3学期終業式 3月18日(金)

【3学期終業式】

 おはようございます。今日で3学期が終わり、平成27年度が終了します。

 2月29日には高3が、3月12日には中3が、この学校を巣立って行きました。私はここ数年、卒業式や開校記念ミサなどで、皆さんの歌を歌う姿にとても感動しています。一人ひとりが自分の任されたパートを大きな声で、しっかりと歌い、ひとつひとつの行事をより良いものにしています。皆さんの歌声を聴いていると、本当に良い気持ちになります。3年生が抜けても、4月から入学してくる新入生に、この素晴らしい歌声を引き継ぎ、来年度もこの体育館にきれいな声を響かせてください。

 さて、今日は『ことば』について話したいと思います。私たちは毎日の生活の中で、人のことばによって勇気づけられたり、感動したり、幸せな気持ちになったりします。逆にがっかりしたり、 嫌な気持ちになったりすることもあります。ことばが人に与える影響はとても大きいものです。朝「おはよう」と挨拶されて、それも笑顔付きならとびきり嬉しいし、反対に「おはよう」と声をかけても、何の返事もなかったらがっかりします。

 皆さんが「嬉しい」、「幸せだ」と感じる時はどんな時ですか?例えば、自分が人にしてあげたことで「ありがとう」と感謝された時、自分の良さを褒められた時、自分のしたことを評価された時には、きっと嬉しくて、元気が出て、さあ頑張ろうという気持ちになるはずです。逆に落ち込んだり、嫌な気持ちになったりするのは、気持ちが分かってもらえなかった時、きつく叱られた時、傷つくことばを浴びせられた時ではないでしょうか。『ことば』によって、人は元気にもなれば、落ち込んだりもします。

 神戸女学院大学の名誉教授で、思想家、武道家でもある内田樹さんという方は、『ことば』も一つの贈り物だと考え、『贈与経済』というユニークな考えを唱えています。『贈与経済』とは、自分のところに来たものは、そのままにしておかないで、誰かに渡す(パス)するというものです。お金でも商品でも、情報、知識、何でも、もちろん『ことば』でも、自分のところに止めておかないで、良いものは、人の間をぐるぐる回していくべきだというのです。

 内田さんは様々な問題を抱えた現在の社会を眺め、私たちの生き方について次のようなことも言っています。「私たちの意識を、批判することから提言することへ、壊すことから創り出すことへ、排除することから受け容れることへ、傷つけることから癒すことへ、社会全体で、力を合わせて、ゆっくりと、しかし後戻りすることなくシフトしていくべき時期が来た」と。

 現在は、社会における人間関係が昔とは大きく変化しています。人間同士が孤立しないで、共に助け会い、共に生きていく社会にしていくことが強く求められています。勇気づけられる『ことば』をもらったら、それを『贈り物』と考えて、そのお礼として、すばやく次の人に勇気づけることばを贈る。人から親切にされたら、なるべく間をおかないで、今度は別の人に親切をパスする。このような温かな贈り物のパスがくるくる回れば、私たちの社会は、きっと思いやりと安心に満ちたものとなるはずです。

 萩光塩学院の全ての皆さんが、仲間を敬い、嬉しい気持ちにさせる『ことば』を贈る。そして贈られた人が次々とパスしていく。ことばだけでなくて手助け、知識、能力、ユーモア、そして最初に話した大きな歌声なども贈り、もらった人がどんどんパスしていけば学校の居心地はもっともっと良くなると思います。決して人を嫌な気持ちにさせたり、傷つけたりすることばや行いを贈ってはいけません。『ことば』は大切に、美しく使うべきものだからです。

 4月から新しい年度が始まります。皆さんの益々の活躍を期待して平成27年度最後のあいさつといたします。







中学校通信 平成27年度 最終号

中学校通信 平成27年度 最終号です。
写真をクリックするとPDFが開きます。


幼稚園 お別れ会 3月16日(水)

