少年の主張山口県大会 8月23日(土)

 8月23日(土)山口市のカリエンテ山口で行われた、少年の主張コンクール山口県大会に中三の斎藤さんが出場しました。応募者数1228名の中から見事8名に残り、この日まで何度も練習をしてきました。斎藤さんの意見文の題名は「水のありがたさ」です。昨年の萩市の水害後に地球の水環境について疑問をもったことについて、自らの考えを堂々と発表することができました。審査員の先生からは、「一滴の水」の大切さを訴える比喩表現の巧みさを評価していただきました。この日の発表の様子は、9月14日(日)13:00から14:00に、KRYラジオで放送されます。