2学期終業式 12月19日(金)

 2学期の終業式が行われました。
 2学期は行事の多い学期であり、生徒一人一人が多くの場で活躍し、成長することができたのではないかと感じます。
 3学期も人を思いやる気持ちを大切にし、周りの人と協力し、自分の力を発揮できるように、一歩ずつ前に進んでいきたいと思います。

中学校通信 2学期特別号

中学校通信冬休み特別号です。

2学期の総括です
左の写真をクリックするとPDFが開きます。


心の持ち方 12月19日(金)

2学期終業式 校長先生のお話


 


 いよいよ今年も残りわずかとなりました。中3・高3の受験を控えている皆さんは、今、全力で受験勉強に頑張っていることと思います。すべてはこれからの一ケ月にかかっています。しっかりと努力してください。
 全校生徒の皆さんは、その都度朝礼でも話してきましたが、今学期は、体育祭・開校記念日でのハレルヤコーラス・バザーでの活動・昨日のキャロルコンクール等、本当に立派な姿を見せてくれました。皆さんは真剣になって一生懸命取組めば、とても素晴らしい力を発揮する生徒たちです。自信を持って日々を過ごして欲しいと思います。
 さて、この一年を振り返ると、皆それぞれに目標を持って臨んだ一年であったと思います。うまくできたところもあれば、そうでないところもあったと思いまが、私は『うまく行く、行かない』は、気持ちの持ち方次第だと思います。「敦煌」や「風林火山」などを書いた有名な小説家である井上靖さんの言葉に「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。」というものがあります。「~がないからできない」「~は~誰だれのせいだ」何かにつけて愚痴や不満ばかり言う人がいます。もちろん、不満は誰にでもあるものです。しかし、不満や文句ばかり言い続けて成功した人はいません。努力不足による力不足を正当化するために、他人を責めるのが不満であり、愚痴の大部分です。不満ばかり言ってモチベーションが上がるはずがありませし、モチベーションが上がらなければ努力もできません。不満は自分のためにもよくないし、周囲にもいい感じを与えません。
 逆に希望を語る人はどうでしょう。希望を語る時は、たいていの場合、それに近づこうと努力をしています。希望がやる気を、やる気が努力を引き出すのです。そして努力しているときは意外と不満は言わないものです。また周囲の受ける好感度も違います。不満は言ってもさっと切り上げ、前向きになれる人は好かれ、尊敬されます。言い換えると「希望を語る人は努力をし、人にも好かれる」「不満を語る人は怠け、人にも好かれない。」と言えるのではないでしょうか。さて皆さんはどうですか?不満ばかり言ってはいませんか?私は中学生・高校生の皆さんだからこそ、先を見つめながら明るい希望をたくさん語って欲しいと思います。
 この一年、言い訳ばかりをしたり、文句ばかりを言ったりして素直になれなかった人、逃げてばかりいた人。その時は楽かもしれませんが、皆さんの素晴らしい才能を自分で消していることに気づいて下さい。ぜひ1年の締めくくりを機会に自分の心の持ち方を振り返ってほしいと思います。心の持ち方を客観的に認識し、軌道修正できることは人間の成長に最も大切なことだと思います。自分の心の持ち方を見直すことを今年最後のお願いにしたいと思います。
 これから冬休み、宿題も課題もたくさんあると思います。しかし、「できない」とか「なんで?」とか不満のみを持つのではなく、「やればできる」と前向きな姿勢で臨んで欲しいと思います。再度言いますが「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。」保護者懇談では、担任の先生から皆さんの現状と一年の総括を含めた指導があったと思います。それを謙虚に受け止め、今、自分に何が必要なのかをよく考え、粘り強く実行してほしいと期待しています。
 有意義な冬休みになることを願っています。


キャロルコンクール クリスマス祝 12月18日(木)

 今年は体育館建設中のため、萩カトリック教会でキャロルコンクールとクリスマス祝が行われました。
 キャロルコンクールは、各クラス様々な工夫があり、聖堂によく歌声が響いていました。
 クリスマス祝では、生徒による朗読でクリスマスの意義を伝えられました。

 午後から行われた校友会主催のお楽しみ会では、○×クイズや担任の先生によるプレゼント争奪じゃんけん大会、ビンゴゲームなどで楽しいひと時を過ごしました。

中学校 クリスマス会 12月16日(火)

 中学校クリスマス会がありました。サンタになりきったユーモアある司会の中、クリスマスにちなんだ「クイズ」や「ジェスチャーゲーム」、メキシコのゲーム「ピニャータ」で大いに盛り上がりました。最後にプレゼント交換をし、ティータイムではもらったプレゼントを見せ合うなど笑顔あふれるクリスマス会となりました。

中学校 練成会 12月16日(火)

 李神父様にお越しいただき、練成会を行いました。たとえ一人の小さな祈りでもそれが大きな何かにつながることや、その「祈り」はひとのためだけでなく自分のためでもあるとお話されました。「愛」「有難う」「休」などの身近な漢字の成り立ちや意味についてのお話など、みんな真剣に聞きました。