さくら組さんがいよいよ今週卒業・・・
ということで幼稚園のみんなでお別れ会に招待しました。
○×クイズをしたり、ダンスをしたり、楽しいひと時を過ごしました。
竜宮城ゲームでは、カメに変身したさくら組さんとペアになり
竜宮城まで行く面白いリレーをしました!
発表会でうらしま太郎の劇をしたさくら組さんは、懐かしさを感じながら、嬉しそうでした。
お別れするのは さみしいですが、きっと素敵な一年生になって活躍してくれることと思います。

幼稚園 書道パフォーマンス 3月15日(火)

『花燃ゆ』をテーマに、年長さくら組が書道パフォーマンスをしました。
一つずつが力強く書き、ダイナミックで素晴らしい作品になりました。
書に親しみながら大きな声で「はい!」と
返事をして書く姿はとても頼もしい姿でした。

ボランティア からふる訪問 3月17日(木)

 発達支援センターからふるに清掃ボランティアに行ってきました。
 おもちゃの消毒、窓ふきを行いました。
 またボランティアに行きたくなるような、温かい雰囲気でした。生徒たちも心地よい汗を流しました。

高2 手話講座 3月15日(火)

 萩手話椿会の方を講師としてお招きして2年生は手話講座を行いました。最初に全体で簡単な挨拶表現を練習しその後、少人数のグループに分かれて自己紹介の方法を習いました。指文字だけでなく、手話表現を使った名前の表し方も教えて頂き、生徒たちは1つ1つ確認しながらお互いに自己紹介をし合いました。聾者の方々は手だけでなく、口や表情を読み取っていくので、手話だけにたよるのではなく、はっきりと口をあけ、嬉しいときは笑顔で、悲しい時は悲しそうになど「相手に伝えようとする気持ちが大切だ」と教えて頂きました。講座の終わりには、代表が手話で自己紹介を披露し、手話の難しさだけでなく、伝えることの大切さをあらためて感じることが出来ました。講座の終わりには、生徒全員で「ありがとうございました」の手話を行い、感謝の気持ちを表現しました。

弁論大会 3月16日(水)

校内弁論大会が行われました。
 中学生、高校生の各クラスの代表が発表を行いました。
 今年は身近なことについての話が多く、全校生徒は一人ひとりの発表に真剣に耳を傾けていました。

中学校卒業式 3月12日(土)


