幼稚園 木のアスレチックさようなら、ありがとう! 12月22日(火)

「木のすべりだい 大好きだよ。」
「木のすべりだい ありがとう!」
「たのしかったよ。」
「スピードが出て はやかったね。」
「はしごも わたれるようになったよ。
守ってくれてありがとう。」

25年以上にわたり、子ども達皆から愛されて来た木のアスレチックが1月に撤去されます。

2学期の終業式も無事に終わり、
クラスごとに園庭に出て笑顔で
木のアスレチックと「さようなら」をしました。


中学校通信 第10号

中学校通信 平成27年度 第10号です。
写真をクリックするとPDFが開きます。


2学期 終業式

【2学期終業式 校長講話】
 今日で、2学期を終了します。2学期は約80日間という長い期間でしたが、皆さんにとっての充実度はどうだったでしょうか?始業式の時に、私は「どんなに努力しても失敗するときはある。それを乗り越える努力と勇気が必要だ。」という話しをしました。皆さんは今学期を振り返ってみて、どんな場面でそれを実行したでしょうか。
 体育祭の応援合戦やリレー等で燃えたこと、開校記念日のハレルヤコーラスや先日行われたキャロルコンクールで緊張しながらも力一杯歌ったこと、バザーで積極的働き、一生懸命行動したことは、きっと多くの人に感動を与えたことでしょう。また、皆さんにとっても「やればできる」という大きな自信にもなったと思います。
 部活動では、残暑厳しい中で苦しい練習に耐え、卓球部・テニス部・書道部が中国大会に出場しました。また他の運動部や文化部もそれぞれの場で活躍し、新しい取り組みにもチャレンジして大きな成果を収めることができました。学校としても地域の行事や要請にできるだけ応え、それに参加する生徒が増えたことなど、前進したことがたくさんありました。皆さんがたくさんの行事やボランティア活動に積極的に取り組めたことは、社会を知る上でも大変良かったと思います。
しかし、授業に取り組む態度や家庭学習への取り組み、宿題の提出状況、学校生活のルールを守ることや言葉遣いなどについて、反省しなければならない人も見られました。懇談で担任の先生から話があったと思いますが、ぜひ、自分自身の成長した面と今後一層努力しなければならない面を明確にして、3学期につなげてください。
 さて、明日から17日間の冬休みに入ります。皆さんには2つのことを心に刻んで、実行して欲しいと思います。
 1つ目は、新年の志を持つということです。「1年の計は元旦にあり」という言葉があります。新たな年の初めの元日の朝に目標やめあてを持つことが、その年の充実度を左右するのです。今年1年間テレビで大河ドラマ「花燃ゆ」が放映されました。皆さんの中にも毎週見た人がいると思います。幕末に新たな日本の夜明けを求めて奔走した松陰先生を初めとした当時の若者たちの真剣な生き方が、多くの人々の胸を打ちました。「志を掲げて一途に生きる」という姿勢は、人として学ぶべきものが多いと思います。正月に書き初めをやる人もいると思います。その時に皆さんの新年の志を是非書いてみてください。
 2つ目は、家族の一員としての役割を果たすということです。年末には、大掃除や年賀状書き、しめ飾りの取り付けなど、それぞれの家庭でやるべき決まった行事があると思います。きっと保護者の方は、「子どもにも手伝ってもらいたい」と願っているはずです。中・高生の皆さんは、やろうと思えば何でもできます。ぜひ進んで家族の一員としての役割を果たしてください。中3・高3の皆さんは受験勉強で忙しいとは思いますが、 大掃除などで汗を流すと気分転換になると思います。 冬休みは事故ゼロで、家族そろって穏やかで平和な新年が迎えられるよう心から願っています。 1月8日の始業式に、また元気に会いましょう。


高2 修学旅行 

 12月15日~19日の5日間、高2は修学旅行を実施しました。今年度は「マレーシア・シンガポール」と「沖縄」の2方向を訪問しました。
本校の教育目標の柱である「国際理解教育」の一環として、マレーシア・シンガポールへの修学旅行はほぼ毎年行っています。生徒たちは始めのうちは習慣や文化、食べ物の違いに戸惑っていましたが、日が経つにつれ楽しみながら観光し、様々なことを吸収していました。特にマレーシアでの学校訪問では、現地の学生と英語で会話したり、マレーシアの伝統のゲームを一緒にしたりと非常に有意義な時間を持つことができました。

 沖縄への修学旅行では「平和の尊さ」について改めて考えさせられる良い機会となりました。平和祈念公園やひめゆり資料館を訪れたり、現地の高校生と平和について意見交換をしたりする中で、沖縄の方が本当に平和を願っていることを知りました。また伊江島での民泊体験では伝統料理や様々な体験を通して沖縄文化に触れることもできました。本当に実り多い修学旅行となりました。

