹介されたりしま した。また、新築工事が始まった体育館の様子や今後の計画についても校長先生からお話がありました。
 参加された卒業生は懐かしそうに母校を思い出し、「次回帰省した時にはぜひ学校に寄りたい。」と思いを語っていらっしゃいました。
 次回関西支部同窓会は2年後、萩市の4校(萩高・萩商業・萩工業・萩光塩)合同同窓会と一緒に開催する予定です。

光塩タイム

3年間を通じてキャリア教育と国際理解教育を行っています。

1年
 なぜ学ぶのか?なぜ働くのか?という素朴な疑問から「働くことの意義」を考えていきます。その上で私たちの身のまわりにはどのような職業があるのかを本やインターネット等を活用して調べます。その中から興味・関心のある職業を見つけ出し、さらにその職業に就くまでの進路・必要な資格等を深く調べていきます。調べたことは大判用紙にまとめ3学期に発表します。
 国際理解教育では1学期は、夏休みに実施されるインターナショナルワークショップの準備を通じて郷土萩と外国のことをテーマを各自で設定して学習します。2学期はこれらのことをまとめ、3学期に発表します。

2年
 1年で調べたことをもとに職場体験を実施します。1学期は職場体験に向け、体験先の決定、体験にむけて礼儀やマナーについての学習、履歴書作成などを行います。夏休みに2日間(今年度は8月30日31日)1人1事業所で職場体験を行い、2学期に活動の成果をまとめ、3学期に発表します。
 国際理解教育では1学期は、夏休みに実施されるインターナショナルワークショップの準備を通じて郷土萩と外国のことをテーマを各自で設定して学習します。2学期はこれらのことをまとめ、3学期に発表します。

3年
 1,2年で学んだことをもとに具体的に進路について考え、決定をします。自分の夢を実現するにはどのような資格や技能が必要で、それを学ぶためにはどのような学科・コースに進めばよいかを学習します。
 国際理解教育では、1学期はサイパン修学旅行の準備を行います。サイパンの歴史、言語、地理等、1人1テーマで調べまとめたものを修学旅行のしおりにします。夏休みサイパン修学旅行6泊7日(内ホームステイ2泊3日)で事前学習したことを実際に見聞し国際理解を深めます。2学期にこれらのことをまとめ発表します。

あぶりだし 6月27日(金)

 水曜日は、とてもよい文化祭でしたね。準備に、練習に、大変お疲れさまでした。
 さて、皆さんは小さい頃「あぶり出し」という、日本の伝統文化の遊びをやったことがありますか。真っ白な紙を火であぶると、文字や絵が浮き出てくる遊びです。あぶり出しには何を使うのでしょうか。酸っぱい酸や甘い糖分で水に溶けるものなら、あぶり出しができます。
 では、あぶり出しをすると紙の上でいったい何が起きるのでしょうか。紙には親水性があり水分子と仲良く手をつなぎます。そこに酸がやってくると、紙から水分子を奪う脱水作用がおこります。そこを火であぶると、酸を塗ったところが早く焦げ始めて文字や絵が浮き出るそうです。一方、甘い糖分はあぶって熱を加えると自分自身が褐色のカラメルに変わりあぶり出しになるそうです。つまり、酸は紙を焦げやすくし、糖は自分が変わることで文字や絵ができるのです。皆さんも、酸っぱいレモンや甘いパイナップルなどを使ってあぶり出しを試してみましょう。
 人の思いも、あぶり出しのように相手にストレートに伝わればいいのですが。思っていることがなかなか、なかなかうまく伝わらないようです。酸の力も糖分の力も借りたいところですが。笑顔や、思いやり、そして時間の助けを借りると、思いが伝わるのではないでしょうか。