富岡町研修ツアーに参加して 2月27日(金)

 私は、昨年の夏 福島県の沿岸部にある富岡町へ出かけました。
 2011年3月11日、福島県の沿岸部も大地震とその後大津波に襲われました。ここには東京電力福島第一原子力発電所と第二発電所があります。福島第一原発は原子炉を冷却する電力を確保できなくなり、3基の原子炉で爆発が起こり、大量の放射性物質が大気中にまき散らされ、深刻な被害を引き起こしました。

 富岡町は福島第一原発から半径20キロ圏内にあり、大地震の翌日から全町民に避難命令が出ました。
2年近く町内への立ち入りは制限されていましたが、今は日中の立ち入りが認められ、町民の帰還に向けて土壌や建物に付いた放射性物質を取り除く『除染』が始まっています。福島の被災地に関心があった私は、富岡町に行く2つの研修ツアーがあることを知り、両方とも参加することにしました。実際に富岡町にいたのはそれぞれ2時間から2時間半程度でしたが、2回目は何か所かを歩いて回りました。
 
 海岸沿いの津波に襲われた、JR富岡駅はホームの鉄骨はぐにゃぐにゃに折れ曲がり、電線も垂れ下がったままでした。近くの住宅では、家のど真ん中に白の軽トラが飛び込んでいました。避難誘導にあたった2人の警察官が乗っていたパトカーは、ぺちゃんこにつぶれ、それがパトカーとは信じられませんでした。
 
 内陸部に行くと、地震で倒れたり被害を受けた建物もありましたが、何の被害も受けていないように見える建物もありました。町の中心部にある町役場や町民センターはとても立派で、個人の住宅も新築や大きな家が多く、富岡町が豊かな町だったことが分かります。

町の北にある「夜ノ森」地区にも行きました。ここは桜並木が有名でした。今は住宅街の真ん中に、延々と鉄製のフェンスや鉄パイプで作られたバリケードが続いています。このバリケードから先は、
「帰還困難区域」です。「帰還困難区域」とは、放射線量が非常に高く、今後も長期にわたってもどることが難しい地域です。

 どこへ行っても住民は全くいませんでした。暑い夏の日で、セミや鳥のにぎやかな鳴き声が聞こえ、のどかな景色なのに、今この町にいるのは、私たち研修ツアーのメンバーと作業で働いている人たちだけだと思うと、とても不思議な感覚でした。

 富岡町は農業がさかんで、広々とした田畑が広がっていますが、今は雑草が生い茂り、木が育ち始めた田んぼもありました。
田畑の表面の土は、放射性物質で汚染されているので、表面を削り取ります。その削り取った土は、大きな黒いビニール袋に詰められます。いたる所に仮置き場があり、数え切れないほどの袋が整然と積み重ねられていました。
 
私は岩手県大槌町に行ったことがありますが、大震災から1年半たった町では、がれきの大半は片付けられていました。
しかし、同じ被災地でも原発事故の被害を受けた地域は、3年半経っているのに復興は始まったばかりでした。

 被災地でよく聞く言葉が、2つあります。1つは、「私たちのことを忘れないでください」
もう1つは、「ここで見たことを、帰って伝えて下さい」という言葉です。

福島第1原発を完全に安全な状態にするためには、30年から40年かかると言われています。
富岡町をはじめ原発事故で避難した人たちがふるさとに帰るためには、本当に厳しい現実が待ち受けています。

もうすぐ、東日本大震災から4年が経ちますが、人々の関心は薄れ、風化が進んでいます。
同じ日本で、今も苦しんでいる人たちがいることを、わたしたちは忘れてはいけないと思います。

私たちにできることを、これから一緒に考えてみませんか。

コース・文化部発表会 2月21日(土)

 2月21日(土)萩市民館にて、コース・文化部発表会が行われました。
 ロビーには、各コースや文化部の作品が展示されました。
 ステージでは、萩市民館の大きな舞台で緊張しながらも練習の成果を発揮しました。

高3 テーブルマナー 2月17日(火)

