今月のテーマは「協力」9月11日(金)

【朝礼の言葉】

2学期最初の大きな行事である体育祭が終わりました。一生懸命走ったり演技したりする姿は誰が見ても好感がもてました。何より自分自身が精一杯やったという喜びや満足感を味わうことができたのではないでしょうか。
特に印象に残ったのは、応援合戦です。赤組・白組それぞれの応援や一体感はもちろんですが、それ以上に素晴らしかったのは、赤組が応援をしているときの白組の態度、白組が応援をしているときの赤組の態度です。相手の応援をただ静かに見るだけでなく、競っている相手を盛り上げ、活気づける姿はとても素晴らしいものでした。言い換えれば「相手の応援合戦を応援する。」その姿が私は一番印象に残りました。そして敵である相手を認め合う皆さんの姿を見て、私たち大人も見習わなければいけないなと感じた瞬間でした。

さて、今月の学院のテーマは「協力」です。
協力は、頼まれたこと、すべきことを皆とともに喜んですることであり、又一つの目標に向かっていろいろなアイデアを出し合い、より良いものをめざそうと積極的に行動することでもあります。その時その時で、自分の置かれた立場、状況をよく見て、今ここで自分が何をすることが、その目的のために、そしてクラスのためになるのかを考え、判断する力が求められています。それぞれの場面で、自分ができることを積極的に見つけ、クラスが一丸となって、学院の歴史を築いていくという意識で「協力」という言葉の意味を確かめる月にしてください。

2学期にはこの後も開校記念ミサ、バザー、キャロルコンクール、高2の修学旅行など多くの行事が続き、皆さんそれぞれに活躍の場があります。ひとつの行事は、それを実際に行う人と周りから応援し、協力する人がうまく合致したとき、そこに大きな力が出て成功をもたらすのだと思います。皆さんの体育祭での達成感は、皆さんの努力と同時に周りの支えや協力の結果だということを忘れないでください。
また、これから運動部の試合や文化部の発表の場もあるでしょう。与えられた場所で練習に励み、協力を惜しまない魅力的な光塩生になるよう努めてください。 

 最後に、朝晩も涼しくなりました。暑さの中にも秋の気配が感じられます。毎日の読書や勉強にも力を入れ、自分自身を豊かにする9月にしていきましょう。