中学校 ケータイ安全対策研修会 1月27日(火)

 中学生は全校で市民館に行ってきました。ネット社会とのつきあい方についてKDDI株式会社の大久保さんによる、ケータイ安全対策研修会に参加しました。
 スマートフォンやオンラインゲームの普及によって、さまざまなことが便利になる一方、多様なトラブルが生じていることを実例を通して教えてくださいました。
 ちょっと立ち止まって考える「思考力」をつけることで上手にスマートフォンとつきあい、危険から身を守るという話に皆、メモを取りながら真剣に聞いていました。

祝 山陽小野田市近郷卓球大会 優勝!!

 第39回山陽小野田市近郷卓球大会 高校2年生以下の部

  女子ダブルス  優勝(蜷川・中谷組)
  女子シングルス 優勝(2年 蜷川さん)
  女子シングルス 2位(1年 中谷さん)
  男子シングルス 2位(1年 藤村君)

  これからの活躍も期待しています!

心とからだを鍛える 1月23日(金)

 インフルエンザがはやっています。私もうがいや手洗いをして気をつけていますが、かからないか心配しています。
 予防接種を受けている人もいると思いますが、インフルエンザの予防接種に使うワクチンは、毒性が弱まったウイルスを使って作るそうです。これが体内に入ると免疫系に認識され、その後に生きたウイルスが入ってきても、それをやっつけてくれるようになるのです。インフルエンザだけでなく、人間は体内に悪いものが入ってきても次回からはそれに対抗するような力を付けるようにできているのです。
 同じようなことが人間の筋肉でも起こります。筋肉は腕立て伏せやランニングなどのトレーニングを行うと、それに耐えられるようにだんだんと強くなっていきます。また、それに伴って骨も丈夫になってきます。反対に、何もしないでばかりいると筋肉はどんどん衰えていきます。無重力状態で力を余り使わない宇宙飛行士は、筋肉が30%も減ることがあるそうです。
このように人間の身体は、異質なものを受け入れたり、負荷を与えることで強くなります。
 人間の心も同じです。めんどくさいとかいやだとか言って毎日楽なことばかりしていては、心は成長しません。嫌いなものを食べたり、家の手伝いをしたり、本を読んだり、勉強したり、部活動を頑張ったり、ボランティアをしたりなど、やったことがないこと、やりたくないこと、苦手なことをあえて頑張ってみましょう。新しい経験や苦労を積み重ねることによって、心が成長し強くなります。いろんなものの見方ができるようになります。知識が広がります。少々つらいことがあってもがんばれるようになります。周りの人にやさしくできるようになります。
 2015年はまだ始まったばかりです。去年やらなかったことを何か一つ、いまから始めてみましょう。

暗黙の約束事 1月16日(金)

 2015年が始まって2週間が経ちました。今年はいろいろな意味で節目となる年です。
 第二次世界大戦で日本が敗戦国となってから70年。映画バック・トゥー・ザ・フューチャーが公開されてから30年。この映画のPart2の主人公は、2015年ちょうど今年の世界からタイムマシンに乗ってやってきました。阪神・淡路大震災から20年。そして2020年東京オリンピックまであと5年。
 私たちは過去の歴史を振り返りながら、同じ過ちを繰り返さないために、そして輝かしい未来を構築していくために、これからどのように歩んでいくかべきか真剣に考えていかなければいけません。その中心になるのが、今、中学生・高校生である皆さんです。そのことをしっかり理解しておいて欲しいと願っています。
 さて、今月の学院の目標は『平和』です。私たちは誰もが安心した住みやすい社会、つまり世界の平和を願っています。しかし、最近の日本や世界の動きを見ていると、どんどん平和から遠ざかっていくのではないかと不安を感じてしまいます。平和な社会を築くためにどんなにたくさんの規則をつくっても、私たちが安心して生きていく社会になるには難しいものがあります。法律や規則よりも、私たちの身近な生活の中に、人と人とのかかわりを円滑にし、心豊かに生きていくための秘密があるように思います。
 私たちの生活の中には、長い歴史の中で培われてきた暗黙の約束事がいくつかあります。
 親や年上の人を敬うこと。友達の家などを訪問する時の心得(例えば、あいさつをするとか、靴をきちんとそろえる)など、マナーや作法といわれるものです。これらは法律で決められているわけでもなく、守らなくても罰せられることもありませんが、人としてすべきことではないでしょうか。
 これらに反する行為は、人間同士のかかわりの中で相手を不快にしてしまいます。そして、その人の常識が疑われ、信用を失うことにもなりかねません。
 マナーや作法は、相手を大切にし、失礼のないように、そして円滑な人間関係が築けるようにと昔からの先人たちの願いと知恵が詰まっているのです。
 自分の言葉使い、身だしなみ、態度が、中学生として、高校生として、その年齢にふさわしいものであり、相手を自分と同じようにかけがえのない人として大切にして接したとき、そこに平和が生まれてくると思います。
 今年一年、私たち一人ひとりがマナーや作法・礼儀を心がけ、自分の周りから平和が生まれてくるよう努めていきましょう。