 2月17日(火)、高3はテーブルマナーを学びにセントコアへ行ってきました。
 講師の方にマナーやナイフとフォークの使い方をクイズ形式でわかりやすく説明していただきました。コース料理を学びながらおいしくいただくことができました。
 また、食事の後にはサビエル記念聖堂の教会訪問も行い、サビエルの直筆の手紙や洗礼を受けた鐘など貴重な品を見せていただきました。

歌を歌うこと 2月20日(金)

 歌を歌うこと。みなさんはどう思っていますか。歌うことが好きな人、そうではない人。いろいろな人がいて当然だと思います。中には人前で歌うことは恥ずかしいと思っている人もいるのではないでしょうか。
 歌うことは自分の感情をさらけ出すこと、歌うことは伝えること。私はそう思っています。自分の内側にあるものを外に出すということは勇気がいります。だから、恥ずかしいと感じるのではないかと思います。
 しかし、私たちの生活から歌を切り離すことはできません。私たちは楽しいとき、うれしいとき、悲しい時でさえ歌います。友達の誕生日を祝ってhappy birthdayを歌い、結婚式では二人の幸せを願って歌い、Sr.佐藤の追悼ミサでは冥福を祈り歌いました。そこには感謝の気持ちもありました。
 「歌うことは生きること、歌うことは祈ること」この言葉は4年前の東日本大震災以降よく耳にします。歌うことで伝わる思い、聴くことで癒され、励まされる。歌は大きな力を持っています。
 今年度、皆さんはたくさんの歌を歌ってきました。その中でも、開校記念日のミサでの「ハレルヤ・コーラス」は本当に素晴らしかったです。皆さんの思いが全身からあふれ出し、聴いている人に感動を与えました。あの時はどういう気持ちでしたか。「一生懸命やっただけ」、「楽しかった」というだけでも、そこに前向きな気持ちが流れます。それでいいのです。恥ずかしくても、自信がなくても、どうしたら伝わるかと考えるなら、自然と声が出てくるのではないでしょうか。
 来週は高3、3週間後は中3の卒業式があります。卒業する3年生と、送り出す1、2年生。卒業式でのたくさんの歌をどういう気持ちで歌いましょうか。
 歌うことは伝えること。それぞれの思いを届けましょう。

2月のテーマは「愛」 2月13日(金)

 2月のテーマは“愛”です。
 先週、校長先生のお話で「愛をさぐってみましょう」と言われたのを覚えていらっしゃいますか?
 私は、あれから・・・“愛”って何だろうかと時々考えていました。

 ちょっと時間が経ちましたが、今年の元旦の新聞で、心に留まったこんな広告ページを見つけました。
 愛を考えていたとき、この新聞を思い出したので、紹介します。
 イメージしながら聞いてください。
 新聞の一面に大きな文字で、
「あなたは、大切な人。」

 目をとじる。家族の健康を願い、手をあわせる。
 年賀状をめくる。筆跡の向こうに、あの人の笑顔を思い浮かべる。
 ふと、久しぶりに同級生に電話してみたくなったりする。

 家族のこと、友人のこと、恋人のこと、
 かつての恩師のこと、お世話になったあの人のこと。

 ふるさとに帰れた人も、帰れなかった人も、
 日本中で、誰かが誰かを思っている。

 元旦は、大切な人を思う日。
 大切な人を思うことが、大きな力となって、
 新しい一年をスタートさせるのかもしれません。

 大切な人を、大切にする。
 そのことをあらためて心に刻むことから、2015年を始めます。

 元旦の新聞は、ページ数が多くて重いのですが、沢山の素敵な言葉がつまっていました。
 目に見える愛もあれば、目に見えない愛もあり、優しく感じる愛もあれば、冷たくて愛とは感じれとれないそんな愛もあるかもしれません。
「あなたは、大切な人」  愛をもって、人を大切に思い、物を大切に感じ、感謝し、大事に過ごしたいものです。

中学校 スキー体験 2月10日(火)