高3 人権講演会 錬成会

 2学期後半から、来春に卒業を控えた高校3年生にさまざまな話を聞いて考えてもらう時間を設けています。

 10月21日には人権・命の大切さを考える講演会が行われました。山口被害者支援センターを通じて中谷さんに来校していただき、最愛の娘・歩さんを亡くされた際の思いやそれから考えられたことなどを話していただきました。娘さんに対する深い思いに、生徒たちも熱心に耳を傾けていました。

 12月10日には下関労働教育センターの林神父様をお迎えして錬成会が行われました。「練成会」という言葉に身構えていた生徒たちも、神父様の気さくで温かな人柄に楽しい時間を過ごすことができたようです。高い目標を持つことや社会や世界に関心を持つこと、自分や他者を大切にすることなどのお話は、社会に出る前の3年生にとって非常に有意義なものであり、大きな刺激となったようです。

幼稚園 さくら組 大掃除 12月16日(水)

12月も後半にさしかかり、今年もあと残りわずかとなりました。
年末ということで、さくら組さんは保育室の掃除をしました。
「おせわになりました」とつぶやきながら、
しっかりと心を込めて使った棚やロッカーをきれいに掃除♪





新しい年も、気持ちよく迎えられそうです。

幼稚園 クリスマスリース作り 12月12日(土)

毎年恒例、父母の会 企画の「クリスマス制作教室」が
幼稚園ホールで行われました。
今年は、リース作りに親子で取り組みました。
木の実やリボンなどの材料をホットボンドを使ってリースに飾っていきます。
皆、楽しそうに親子で喜んで活動していました。



金子先生から作り方の説明をして頂きました。



材料選びは楽しいですね。カラーの花もありました。
選ぶ表情は真剣です。



おうちの方と制作中。
どんなリースが出来上がるのか楽しみですね。







世界に一つだけのリースが出来上がりました!!
世界中の皆にとって、素敵なクリスマスになりますように。

クリスマス祝 12月14日

 今年のクリスマス祝いでは、先生方による聖劇が披露されました。
 また、校友会によるお楽しみ会では、全校生徒が楽しいひと時を過ごしました。

キャロルコンクール 12月12日(土)

中学校、高校、全クラス対抗のキャロルコンクールが行われました。
各クラスが工夫し、英語でクリスマスのハーモニーを作り上げました。

幼稚園 大変身?! 12月10日(木)

< たんぽぽ組 >


いちょうの木が・・・

    ↓
    ↓
    ↓



絵具でペタペタ!!

    ↓
    ↓
    ↓


クリスマスツリーに大変身♡

感謝 12月11日(金)

 期末試験・クラスマッチも終わり、冬休みまで残りわずかになりました。
 高2の皆さんは、15日から修学旅行があります。これまで訪問先を調べたり、交流会の練習をしたり、たくさん準備してきたと思います。これから最後の荷物準備もあると思いますが、出発前日には、もう一度修学旅行の意味や注意事項を思い出すなど、心の準備もきちんとおこなってください。楽しく思い出に残る修学旅行になるよう願っています。
 さて、12月、カトリック教会では、クリスマスまでのこの時期を『待降節』と呼んでいます。『待降節』とは、「主の降誕を待ち望む期間」という意味です。今年のクリスマスが、私たちの、そして世界の人々の平和と喜びになるよう、日々の生活をしっかり送りましょう。
 また、先日行われた光塩バザーは、天候にも恵まれ、大勢のお客様が来てくださり、大盛況でした。バザーの日は、私たち在校生や教職員だけでなく、中学・高校の保護者の方、幼稚園の父母の会、同窓会、そして卒業生の保護者など多くの方々が支えてくださり、この学院をとおして生まれた『つながり』の深さに改めて気づかされた、素晴らしい一日でした。
 ビスケットづくりから始まった準備、当日のキビキビとした姿と笑顔、そして後片付けまでをしっかりとやり遂げた皆さんは、この一カ月で確かに成長していると感じました。バザーの成功は、生徒の皆さんや先生方の努力と多くの方々協力の賜物です。『光塩』が地域の方をはじめいろいろな人によって支えられていることに改めて『感謝』の気持ちがわいてきました。学校は、その中で生活する私たち一人ひとりの行動・言葉によって評価されます。地域の方々に喜ばれ、卒業生がいつでも誇りに思える光塩に、そして毎日を過ごしている私たち自身が前向きに学んでいける学院にしていきましょう。
 
