秋の行事を楽しもう 10月24日(金)

来週の金曜日10月31日はハロウィンですが、皆さんは、ハロウィンの由来を知っていますか?
 ハロウィンの語源は、カトリック教会で11月1日に祝われる「諸聖人の日」…全ての聖人と殉教者を記念する日 の前夜にあたることから、諸聖人の日「all Hallows mass」の「eve」、「Hallows eve」が訛って、「Halloween」と呼ばれるようになったとされています。こう聞くと、「カトリックの行事なのかな?」とおもってしまいますがじつは、現在のハロウィンは、古代ケルト、古代ローマおよびキリスト教からの影響を受けており、宗教的な意味合いはあまりなく、キリスト教でも宗教行事ではなく「お祭り(イベント)の一種」という位置づけになっています。
このお祭りのベースとなっているのは、古代ケルトで行われていた「秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出すという宗教的な意味合いのある行事(サウィン祭)」です。
古代ケルトでは、1年の終わりが10月31日とされており、この日には死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。日本でいうと、大晦日とお盆が合体した日と考えると分かりやすいかもしれません。ただ、日本のお盆と違うのは、先祖の霊だけでなく悪霊や魔女も一緒についてくると考えられていた点です。悪霊は子供たちをさらったり、作物や家畜に害をなしたりすると考えられていたため、家の周りを徘徊する悪霊たちを驚かせて追い払うため、人々は仮面を被り、魔除けの焚き火を焚きました。ハロウィンでよく見かける「ジャック・オー・ランタン」(おばけちょうちん)は、死者の霊を導いたり、悪霊を追い払ったりするための焚き火に由来するといわれ、お盆でいうところの「迎え火」や「送り火」に近いものがあると思います。
 また、ハロウィンには、仮装した子供たちが「Trick or Treat!」(お菓子をくれなきゃ悪戯するぞ)と言って、家々を周る風習があります。言われた家の人は、悪戯されたくないので、「Treat」や「Happy Halloween」と言いながらお菓子をあげます。
これには、中世ヨーロッパで祭りの食料の残りを子供たちがもらって歩いたとか、修道僧が家々を回って食糧を分けてもらいながら、死者達に祈ったからなど、様々な説があります。
私たち日本人は、生活の中で様々な国の行事やお祭りを意味をあまり考えずに取り入れて楽しんでいることが多いですが、その由来を調べてみると、より行事が特別なものになってくるのではないでしょうか?皆さんも是非秋の実りに感謝しながらハロウィンを楽しんでみてください。
ちなみに、今「旬」である いも・くり・かぼちゃにはこの時期不足しがちなビタミンがたっぷり含まれています。特にいも類に含まれているビタミンCは、こわれにくく、風邪の予防にぴったりです。しっかりと食べて元気な体をつくりましょう!!