毎年恒例となっている中学校スキー体験学習を広島県にある「やわたハイランド191リゾート」で行いました。萩の市内とは違う白銀の世界に皆大興奮。初めてスキーをするという中1の生徒や1年ぶりという生徒も、午前中のグループ練習後は何度もリフトに乗りスキーを楽しんでいました。


中3 幼稚園実習 2月12日(木)

 中学校3年生は光塩幼稚園に保育実習に行きました。
 はじめのうちはどのように園児に接したらいいかとまどっていた生徒も、すぐになれ、優しい笑顔で話していました。
 日曜日に行われる発表会に向けてのリハーサルも見学させていただき、園児たちの演技や演奏に感動しました。
 園児たちの笑顔に癒された1日になりました。

祝 市民卓球選手権大会 女子ダブルス 準優勝!!

  萩市民卓球選手権大会

女子ダブルス 準優勝 蜷川・中谷組

女子シングルス四部 3位 中1岩本さん

これからの活躍も期待しています!

「愛」について 2月6日(金)

 暦の上では立春が過ぎて春を迎えたことになりましたが、まだまだ寒さが厳しい毎日です。
 高校3年生の卒業試験も昨日で終わり、別れの時も近づいてきました。高3・中3の皆さんにとっては卒業・そして次に来る新しい生活のために、よりよい準備の期間として今月を過ごして欲しいと思います。
 今月の学院のテーマは「愛」です。皆さんは「愛」についてどのように理解し、解釈しているでしょうか。また「お互いに愛する」という言葉を別の言葉に置き換えてみると、どのような表現ができるでしょうか。中学生・高校生の皆さんにとっては、愛=恋愛をイメージするかもしれませんが、愛とはただそれだけではないのです。
 正直、私自身今月のテーマ「愛」について、生徒の皆さんにお話しをするにあたっていろいろ勉強しました。本校はミッションスクールなので、聖書の中に「愛」について何と書いてあるかも調べてみました。そこには、私たちは友のために命を惜しまず尽くしていきたいこと、困っている人を見て、言葉や口先だけでなく行いをもって誠実にかかわること、愛はねたまず・高ぶらず・誇らないこと、自分の利益だけを求めないこと、愛には偽りがあってはならないことなどが述べられています。
 私なりの解釈としては、「愛」とは、相手を大切に思い・大事にすること、共に生きること、分かち合うこと、自分の物・時間などを人のために使うこと、自慢しないこと、他人を悪く言わないこと、自分の信念を貫くこと、自分より他者の必要性を優先させること、だと思います。つまり愛とは、私たちの平凡な毎日の生活の中での行為、小さなできごとひとつひとつに、私たちがどう向き合っていくかが問われているのです。
 私たち一人ひとりが、他者のためにできることは違います。悩んでいる友達に声かけをすること、間違った行為に対してははっきり意見を言うこと、ボランティア活動に参加することなど、「愛」の表現方法はたくさんあります。
 今月は、自分らしい「愛」の形を見つけ、それを言葉にしながら、「自分の周りに喜びと光をまく」生き方を探っていく月にしていきましょう。 

第2回 グローバルチャレンジフォーラム 1月31日(土)

 1月31日(土)、県セミナーパークで行われた第2回グローバルチャレンジフォーラムに、本校の中・高生約40名が参加しました。世界各国からボーイスカウトたちが集まる、第23回世界スカウトジャンボリーに向けた取り組みで、第1回に引き続き、多くの生徒の参加となりました。
 開会行事では、高等部2年生の末武さんが他校の3名の生徒とともに、自身の英語検定合格に向けたチャレンジ宣言とその成果について発表しました。
 午後の研修では英語を用いて交流するための表現を実践的に学んでいきました。県内の他校の生徒や留学生、国際交流員の方たちとともに活動したことで、生徒たちは多くの刺激をもらったようです。
 半年後に迫った世界スカウトジャンボリーでは本校にも各国のスカウトが来校し、生徒たちとの交流会が予定されています。また、生徒の多くが語学ボランティアとして活動することを目指しています。今年の夏、そして将来、世界の人たちと交流するための良い研修の機会となりました。