校長式辞
 日一日と暖かさが増し、校舎の窓から入る風に、春の薫りが感じられる頃となりました。卒業という別れの日を迎える寂しさのうちにも、自然界は忘れることなく、私たちに希望の春を届けてくれています。
 三年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
 また、保護者の皆様、お子様のご卒業、誠におめでとうございます。本日、中学校卒業という、大きな節目の日を迎えるにあたってのお喜びは、ひとしおかと思います。心からお祝いを申し上げます。また、三年間にわたり、本校の教育活動のために、温かいご支援とご協力をいただきましたこと、教職員を代表し、改めてお礼申し上げます。
 さて、卒業生の皆さん、皆さんは今日、九年間の義務教育課程を終えられました。今皆さんは、中学校生活を終えた充実感と、新たな高校生活への希望に溢れていることでしょう。
 入学したての頃は、まだあどけなさの中にも、中学生になったという自信と少しの不安が混じった姿でした。しかし、今の皆さんは、一人ひとりが大きく成長し、立派な姿として、私には映っています。それを特に感じることができたのは、二月に行われたスキー体験学習でのことでした。元気な一年生が、大声をあげながら、初めてのスキーに悪戦苦闘している横を、黙々と、そして着実に滑っている姿は、さすが最上級生でした。また、ゲレンデやリフトの上でも、一・二年生に積極的に話しかけていました。「先輩方が声をかけてくださって嬉しかった」と喜んでいた生徒もいました。年に一度の体験でしたが、限られた時間の中で、皆さんがどんどん成長していく姿を見られたことは、私にとっても本当に嬉しいことでした。
 ○○。パソコンが大好きで、歌声がきれいでした。もっともっとたくさん話しができるとよかった。あなたの大きな歌声はとてもきれいでした。
 ○○。幼稚園実習の時、子どもたちに囲まれながら見せた笑顔はとても素敵でした。雨の日も自転車で通学する姿は、たくましくもありました。これからは、自分の持っている力を信じて、より多くの人と関わりを持ってください。
 ○○。校友会会長として、中学校そしてクラスのまとめ役として頑張りました。たくさんのことに興味があり、チャレンジしたい気持ちもありながら、できるだけ目立たないようにしていたと思います。高校では周りの目を気にせず、あなたらしく活躍してください。
 ○○。言葉遣いが丁寧で、優しい心の持ち主です。今年のスキー体験学習でのあなたの目標は、上級者コースを滑ることでした。たった三回のスキー体験で、とても安定した滑りをすることができました。これからは、もっと自分に自信をもって、多くのことにチャレンジしてください。
 ○○。ムードメーカーとして多くの笑いを誘い、和やかな雰囲気をつくってくれました。受検前の面接練習で、あなたのことをたくさん知ることができました。オリジナリティー溢れるすばらしい建物を設計する建築家になってください。
 皆さんのクラスは、どちらかというと口数も少なく、何ごとにも静かに黙々と取り組むクラスでした。一・二年生にとって、男子は、先輩後輩の枠を超え、仲間としてかかわることができ、女子は、みんなを陰から見守り、そっと手を差しのべてくれる、そんな先輩だったと思います。そして、特にこの一年間は、縁の下の力持ち的な存在として中学校を支えてくれました。決して目立つクラスではありませんでしたが、この学院にとって大きな力となっていたことは、先生方をはじめ、在校生もみんな気づいていました。本当にありがとう。
 今日、中学校を卒業し、義務教育を終えた皆さんは、いよいよ次のステージに進みます。
 光塩中学校では、「世の光、地の塩」の建学の精神のもと、豊かな心を育み、スピーチコンテストやサイパンへの修学旅行、バザーなど多くの学校行事をとおして、他者とのかかわりと広い視野で物事を見ること、考えること、そして判断して行動することを学んできました。これからは、今皆さんが持っている良さを保ちながら、さらに新しい力を身につけて成長していかなければなりません。皆さんが、「自分の周りに喜びと光をまく」ことができる人になるためには、「思っている」「考えている」だけではなく、それを表現し、行動することが大切です。高校という次のステージで、それを実行することができれば、さらに大きな「喜びと光をまく人」になれると、私は確信しています。
ある人は言っています。
 『じっくり考えろ。しかし、行動する時が来たなら、考えるのをやめて、進め。』
卒業生の皆さん、明日から、また力強い大きな一歩を歩みだしてください。
 これからの皆さんの新たな出会いと、萩光塩学院の卒業生として立派に活躍されることを祈念し、お祝いの言葉といたします



幼稚園 年長 体操教室 3月11日(金)

さくら組にとって最後の体操教室!
マットで前転、連続前転、後ろ回りに挑戦しました。
1学期よりも回り方が皆きれいになっていました。
体操教室で学んだことはたくさんあります。
できなくても諦めないこと、約束を守ってみんなで運動を楽しむこと。
子どもたちは体操教室がとても好きで毎回楽しみにしていました。
学んだことを小学校でもしっかり活かして欲しいと思います。

幼稚園 年長 線と文字 3月10日(木)

今日は、自分の名前を書くことに挑戦!
お手本の字を意識して、一生懸命に書く子どもたち。
その姿は真剣で、まるで一年生!
「難しいな~」「ここはじょうずに書けた!」
皆、楽しみながら活動していました。

校内進路ガイダンス 3月15日(火)