高3 練成会 12月16日(火)

 林神父様をお迎えして、練成会を行いました。
 「かけがえのない自分という存在」「仲間の大切さ」など、普段何気なく過ごしている生活の中に、大切なことがたくさん含まれているということを考えることができました。


高1 コース説明会 12月16日(火)

 高1に対しコース説明会が行われました。それぞれのコースから説明があり、生徒は進路選択のため真剣に聞いていました。

からふるボランティア 12月15日(月)

 萩市椿東にある「からふる」にボランティアに行ってきました。
 壁の落書き消し、窓ふき、おもちゃの消毒をしました。

2学期 クラスマッチ 12月15日(月)

 2学期末テストも終了し、クラスマッチが行われました。
 体育館がないため、外でキックベース、武道館で卓球の競技を学年別にチームを作り戦いました。
 寒い中でしたが、楽しそうな声が響いていました。

中学校 保健指導・スポーツ大会 12月13日(土)

 養護教諭の久保先生による生活習慣についてのお話がありました。普段の何気なく過ごしている毎日の生活習慣や食習慣をアンケートで再確認することができました。最後に、栄養バランスやカロリーを意識したオリジナル弁当を考えました。
 

 その後、グラウンドでスポーツ大会が行われました。寒空の中、サッカーとソフトボールをしました。


はぎ園ボランティア  12月12日(金)

 12月12日(金)、大井にある特別養護老人ホーム・オアシスはぎ園を訪問し、車イスやいすの汚れを落としていきました。今回も園の方が準備、協力をしてくださり、スムーズに作業を進めることができました。3年生は今回が最後のボランティアになります。3年間萩園を訪問した生徒もおり、帰るときには名残惜しそうな様子も見られました。


1年の締めくくりに

 12月カトリック教会では、クリスマスまでのこの時期を『待降節』と呼んでいます。『待降節』とは、「主の降誕を待ち望む期間」という意味です。今年のクリスマスが、私たちの、そして世界の人々の平和と喜びになるよう、日々の生活を整えながら、しっかりと心の準備をしていきましょう。

 さて、先日の光塩バザーは天候にも恵まれ、大勢のお客様が来てくださって大盛況でした。バザーの日は、私たち在校生や教職員だけでなく、中学・高校の保護者の方、幼稚園の父母の会、同窓会、そして卒業生の保護者など多くの方々が支えてくださり、この学院をとおして生まれた『つながり』の深さに改めて気づかされた、素晴らしい一日でした。

 ビスケットづくりから始まった準備、当日のキビキビとした姿と笑顔、そして後片付けまでをしっかりとやり遂げた皆さんは、この一カ月で確かに成長していると感じました。
 ひとつの例ですが、準備の時は指示待ちだった中学生が、片付けの時は自分から「先生、次何かやることはありますか?」と積極的に行動しようとする姿に変わっていたそうです。バザーの成功は、生徒の皆さんや先生方の努力と多くの方々協力の賜物です。『光塩』が地域の方をはじめいろいろな人によって支えられていることに改めて『感謝』の気持ちがわいてきました。学校は、その中で生活する私たち一人ひとりの行動・言葉によって評価されます。地域の方々に喜ばれ、卒業生がいつでも誇りに思える光塩に、そして毎日を過ごしている私たち自身が前向きに学んでいける学院にしていきましょう。

 今月の学院のテーマは『感謝』です。今年2014年もあとひと月を残すだけとなりました。今年あったたくさんの出来事に感謝して、1年間を振り返る月にして欲しいと思います。私たちは時に人の悪口を言ったり人を責めたりすることで、自分の正当性を表現し、存在感をアピールしがちです。しかし、悪口を言ったり責めたりした後は、必ず心の中に何かモヤモヤしたものが残ります。私は皆さんに、自分と合わない人を責めるのではなく、自分を支え助けてくれた人に感謝しながら毎日を歩んで欲しいと願っています。友だち・家族・先生方に感謝しながら一年を締めくくりましょう。

中学校 校友会選挙 12月3日(水)

 中学校校友会選挙が実際の選挙で使われる記載台や投票箱を使い、同じ流れで行われました。ありました。会長に2名、副会長に2名立候補し、学校をより良いものにしたいとそれぞれの熱い思いを込めた演説を行いました。

平成27年度 中学校生徒募集要項

平成27年度 萩光塩学院中学校 生徒募集要項です。
左の写真をクリックすると、PDFが開きます。


高2 至誠館大学訪問 12月2日(火)

 総合的な学習の時間に至誠館大学を訪問しました。生徒たちは演習室や体育館で実際に講義を受けたり、学食を利用したりして大学の雰囲気を味わうことができたようです。
 今回の訪問をこれからの進路選択の参考にしていってほしいと思います。