当たり前!? 11月28日(金)

 先日のバザーは皆さんお疲れ様でした。
 さて、バザーも終わり、今年もあと一か月となりました。今年はスポーツで盛り上がった年でした。最近ではテニスの錦織選手が世界を舞台に大活躍しました。また、6月にはサッカーのワールドカップもありました。観戦して盛り上がった人もたくさんいると思います。
 スポーツの話題で11月というと、私には忘れられない出来事があります。「ジョホールバルの歓喜」という言葉を聞いたことがありますか。サッカーが好きな人ならすぐにわかると思います。今から17年前の1997年11月16日、日本が初めてワールドカップ出場を決めた日です。今でこそワールドカップ出場は当たり前になっていますが、それまでは日本がワールドカップに出るということは夢のような話でした。17年前ですから、皆さんが生まれてからずっと日本はワールドカップに出続けていることになるので、皆さんにとっては出て当たり前と思うのが自然だと思います。しかし、その当たり前になるまで、とても長い道のりがありました。初めて予選に参加した1954年から10回目の挑戦でようやく本大会出場を果たすまでの長い間、努力し続けた歴史があることも知ってほしいと思います。そして、今度は決勝トーナメント進出が当たり前になるように今も挑戦が続いています。
皆さんにとって今、光塩での生活は当たり前だと思いますが、今のこの当たり前の生活も皆さんの過去の積み重ねが作ったものだと思います。そしてこれからの生活は今の努力が作っていきます。
 中3、高3の皆さんの中には、すでに合格している人もいますが、これから受験を控え、現在受験勉強に必死に取り組んでいる人もいます。この時期になると3年生からよく聞く言葉があります。「もっと1,2年のときにちゃんと勉強しておけばよかった…」また、大学や専門学校に進学した卒業生からも同じような言葉をよく聞きます。怠けていた自分への後悔の言葉ですが、考えようによっては、この言葉は今、頑張っているからこそ出る言葉だと思います。
 勉強に限らず、皆さんが持っているそれぞれの目標、夢をかなえるためには当然、努力が必要です。これから受験を控えている人はもちろんですが、合格、内定が決まった3年生や1,2年生の皆さんも、将来、当たり前になる生活がより良いものになるために今できること、やるべきことに全力で取り組んでほしいと思います。

ミニジャンボリーボランティア 11月24日(月)

 山口市阿知須で開催されたきらら浜ミニジャンボリーに本校の生徒10名がボランティアとして参加しました。
 PR活動をしたり、小学生を対象にした英語教室で簡単な英語を教えたりと積極的に活動しました。英語教室では最初は緊張気味でしたが、回数をこなすたびにだんだん慣れてきたようで、小さい子供たちも楽しめるよう自分たちで場を盛り上げながら楽しく授業を行いました。

バザーの思い出 11月21日(金)

 私は光塩小学校の卒業生です。
 小学校の思い出といえば、生利先生とサッカーをしたこと、油谷青年の家に合宿に行ったことなどたくさんありますが、一番の思い出はやはり光塩バザーです。
 あの頃の私は魚釣り、輪投げ、ボーリングなどにはまり、自分の休憩時間には友達と何度も行って楽しんでいました。また食堂ではおいしいうどんとカレーを食べたことを覚えています。
 そして今、光塩の先生として12回目のバザーを迎えます。
 毎年たくさんのお客さんや生徒のみなさんの笑顔、一生懸命働いている姿に元気づけられて仕事をしていますが、時には、お客様からの苦情があったり、トラブルがおこることもありました。私はこんな時をチャンスととらえ誠心誠意お客様と接することを心がけています。当日はいろいろなお客様が来られますが、一人ひとりに来てくださった感謝の気持ちで接しましょう。
 明後日のバザーでは皆さんと一緒に楽しく充実した一日を過ごしたいと思っています。

祝 卓球部女子 県大会ベスト8

 卓球部女子団体 県大会ベスト8

 平成26年度 山口県体育大会卓球競技(高校の部)
 女子団体 ベスト8(16年ぶり)
 男子シングルス 9位(1年 藤村君)

中学校オープンスクール 11月15日(土)

 11月15日(土)に中学校のオープンスクールが行われました。学校説明の後、授業参観、そして全校による合唱を披露しました。そのあと小学生は科学工作づくりを行い、CDとペットボトル、風船を利用して空気の力でものが浮くことを学びました。

希望の光 11月14日(金)

