世界スカウトジャンボリー 地域プログラム学校訪問 8月4日(水)

世界スカウトジャンボリーのプログラムの1つとして、各国のボーイスカウトが県内の学校へ訪問し交流する企画がありました。本校は、スイス、ベルギー、アルジェリア(各国10名ずつ)から30名のボーイスカウトが訪問しました。本校生徒は語学ボランティア30名と有志の16名、計46名が参加し、交流をしました。 スカウトが到着してまず、書道パフォーマンスを披露しました。スカウトは興味津々で見入っていました。その後、生徒とスカウトでグループを作り交流をしました。自己紹介や凧作り、最後は全員でヨイショコショを踊りました。 スカウト、生徒はお互いに貴重な経験ができ、充実した1日を過ごすことができました。交流を通じて、国際交流の大切さや楽しさ、英語力を高めることの大切さを実感しました。