「HERO」 9月26日(金)

 みなさんは次のような言葉が書いてあるチラシを見たことがありますか?「正義」ってなんだ?「真実」ってなんだ?みんなで考えよう。本気で生きるってこと。久利生公平。これは今週の月曜日に最終回を迎えたフジテレビのドラマ「HERO」のチラシです。文部科学省から配られているチラシで、少し前まで高1の下駄箱の上に掲示してあったのでもしかしたら目にした人もいるかもしれません。
 私はこの「HERO」というドラマが大好きで毎週欠かさず見ていました。今回のシリーズは2回目で、1回目は今から13年前の2001年に放送されていました。そのときにかなりハマってしまい何度も見直したのを覚えています。簡単にドラマを説明すると木村拓哉演じる検事久利生公平は、犯罪被疑者を起訴するかどうか決定するときに自分が納得するまで徹底的に調べ、話を聞きその上で最終的な判断を下します。社会的な立場にとらわれたり、先入観を持って決定することはありません。笑いあり、感動あり、そしていろいろなことを考えさせられるドラマです。今回久しぶりの再開で、毎週月曜日を楽しみにしていたのですが、終わってしまったので残念な気持ちです。
 今回の最終回の裁判のシーンで、久利生公平が言ったセリフがとても印象的でした。「裁判とは検事、弁護士、裁判官がそれぞれの名のもとに被告人に光を当て真実を浮かび上がらせるものである。裁判には1つだけルールがあって、この法廷にいる人すべて絶対に正直でなければならい。正直でまっすぐな光を当てなければ真実は見えてこない。」というものでした。この「正直でなければならない」という言葉は普段の日常生活において私たちにとってもとても大切な言葉だと思います。私たちはお互いに信頼しあい、助け合いながら生活しています。正直にありのままで接しているからこそお互いに受け入れことができているのだと思います。正直でなくなり、自分を偽るとこのような関係を築くことはできません。「正直でなければならない。」当たり前のことのように思えて難しいこの言葉の意味を常に頭においてこれからの学校生活の様々な場面でよりよい人間関係を築いていってください。人との関わりをとても大切に考えているこの萩光塩学院で学んでいるみなさんだからこそぜひ実践してほしいと思います。

祝!地区英語弁論大会総合優勝!!

 第3地区英語暗唱・弁論大会に中3の下村君と村岡君が学校代表として出場しました。下村君は、修学旅行先のサイパンで感じた世界平和に対する思いについて力強く訴え、村岡君は、パラリンピックや障がい者スポーツへの意識向上について堂々とスピーチをしました。
 2人とも今までで最高のパフォーマンスを披露してみごと金賞を受賞し、村岡君は総合優勝も果たしました。おめでとうございます!!
 なお、2人は10月9日(木)に行われる県大会への出場が決まりました。

暑さ寒さも彼岸まで 9月19日(金)

 校長室の前のテーブルに、彼岸花が飾ってあります。毎年秋のお彼岸が近づくと真っ赤な彼岸花が田んぼのあぜ道や道路の脇に咲き始めます。修道院の玄関のそばにも咲いています。
 「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、お彼岸は、春分の日や秋分の日を中心とした前後7日間のことだそうで、この頃には冬の寒さや夏の暑さも収まり凌ぎやすくなるということです。実際最近の朝晩はすっかり涼しくなり、体育祭の頃の暑さが嘘のように気温が下がってしまいました。
 「秋の日はつるべ落とし」とうように、この時期、特に感じるのは太陽が沈むのがどんどん早くなるということではないでしょうか。調べてみると、山口県では先週の金曜日の日没は6時26分でしたが、今日の日没は6時16分で、1週間で10分も早くなっています。9月の1ヶ月間では40分も早くなっています。春分の日がある3月では日が沈むのは1ヶ月で24分しか変わりませんから、この時期の変化がいかに大きいかが分かります。それで気温の変化も激しいのかもしれません。みなさん、風邪を引いたり体調を崩したりしないように気をつけましょう。
 ところで、春分の日や秋分の日というと、昼と夜の長さが同じになる日と思っていますが、実際にはどちらも昼の方が約14分長いそうです。

中学校 職場体験

 7月末から8月にかけて、中2が職場体験を実施しました。市内の建設会社、海産物加工業者、保育園、スポーツ店、文具店の各事業所で活動させていただきました。
 生徒たちは、初めての体験に緊張した面持ちで真剣に取り組んでいました。働くことの大変さや楽しさなど多くのことを学び、今後の進路研究に大いに役立つことと思います。
 今回の職場体験については、総合学習の時間にレポートにまとめて発表をする予定です。


下関卓球協会長杯 9月15日(火)