カルタ会 1月8日(木)

 中学校・高校の全校生徒によるカルタ会が行われました。
 今年は理科室、集会室、中学校の各教室、音楽室と分かれて競い合いました。

3学期始業式 1月8日(木)

 3学期の始業式が行われました。
 先日より来日しているシスターにも出席していただきました。校長先生のお話の後、シスターメリーアンの話をシスター弘田に通訳していただきました。


校長先生のお話

【3学期始業式】

おはようございます。そして、新年おめでとうございます。
さて、皆さんはどのようなお正月を過ごしましたか?私は、1月2日に成人式に出席し、新成人の門出を祝うことができました。とてもうれしい1年のスタートをきることができたと思っています。
 新学期をスタートするにあたって、中3・高3の皆さんは、間近に迎える入試、あるいはもう少し先の卒業後の歩みについて。中2・高2の皆さんは、最高学年に向けての準備の時期に。中1・高1の皆さんは、4月以降に学んだことを振り返りながら1年間のまとめをしてください。
やらなければいけないことを確実に行って欲しいと思います。
今学期は厳しい寒さの中での学習、部活動となります。3学期の学習時間は多くはありません。常にそのことを意識しながら、しっかりとした体調管理をしてください。発熱やかぜ、けが等は避けたいものであり、自らの体調管理は基本的なことです。欠席することなく、元気に3学期を過ごしてください。
 先日、本校を卒業された方と話す機会がありました。「本校の生徒の様子でお気づきのことはありませんか」と尋ねると、「大丈夫ですよ」と答えていただけました。しかし、「今時の学生さんだからね」という言葉もついていたのです。この言葉の裏には「もう少しこうあって欲しい」という思いがあったと思われます。いろいろなところで、いろいろな立場の本校関係者が、いろいろな思いを持っておられます。「中学生・高校生だから」と甘えることなく、すばらしい生き方を貫いて欲しいものです。
 さて、皆さんも既に承知のことと思いますが、今年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」が1月4日から始まりました。皆さんはこのドラマを見られましたか?この大河ドラマは、吉田松陰先生とその妹文さんを中心に、困難を乗り越えていった杉家の強い絆と、松陰先生の志を継いでいった若者たちの青春群像を描いたものです。昨年から萩市内で撮影も行われていました。NHKの大河ドラマの影響力はかなりのものです。今年は日本全国に「萩」の名が広まり、全国から多くの方が萩を訪れると思います。萩で生きる私たちは、先人の築いてくれた歴史にあぐらをかくことなく、それを礎として、さらに大きなものを築いていかなければいけません。萩のすばらしさを外へ発信するいい機会でもあります。私たち萩光塩学院においても同様です。63年の歴史にあぐらをかくことなく、生徒の皆さん、我々教職員それぞれが、さらに大きなものを築き上げていかなければならないと考えます。
日々の生活の中で、萩市民として、萩光塩の生徒として恥ずかしくない、堂々とした振る舞いをしていきましょう。
 それぞれの学年を締めくくる充実した3学期となることを願っています。


シスターメリーアンのお話
KOEN JUNIOR/ SENIOR HIGH SCHOOL END OF SEMESTER CEREMONY

Ohayou gozaimasu! Good morning to each of you, most especially to the director of Koen, all the staff members and students of the Junior and Senior High School.

It is an honor for me to have been invited to share some reflections with you at this end of semester ceremony. I am most grateful for this invitation. However, when it first came to me, it was both a surprise and challenge. My first wondering was “Whatever will I say to these young people?” The invitation came with a directive for a topic…” What would I expect from young people today?” It is an interesting topic and one that needs thought and serious reflection. And, at the same time, it is not an easy one.

We live in a very complex and beautiful world and right now, 2015, we live at a critical moment in our earth’s history. Our world is becoming increasingly more interdependent and at the same time, more fragile. With greater mobility than we have ever experienced in our history, plus the migration of peoples for a variety of reasons in all parts of the world, we now live in the midst of a magnificent diversity of cultures, religions, and traditions. In the midst of this, it is crucial that we recognize that we are one human family and one Earth community.

There are many challenges that deeply affect the meaning of life and the dignity of human beings. Poverty and world hunger, wars and growing militarization, immigration of people to find work and provide for the basic necessities of life, new slaveries that break the human spirit, plus global warming and ecological imbalance, all these threaten our ability to live together in peace. It is necessary to reflect and re-think the meaning of our presence in the world, to re-discover the unity among us as members of one human family, as brothers and sisters. In the global world in which we live, the problems that face humanity are inter-connected … and cannot be dealt with separately. I am sure you have studied about these things in some of your classes.