 今月は開校記念日のミサから始まりました。
 この式をとおして、私たちがこの学院の中で、どのように成長していくべきか皆さんも確認できたと思います。11月1日に学院の創立を記念することは、ただ過去の伝統を守っていくことだけではなく、新たな出発を祝う節目でもあると思います。創立から63年たった今年も、そして来年も光塩の精神、良き伝統が守られ、また新しい風を取り入れながら学院が引き継がれていくのです。私は、ミサの終わりに皆さんが歌った「ハレルヤコーラス」を聞きながら、皆さんの力強さに感動し、とても満足することができました。そして皆さん一人ひとりを光塩の生徒として誇りに思い、今月のテーマである「希望」を感じることができました。
 
 また、11月に入りバザーの準備も本格的に行われています。バザーの仕事を喜んで手伝ってくれる皆さんの気持ちの良さにも感動しています。この時期になると、亡くなられたSr.佐藤元校長先生が言われていた「特に私立学校は、生徒・保護者・卒業生・地域の方々の支えがあって成り立っている。それを一番感じることができるのがこのバザーです。私たちはそれをしっかり理解しなければいけません。」という言葉を思い出します。一つの行事を成功させるためには準備から後片付けまでをきちんとやり遂げることが大切ですが、それに加えて、行事をみんなで成功させようという意気込みや前向きな姿勢が求められます。これは私たち一人ひとりの心の問題で、どういう気持ちや思いでそれに取り組むかによって、結果は大きく変わってきます。光塩バザーの由来は既に皆さんも知っているとおり「自分たちの学校を自分たちの手で作っていこう。」と始められたのがこのバザーです。これが年々受け継がれ、保護者の方々や卒業生・地域の方々がたくさん協力してくださっています。私たち教職員も含めて、今、学院にかかわっている人たち皆が、23日のバザーに来てくださる多くの方々に喜んでいただくと共に、これまで学院のために尽くしてくださった方々に感謝の気持ちを込めて、気持ちよく働く一日にしたいと思います。

 今月の学院のテーマは「希望」です。
 希望という言葉を聞くと、私たち個人としての望みを思い浮かべますが、今月はそこだけにとどまらず、もう少し広がりをもって、クラスとして、学校として、家族として、社会としての希望を見出していく月にしたいと思います。嫌なこと苦しいことがあると私たちはすぐに絶望的なことへと考え方が変わってしまいます。しかし、そんな時ほど心の奥深いところに必ず皆が持っている「希望の光」を信じながら努力していく月にしていきましょう。

萩ふるさとまつり 書道パフォーマンス 11月8日(土)

 萩ふるさとまつりで書道パフォーマンスを行いました。
 3年生はこの日で引退ということもあり、今までの集大成の場でもありました。
 卒業生や地域の方々などたくさんの人に見ていただきました。
 勢いのある作品になったと思います。

高2 手話講座 11月6日(水)

 H.Rの時間に萩椿会より講師の方をお迎えして手話講座を行いました。
 まずは身近なものをイメージから身ぶり手ぶりで表すゲームに挑戦し、それが手話ではどう表現されているのかを教えていただきました。また、数の表し方や名前の表し方などを教わり、互いに名前を尋ね合ったり挨拶の練習をしたりと、楽しみながら手話に触れることができました。

中学校音楽会 11月6日(木)

 萩・阿武中学校音楽会が萩市民館で行われました。本校の生徒は「未来へ」「COSMOS」を歌いました。
 朝や放課後の練習を熱心に行い、その成果が発揮されました。音の強弱や響き、言葉の意味をかみしめながら表情豊かに歌いあげることができました。
 その後光塩幼稚園に立ち寄り、園児の前でも歌を披露しました。

萩市民音楽祭 11月3日(月)

 11月3日(月)、第23回萩市民音楽祭が行われ、萩光塩学院吹奏楽部も中学生、高校生の部員が息を合わせて2曲を演奏しました。市民館のステージでの演奏は市民の皆様に日頃の練習の成果を披露する良い機会となったようです。緊張しながらも、皆一生懸命演奏に取り組んでいました。また、音楽祭では本校卒業生の長岡あゆみさんの記念演奏も行われ、文化の日にふさわしい一日となりました。

中学校通信 11月号

中学校通信11月号です。
Sr.真神がいらっしゃいました!
ハロウィンパーティをしました☆
左の写真をクリックするとPDFが開きます。


開校記念 ミサ 11月1日(土)

 萩カトリック教会で、開校記念のミサが行われました。
 教会でのミサだったために、厳粛なムードの中、神聖な式となりました。
 全校生徒による数々の歌やハレルヤコーラスは、美しく教会に響き渡りました。
 その後エリザベト音大生による「木管五重奏」のコンサートが行われました。
  透明感のある音色や本物の楽器と音楽にふれることができ、清らかで澄み切った演奏に癒された時間となりました。