 一般女子シングルス第3位 蜷川さん(高2)
 ちなみに山口県で唯一の入賞者です。

中学校通信 9月号

中学校通信9月号です。
修学旅行に行ってきました。
中学校の職場体験がありました。
左の写真をクリックするとPDFが開きます。


起工式 9月12日(金)

9月12日(金)体育館起工式が大成建設、メルセス会、萩光塩学院職員の列席の下、つつがなくとり行われました。
 工事の安全と、新しい体育館での教育の実現をみんなでお祈りしました。


共同祈願
校  長:私たちが、新しい体育館を建てるこの敷地を祝福してください。この場所が他者のために奉仕する人を育てるところとなりますように。

大成建設:あなたの力強いみ手に守られて、ここで働くわたしたちが不慮の事故から免れ、新しい体育館の完成に力を尽くすことができますように。

体育科主任:新しい体育館で教育を受ける生徒と生徒のために働く教職員が、それぞれに与えられた使命を果たすことを通して、神の栄光を表すことができますように。

高校校友会代表:神の母、聖母マリアの取り次ぎによって、わたしたち在校生をはじめ、この学校に関わるすべての人が、神の恵みを豊かに受け、あらゆる災いから守られ、健康に幸せに生きていくことができますように。

中学校友会代表: この学校で学ぶわたしたち中学生が、新しい体育館での活動を通して心と身体をしっかりと鍛え、神の教えに従って、まわりに喜びと光りを与える生徒に成長できるようお導きください。

今月のテーマは「協力」 9月12日(金)

【朝礼の言葉】

 先日行われた体育祭は、皆さんの元気とエネルギーがあふれた楽しく、気持ちの良い一日でした。演技・競技・応援合戦と、どれをとっても好感の持てるものでした。何より皆さん自身が精一杯力を出し切ったことで、勝ち負けよりももっと深い、大きな達成感・満足感を味わったことと思います。皆さんの笑顔、目の輝きがとても印象的でした。
 皆さんが一生懸命やって成功した裏には、先生方のご指導・サポートがあったことも忘れないでください。これから大人として社会に出ていく皆さんにとって、ひとつのことをやり遂げていく時、必ず誰かの支え、助けがあること、自分の頑張りをいつも温かく見守ってくれている人がいること、そしてそういう影の人への感謝の気持ちを、どこかできちんと伝えることができる人になって欲しいと思います。

 さて、今月の学院のテーマは「協力」です。
 協力は、頼まれたこと、すべきことを皆とともに喜んですることであり、又一つの目標に向かっていろいろなアイデアを出し合い、より良いものをめざそうと積極的に行動することでもあります。その時その時で、自分の置かれた立場、状況をよく見て、今ここで自分が何をすることが、その目的のためになるのかを考え、判断する力がたえず求められています。それぞれの場面で、自分ができることを積極的に見つけ、クラスが一丸となって、私たちの学院の歴史を築いていくという意識で「協力」という言葉の意味を確かめる月にしてください。

 2学期には開校記念日のミサ、バザー、キャロルコンクールなど多くの行事が続き、皆さんそれぞれに活躍の場があります。また運動部の試合や文化部の発表の場もあるでしょう。
与えられた場所で練習に励み、協力を惜しまない魅力的な光塩生になるよう努めてください。 

 朝晩涼しくなり、暑さの中にも秋の気配が感じられるようになりました。毎日の読書や勉強にも力を入れ、自分自身を豊かにする9月にしていきましょう。

体育祭 9月7日(日)

 快晴の下、平成26年度萩光塩学院の体育祭が行われました。
 今年度は体育館工事のために、思うような練習ができない中、生徒は準備に励みました。学校長のあいさつの中でもふれられていましたが、このような中でも多くの人に協力を得て体育祭が無事開催できたことを感謝したいと思います。
 ちょるる、萩にゃんも大いに体育祭を盛り上げてくれました。


校長挨拶
【体育祭開会の挨拶】

おはようございます。心地よい秋晴れの中、いよいよ本年度の体育祭が始まります。
今日は朝早くから先生方の指示のもと、係りの生徒を中心に、みんなでしっかり準備をすることができました。おかげで、無事体育祭が実施できます。ありがとうございます。

今年度は体育館の新築工事の関係で、7月から体育館が使用できなくなりました。練習開始の時期を少し早めたり、雨の日は、十分な練習場所を確保できなかったり、皆さんも満足な環境のもとで体育祭の練習をすることができませんでした。しかし、始業式の時にも話しましたが、今年も広島の土砂災害など、全国各地で多くの方々が被災されました。被災された方々は、今もなお十分な環境の中で生活することができません。私たちは被災された方々の苦しみを理解するとともに、自分たちがいかに恵まれた環境のもとで今日の日を迎えることができたのか、気づかなければいけません。少しくらいの困難は、皆さんの若さとパワーで吹き飛ばし、例年に負けない充実した体育祭にしてください。
生徒の皆さんの、活気あふれる演技・競技を期待しています。