 今月の学院のテーマは『感謝』です。今年あったたくさんの出来事に感謝して、1年間を振り返る月にして欲しいと思います。私たちは時に、人の悪口を言ったり、人を責めたりすることで、自分の正当性を表現し、存在感をアピールしがちです。しかし、悪口を言ったり、責めたりした後は、必ず心の中に何かモヤモヤしたものが残ります。私は皆さんに、自分と合わない人を責めるのではなく、自分を支え、助けてくれた人に感謝しながら毎日を歩んで欲しいと願っています。友だち・家族・先生方に感謝しながら一年を締めくくりましょう。

幼稚園 2016年度 行事予定(10月~12月)




2016年度 萩光塩学院幼稚園 月間行事予定10月(PDF)はこちら。
2016年度 萩光塩学院幼稚園 月間行事予定11月(PDF)はこちら。
2016年度 萩光塩学院幼稚園 月間行事予定12月(PDF)はこちら。

幼稚園 2016年度 行事予定(4月~9月)




2016年度 萩光塩学院幼稚園 月間行事予定4月(PDF)はこちら。
2016年度 萩光塩学院幼稚園 月間行事予定5月(PDF)はこちら。
2016年度 萩光塩学院幼稚園 月間行事予定6月(PDF)はこちら。
2016年度 萩光塩学院幼稚園 月間行事予定7月(PDF)はこちら。
2016年度 萩光塩学院幼稚園 月間行事予定8月(PDF)はこちら。
2016年度 萩光塩学院幼稚園 月間行事予定9月(PDF)はこちら。

幼稚園 おにぎりday 12月9日(水)

おにぎりday
~ もう一人のお友だちが幸せに暮らせますように… ~






お家の方の作ったおにぎりは最高!!


みんなのがまんが、小さな幸せのお手伝いになりますように♡

高2 進路学習 12月10日

2年生は進路学習の一環として、山口県立大学と山口コア学園(コア・カレッジ、コ・メディカル学院)へ訪問しました。
 山口県立大学では学校説明の後、国際文化学科の川口先生から「中国文学」についての模擬講義を受けました。「漢文」や「現代中国語」の違い、日本語との違いについて分かりやすく説明して頂きました。簡体字を見て、日本の漢字をあてるクイズや発音・声調の練習など、活動を通して中国語だけでなく、日本語の特徴を理解するきっかけにもなり、外国語を学ぶことが母国(日本)について理解を深めることでもあると気づかされました。その後の施設見学では、実際の大学生の授業を見、生徒達は大学生の語学力の高さに驚いていました。

山口コア学園では、コンピュータ技能を学ぶ「インフォメーションカレッジ」と医療系分野を学ぶ「コ・メディカル学院」両校とも案内していただきました。実際の授業風景を見学できたことで、専門学校の様子を知ることができました。本校の卒業生が学校の様子を話してくれたことで生徒たちは身近に感じることができました。

幼稚園 てんしぐみ 12月9日(水)

今年最後のてんし組でした。
お天気も良く、今日もたくさんのお友達が遊びに来てくれました。


クリスマス制作のサンタの顔を描いたり、リースにシールを貼ったりしています。



園の玩具で自由に遊びます。
お母さんが傍で一緒に遊んでくれるので小さいお子さんも安心ですね。



「もろびと こぞりて」のハンドベルを職員で演奏しました。
クリスマスを楽しみに、みんなで迎える準備をしていきたいです。



良いクリスマス
良いお年をお迎えください。

2学期 クラスマッチ 12月9日(水)

2学期のクラスマッチが行われました。男子はソフトボール、女子はバトミントンを楽しみました。

中学校 スポーツ大会 12月8日(火)

 2学期のスポーツ大会が行われました。個人戦でバドミントン、団体戦でバスケットボールを行い、さわやかな汗を流しました。

幼稚園 はさみの活動 12月4日(金)

<年少ほし組>

はさみを使うのが大好きな ほし組さん。
はさみを開いて閉じて、切り落とす。単純な動作をとても楽しんでいます。
一回切りが上手にできるようになったら、次は線に沿って・・・
三角や四角、丸の形にも挑戦しました。
少しずつ上手になることに喜びを感じているようです。

幼稚園 てんしぐみ 自由遊び 12月2日(水)

・ホールで好きな玩具を選んで遊んだり、ボールやフープで遊んだりします。



・お母さん同士で子育ての話も交換できますね。



・「個別指導」
園の職員が入園前の園児を対象に個別指導をしています。
(主に指先の機能訓練をしています。)



今日は”太陽フィットネスクラブ”の先生に講師として着て頂き『体幹ストレッチ教室』を開催しました。



日頃 使わない筋肉を伸ばしたり縮めたりし、親子で楽しんで体幹を鍛えることができました。
体幹をt良くするとケガの予防やバランスの良い身体づくりをサポートできるようになるので是非、ご家庭でも繰り返し活動して頂きたいです。

中学校通信 第9号

中学校通信 平成27年度 第9号です。
写真をクリックするとPDFが開きます。