 校内進路ガイダンスが行われました。
 前半はJSコーポレーションから講師をお招きし「進路の選び方」についてお話していただきました。
 後半は、各大学、専門学校に分かれて話を聞きました。
 今後の進路の選択の一つとして役立ててほしいです。

3学期 クラスマッチ 3月14日(月)

 3学期のクラスマッチが行われました。
 男子のサッカーでは天候も良く、のびのびとプレーをしていました。女子のバスケットボールでは、白熱した試合が繰り広げられておりました。

中学校通信 卒業号

中学校通信 平成27年度 卒業号です。
写真をクリックするとPDFが開きます。


幼稚園 ばら組 3月9日(水)

ハンドベルで喜びのうたを奏でてみました。
ベルのきれいな音色に笑みがこぼれていた ばら組さん。

〝まだミの音やってない!!”と何度もやりたがっていました。

幼稚園 線と文字 3月7日(月)

今日は、「つ」「し」などの字を書きました。
鉛筆を持って、活動することが嬉しくて、たまらない様子・・・♡
自分の名前を書きたーい!!と
わくわくしています。

幼稚園 年長さくら組 お別れ遠足 3月4日(金)

もうすぐ卒園。
さくら組の最後の思い出作りで、秋吉台サファリランドに行きました。
この日をカウントダウンしながら楽しみに待っていた子どもたち。
リュックを背負い、出発!
サファリロードでたくさんの動物を間近で見て、大興奮!
園バスの前をダチョウが通ったり、チーターと目が合ったり、
嬉しいことがたくさんありました。

その後は遊園地で乗り物に乗りました。
終始、にっこにこの笑顔・・・!
パワーがたくさんのさくら組ですが、帰りのバスでは眠気がくるほど
思いきり楽しんだようです。

22名みんなそろって遠足に行くことができました。
神さま、ありがとうございました・・・♥

同窓会 奨学金

 同窓会では、学習や部活動、その他優秀な生徒に対して奨学金を贈っています。平成27年度では、高三の末永さん、高二の田中さんに証書と奨学金を贈りました。

使命 3月4日(金)

 月曜日に行われた高等学校の卒業式は、厳粛な雰囲気と参加者全員の温かい思いが込められた中で行われました。卒業生を無事に送り出すことができたのは、生徒の皆さんや先生方の思いと協力があったからだと思います。本当にありがとうございました。
 そして、中3の皆さんにとっては、今日で卒業試験が終わり、12日が卒業式です。残りのわずかな時間の中で、中学校3年間を振り返りながら、高校生活に向けて自分を見つめなおす時間としてください。
 今月の学院のテーマは『使命』です。今日は使命にかかわる2つの話をしたいと思います。
ひとつ目は、先月のテーマ『愛』と今月のテーマ『使命』についてです。『愛』と『使命』には密接なつながりがあります。皆さんもよく知っているマザー・テレサは、以前話したコルベ神父様と同じで、愛に生きた人でした。インドを中心に、誰からも手を差しのべられないで苦しんでいる人々を愛し、寄り添う生き方を自分の使命と考えました。そして、一生を世界中の恵まれない人々のために捧げました。自分の生き方・使命は、今自分が置かれている場で、誠実に生きること、全力を尽くすことによって見えてくるものだと思います。そして自分の生き方が見えてきたら、素直にその道に進んでいくことが「使命を果たす」ということになるのでしょう。マザー・テレサは、この2つの生き方を実践された代表的な人物だったと思います。
 ふたつ目は経営の神様と言われた松下電器、現在のパナソニックの創業者、松下幸之助さんの言葉です。松下さんは『なにごとも、使命感がないとあかんな』という言葉を残しています。この言葉は松下さんが会社を興して間もない頃、ある宗教の本山に案内された時に、自分の会社の社員とそこで働く人たちの違いに気づき、この違いは何から生まれてくるのか悩み抜いた末に悟り、発した言葉だと言われています。松下さんが案内された場所では、皆がキビキビと動き、礼儀も正しく、活き活きとしていたそうです。しかし自分の会社はそうでもない。給与をもらい働くという意味では、松下さんの会社の方がもっと隆々としていていいはずなのに…。その違いを考え続けたときにハッと気づいたことが「自分たちには使命感がない」ということでした。それ以降、松下さんは「この世の中から貧困をなくすこと」が自分たち商売をする者の使命と考え、社員を教え導いたそうです。松下幸之助さんの成功は、自分の使命感を悟り、確立し、経営したことであると言われるようになりました。
私たちも今自分の置かれている場で、これからの自分の生き方を考えるとともに、少しでも早く自分の使命に気づくことができたら、日々の学校生活が力強く送れるようになると思います。
 あと2週間で今年度が終わります。次のステップに向けて準備すると同時に、今やっておかなければならないことから逃げることなく、この一年間の出来事に感謝を込めて過ごしていきましょう。

