3学期始業式 1月8日(金)

 新年あけましておめでとうございます。
 今年のお正月は、穏やかな天気に恵まれました。皆さんはどんなお正月を過ごしたでしょうか?
そしてどんな新年の志をたてたでしょうか。この後のホームルームの時間に是非一人ひとりの志を発表してほしいと思います。
 私は、昨年と同様1月2日に成人式に出席し、新成人の門出を祝うことができました。担任をしていた頃はいろいろ頭を悩ませた生徒たちが、新成人として立派に成長した姿を見ることができ、とてもうれしい気持ちになりました。

 さて、3学期が始まります。3年生はいよいよ卒業が近づいてきました。この3年間、中学生として、又は高校生として、学習や部活動・その他の活動に精一杯努力し、前向きに取り組んできた3年生の顔が、日に日に凛々しくなっていくのを感じます。不思議なことですが、正直に、真っすぐに、そしてきちんとした姿勢でこの3年間学校生活をおくってきた人の顔ほど美しく、かっこよくなるものです。反対に、何かしら隠し事、気まずいことのある人は、廊下で私や先生方とすれ違う時、目をあわせません。中学・高校の3年生の皆さん、しかりと私の目を見て、笑顔で卒業できるよう残り少ない日々を精一杯過ごしてください。

 さて、3学期は、高校入試や大学のセンター試験があり、世間は受験モードに突入といった形です。皆さんも常日頃から、先生や保護者の方に「勉強して、学力を身につけなさい。」と言われていると思います。自分にとって少しでも良い会社に就職できるように、少しでも良い大学に進学できるようにと、就職試験や大学入試に合格するための学力を身につけることは大切なことです。ただ学力だけでは合格は勝ち取れません。また今の時代いくら有名な大学を出たからと言って、必ず良い就職先が見つかるわけではありません。良い就職ができてもその人が幸せになれるとも限りません。だから、学力さえ身に付いていれば良いという考え方ではなく、学力を基礎とした『人間力』が必要になってくると思います。私は最近の中学生・高校生の様子を見ていて、特にこの人間力を身につけて欲しいと強く感じています。人間力とは簡単に言うと「自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力」のことです。もっとわかりやすく言えば「人としての魅力」だと言えるでしょう。

 何度も繰り返しますが、中学生・高校生のみなさんの中心はあくまでも学習ですから、これから逃げることできませんが、勉強が苦手な人でも自分を磨くことはいつでもできます。そしてこの学校にはみなさんを魅力的な人にしてくれる場所と先生方がいます。みなさんが大変なことから逃げて自分を磨くことをせず、ダラダラとした毎日で今年一年を過ごすのではなく、魅力的な人間になるために先生方の力をかりてこの学校で学ぶ年にして欲しいと願っています。みなさんの魅力がひとつでも増えれば、人間力も高まって、夢の実現に近づいていきます。

 今年は生徒のみなさんはもちろん、私たち教職員も含めた学院全員が、少しでも人間力を高めていき、魅力的な人になれるよう努力する年にしていきましょう。