また、ご来賓の皆様をはじめ、保護者の皆様・卒業生の皆様、本日は早朝より萩光塩学院の体育祭に御参加下さいましてありがとうございます。
お時間の許す限り、生徒たちに大きな声援と拍手をお願いいたします。

それでは、生徒の皆さん、思い出に残る一日にしましょう。



 【体育祭閉会の挨拶】

中学生・高校生の皆さん、今日は大変お疲れさまでした。そして、赤組の皆さん優勝おめでとうございます。赤組も白組も応援団を中心にみんなが一致団結し、演技・競技に一生懸命取り組んでいたと思います。普段の授業の中では、なかなか見ることのできない真剣な表情とはちきれんばかりの笑顔がとても素敵でした。とても気持ちの良い体育祭だったと思います。
3年生の皆さんにとってはこれが最後の体育祭です。今日の頑張りと熱い思いをこれからの進路決定に役立ててください。また、1・2年生は来年の体育祭が今年以上素晴らしいものになるようこれからも努力してください。
今日は、生徒の皆さんの熱気に誘われてサプライズゲスト「ちょるる」と「萩にゃん」も参加してくれ、本校の体育祭に花を添えてくれました。協力していただいた多くの方々に感謝したいと思います。本当にありがとうございました。

最後になりましたが、ご来賓の皆さまをはじめ、保護者の皆さま、本日は本校体育祭に最後までご参加・ご協力いただきましてありがとうございました。生徒たちは今日皆様から頂いた声援と拍手を胸に秘め、これからの学院生活で日々努力してくれると信じております。
本日は本当にありがとうございました。心から感謝し、ごあいさつとさせていただきます。
(体育祭終了後、記憶をもとに記述)

2学期 始業式 9月1日(月)

 おはようございます。45日間にわたる夏休みはどうだったでしょうか? 一学期の終業式の時に、私は長期休暇中に「これだけはやり抜いた」「日頃あまりできないことに取り組んでみてください。」という話をしました。皆さんはこの休み中、胸をはって「○○にがんばった」といえるものがあったでしょうか。部活動や課外などで休みのほとんどを学校で過ごした人もいたでしょう。

 学校でも夏休み期間中にたくさんの行事がありました。高2、中3の皆さんは海外へ修学旅行に行きました。私はマレーシア・シンガポールへの修学旅行に同行しましたが、皆さんが積極的に外国の文化に触れ、交流している様子を見て、とても有意義な時間を過ごせたと確信しています。中3の修学旅行では予想外のハプニングがあり、滞在が1日延期されました。中3の皆さんが無事に帰ってきたことで、これも良い経験となったことでしょう。これ以外にも中学校1・2年生はワークショップに参加し、たくさんの外国の文化に触れたり、中2の皆さんは職場体験で働くことの大変さや大切さを学ぶことができたりしました。8月30日には、約40名の生徒がグローバルチャレンジに参加し、普段の授業では学ぶことのできない経験をすることもできたと思います。

 ここにいる皆さんは、これまでいろいろなことを学び・体験するチャンスに恵まれてきました。これからもそうだと思います。しかし、経験したことを、いかに自分の知識や力に変えていくかは皆さんの考え方・心の持ち方次第です。多くのチャンスに恵まれながらも「しょうがなく参加した」のでは、時間の無駄使いだし、何の成長にもつながりません。

 皆さんもよくご存じのとおり、8月20日に広島市で大規模な土砂災害がおこり、多くの方が被災されました。この人達は、今まで当たり前のようにあった学ぶチャンスや経験する機会が、これからは少なからず奪われてしまいます。被災された方々の苦しみを理解し、今私たちがいかに恵まれた環境にいるかを再認識してください。  それができた人は、今日からのできごとに真剣に取り組むことができるでしょう。
 2学期のスタートを前に、ここにいる皆さんがもう一度心を引き締め、学習や部活動、また体育祭やバザーなど学校行事に全力を尽くしてくれることを期待しています。

 最後に高3、中3の皆さんです。3年生はいよいよ正念場です。これからの努力が自分自身を高めてくれます。決して、いい加減な気持ちで将来を決めるのではなく、しっかり夢に向かって努力して下さい。メジャーリーガーのイチロー選手は、メジャー最多安打を更新したときに、「小さいことをコツコツ積み上げることが、とんでもないところへ行くただ一つの道」だと話していました。まさに、皆さんの夢に向かっての道のりも同じです。自分を過大評価したり、過小評価したりすることなく、コツコツと努力を続けて下さい。それでは、3年生へのエールを込めて二学期始業式の話といたします。