Interconnection, interdependence is part of this new world that is awakening. All over our planet there are wonderful movements for peace, for non-violence, for food for all peoples, basic human rights, financial justice, for care of our mother earth. There are vast global and human networks searching for and working towards an alternate way of living, an alternate world… one that is more human, more just and more humanizing for all peoples. There are thousands of people all around our world striving to build bridges of communication, dialogue and to take action for peace.
Right now, you are probably wondering why I am speaking about all these things to you. Well, you are the future of our world, and of our entire planet. You are ending a semester, moving on in studies … some of you will be completing your years here at Koen very soon and move on to University. Remember the topic??? What do I expect of young people today? Well, after lots of reflecting, I realized that what I most expect is that you live up to the name of your school…KO EN … Salt and Light. My deepest desire and hope is that you will be salt and light in our world. What does it mean to be “salt and light” in our world … the world just described to you?

Salt gives flavour and taste to our food making it delicious. We use it for a number of other things also. For me, to be “salt” means to “make a difference” in our world. To choose to make a difference… to give oneself to something you truly believe in, something that will help others, something that will build a better world for all people, something worth dedicating your one precious life to unconditionally. I do not know what that is … that is for you to search for and to discover. It is that something that will make life worth living … and that ultimately will make you happy also. There are thousands of young and not so young people volunteering their time and energy to help others … they feed the hungry in soup kitchens, help immigrants find employment or learn the language of their new country, others read to the blind or tutor children who need extra help, still others spend time with the elderly and forgotten people of their societies. Making a difference means reaching out to someone who needs help … reaching out of yourself to offer another your presence.

To be “light” has to do with allowing your talents, values and gifts to shine … to not be afraid of being who you are and sharing all you have been given with others. It means being a person for others … not closed in on yourself, your own needs, wants and desires. It means living with a broad horizon that includes others, opens to others needs and connects with other people. It is during your years here at KO EN that you are learning about your talents, intellectual aptitudes, physical abilities, artistic gifts… and you are learning to be a “person for others”. Our talents and gifts are not given for ourselves alone … they are given for others. You cannot put them “under a bushel basket” … they need to shine as you use them for others. Our globalized world offers many opportunities to be LIGHT, especially if we choose to work towards alternatives for a more human world. It means cultivating a sensitive, compassionate heart towards human suffering in all of its forms … it means overcoming our fears and prejudices in the face of diversity … and it means being tender, loving and just, in all things.

It is important to realize that being “SALT” and “LIGHT” begins right now … not only in the future. It begins with your fellow classmates, your families, your friends and those you may not even know but you come in contact with at times. You can begin today to “make a difference” and to be a “person for others” wherever you are. It can be as simple as a smile or offering a helping hand to someone who is alone. You will need to think about it … and see what this might mean for you in your everyday life now and into the future. I promise you… it will be worthwhile.

And, now, I would like to conclude with a short story. It is a favourite of mine since I spent most of my missionary life in Micronesia, close to the ocean. Perhaps you have heard it before since it has been around for a while. Even if you have heard it, it is worth listening to again … its’ meaning is profound. It begins as all good stories…

“Once upon a time, there was a wise man who used to go to the ocean to do his journal writing. He had a habit of walking on the beach before he began his work.
One day he was walking along the shore. As he looked down the beach, he saw a human figure moving like a dancer. He smiled to himself to think of someone who would dance so early in the day. So he began to walk faster to catch up.
As he got closer, he saw that it was a young woman and the young woman wasn't dancing, but instead she was reaching down to the shore, picking up something and very gently throwing it into the ocean. As he got closer he called out, "Good morning! What are you doing?"
The young woman paused, looked up and replied, "Throwing starfish in the sea." The man said, "I guess I should have asked, why are you throwing starfish in the ocean?"
"The sun is up, the tide is going out, and they are caught on the shore. And if I don't throw them back into the sea, they'll die."
"But, young woman, don't you realize that there are miles and miles of beach, and starfish all along it. You can't possibly make a difference!"
The young woman listened politely. Then bent down, picked up another starfish and threw it into the sea, past the breaking waves and said, "It made a difference for that one."
Author Unknown
There is something very special in each and every one of us… in you, in me, in all of us. We have all been gifted with the ability to “make a difference” in our world and for others’. And if we can become aware of that gift, we gain through the strength of our vision, the power to shape the future. We must each find our starfish. And if we throw our stars wisely and well, the world will be blessed.
Dear students of KO EN… be SALT, be LIGHT …be a person for others and make a difference with your lives!
Arigatou gosaimas … thank you!