高等学校 卒業式 2月28日(土)

 春の訪れを思わせるような晴天の中、平成26年度萩光塩学院高等学校卒業式が萩市民館で行われました。
 校長式辞の中で「それぞれの場で、自分の足でしっかりと立ち、周りの人が何を望んでいるのか考えながら、自分らしく生きるための目標を持つことは大切なことです。そして、その目標に向かって進むとき、熱意と活力に満ちた日々を送ることができると信じています。」というお話がありました。その後卒業生、在校生ともに心を込めた、歌声が響きました。
 卒業生一人ひとりが夢を実現することを心から祈っています。  


校長式辞 『志・信念・熱意をもって』
                   校長  中村 柔道

 柔らかな春の日差しを浴びて、すべてのものに生命の躍動が感じられる今日の佳き日、多数のご来賓、保護者の皆様のご臨席のもと、平成二十六年度萩光塩学院高等学校、卒業証書授与式を挙行できますことは、卒業生はもとより、私たち教職員にとりましても、この上ない喜びです。心より感謝とお礼を申し上げます。

 三年生三十九名の皆さん、ご卒業おめでとうございます。柔らかな春の日差しを浴びて、すべてのものに生命の躍動が感じられる今日、皆さんは新たな出発の時を迎えました。今皆さんは、この学院での様々な出来事を思い出として振り返りながらも、希望と喜びにあふれていることと思います。
 この三年間、皆さんは「世の光・地の塩」の建学の精神の下で、日々の学習に、多くの行事に、そして部活動、ボランティア活動に若いエネルギーを力いっぱい使って、学院生活を満喫してきました。皆さんの笑顔とはじけるばかりの声、その一つひとつが、私にとっても大きな思い出です。個人的なことになりますが、皆さんが入学した当初、私は生徒指導主任・学年補佐として皆さんとかかわり、三学期には一年二組の担任となりました。担任として生徒とかかわることができるのは、これが最後かもしれません。二年生の時は生徒指導主任として、そして今年は校長として私自身も立場を変えながら、皆さんとかかわってきました。皆さんは、私たちを楽しませ、笑わせ、感心させ、時々悩ませながら、素晴らしいかかわりをもたらしてくれました。ある時は一緒に考え、ある時は教えられながら、私も皆さんと共に成長することができたことを本当に嬉しく思い、心から感謝しています。
 皆さんが、充実した高校三年間を送ることができたその後ろには、家族の大きな支えと励ましがあったことを今一度思い起こしてください。どんな時にも、皆さんの全てをありのまま受け止め、守り、これからもずっと見守ってくださる家族の愛を忘れない人であって欲しいと願っています。卒業の節目として、今日ご家族に心から感謝の言葉を伝えてください。
 三十九名の新たな出発にあたり、私は、皆さん一人ひとりが、これからどのような生き方をしていきたいか、はっきりとした目標をもって歩んでいくことを願っています。ホームルームで学院の精神を学び、宗教の授業や多くの学校行事をとおして、他者とのかかわりを学び、修学旅行では異文化を学ぶなど、自分を知ることと、どのような人にも真心をもって接し共に歩んでいくことの大切さをこの学院で学んできました。光塩を離れる皆さんが、それぞれの場で、自分の足でしっかりと立ち、周りの人が何を望んでいるのか考えながら、自分らしく生きるための目標を持つことは大切なことです。そして、その目標に向かって進むとき、熱意と活力に満ちた日々を送ることができると信じています。
 私たちの町萩市は、日本海に面した小さな城下町です。萩藩の藩校・明倫館や松下村塾にみられるよう、昔から「教育」を大切にしてきました。この萩からは高い志を持ち、熱意と活力に満ちた若者たちが数多く飛び立っていきました。このような環境の中に萩光塩学院はあります。今年は吉田松陰先生の妹「文」を中心とした大河ドラマ「花燃ゆ」が全国で放送されています。私はこれを機にもう一度萩と光塩の歴史について調べてみました。すると、そこにいくつかの共通点がみえてきました。松陰先生は、幕末の混沌とした社会の中にあって、国について、社会のあり方について、また自分自身の生き方について、「志」という言葉で目標をあらわし、それを実行に移しました。光塩の創立者マドレ=マルガリタも自身の生涯を教育と宣教に捧げ、大きな志をたてて今から約九〇年前にスペインを出発し、日本に来られました。二人は生まれた国や時代は違っても、国のため、人のために何ができるか考え、志と信念をもって行動した人たちです。そしてその大切さを「学校」をとおして後世の私たちにも伝えているのです。また、萩光塩学院の前身である修繕女学校の校長には松陰先生の兄・杉梅太郎、のちの杉民治の名もあります。私たちの学院はカトリック精神と故郷の偉人の志を引き継いだ学校なのです。
三年後の二〇一八年は、明治維新から一五〇年の節目の年であり、本校の設立母体メルセス会ができて八〇〇年に当たる記念すべき年でもあります。萩の歴史と光塩の歴史を継承し、私たちもこれらの先人にならって、可能な限り自分の目で確かめ、周りの人々から情報を得、状況を客観的に判断した上で、将来を見据えて行動していきたいと思います。皆さんもどうか志・信念・熱意をもって、この学院を飛び立ってください。
 終わりに、皆さんが入学した時の校長シスター佐藤も、今日の卒業を喜んでいらっしゃることと思います。シスター佐藤は萩光塩学院のために全てを捧げられました。闘病中も皆さんのことを心配し、学校での様子をよく聞いてこられました。今日の皆さんの門出を天国から、にっこりとほほ笑みながら祝福していることでしょう。
 卒業される皆さん、これまで光塩の生徒として学んできた「地の塩・世の光」の建学の精神は、皆さんがどこに行っても、どんな時でも目標を見失わず、努力し続けるだけの力と勇気を与えてくれるものです。これからの新たな出会いに向けて惜しみなく力を発揮し、「自分の周りに喜びと光をまく人」として活躍されることを祈念し、お祝いの言葉といたします。