修善女学校から萩光塩学院へ

 修善女学校は明治21年5月、真宗婦人会修繕講が西田町本願寺別院内に創立され、中村雪樹が初代校長となった。25年5月には杉民治が2代目の校長になった。
 明治26年、萩婦人会が設立され、学校もその経営に移されたが、維持困難のため明治29年5月いったん休校した。
 明治36年11月好生館を仮校舎として萩婦人会修善女学校と改称した。
 大正2年8月、江向添沖田に校舎を新築移転した。
 学校は昭和14年4月に修善高等家政女学校、19年4月に修善高等女学校と改称。23年4月「萩女子学園」として再出発した。旧制の修善高等女学校は翌24年3月をもって廃校。
 昭和27年2月、萩カトリック教会のヴィエラ神父によりカトリックメルセス会に引き継いで今に至るのである。