2年 総合的な学習(全体発表会) 3月2日(水)

高2は修学旅行で訪れた「マレーシア・シンガポール」・「沖縄」について、「異文化体験」というテーマのもと、調べ学習を行ってきました。発表会では、「食・法律・建物・衣服」「戦争の歴史・基地問題」など、各自で決めたテーマについて、班で調べたことや現地の人々と交流して気づいたこと、感じたことなどをまとめ発表を行ないました。他国や地域の文化に触れ、異文化を理解するとともに、自国の歴史や文化、伝統などに対する理解も深めるよい機会となりました。自分達が訪れなかった国や地域のことも知ることができ、実り多い発表会となりました。

2年音楽コース発表会 3月2日(水)

 2年生の音楽コースによるピアノの発表会が開催されました。
 2年生になってからピアノをはじめた生徒も、多くの人の前で発表し、とても緊張していたようです。
 ひとりひとりがまじめに取り組み、努力を重ねた成果が伝わる発表会になりました。

幼稚園 年長神さまのお話 3月1日(火)

4月に比べ、正しい姿勢で話が聞けるようになったさくら組。
今日の神さまのお話は「あいうえおの木」の絵本の話でした。
1年生になることが楽しみなさくら組さんは、
「あ・い・う・え・お」に興味深々!
文字をつなげると、色々な言葉ができました。
皆が嬉しくなる、優しいことばを作ろうね♡と、
約束しました。

中学校通信12号

中学校通信 平成27年度 第12号です。
写真をクリックするとPDFが開きます。


幼稚園 年長体操教室 2月26日(金)

今回の体操教室は、前回に続き足を使ってボール遊びでした。
障害物をよけながらドリブルをしたり、
思いきり蹴ってコーンにボールを当てたり、
どんどん習得しています。
みんな、サッカーのチーム対戦を楽しみにしながら練習しています。

高校 卒業式 2月29日(月)


校長式辞 
 
 数十年ぶりの大雪から早一か月が経ち、大地の温もりと天上からの日差しを感じさせる今日の佳き日、多数のご来賓の皆様のご臨席のもと、ここに平成二十七年度萩光塩学院高等学校卒業証書授与式を挙行できますことは、卒業生はもとより、私たち教職員にとりましても、この上ない喜びです。心より感謝とお礼を申し上げます。
 また、保護者の皆様、本日はお子様のご卒業、おめでとうございます。人生で最も多感で、しかも著しく成長したお子様が、こうして卒業の日を迎えられましたことは、感慨もひとしおかと思います。この間、本校の教育活動のために、多大なご支援とご協力を賜りましたこと、教職員を代表し、あらためて厚くお礼申し上げます。
 そして、只今卒業証書を授与いたしました卒業生五十二名の皆さん、ご卒業おめでとうございます。心からお祝いを申し上げます。今皆さんは、この学院での様々な出来事を思い出として振り返りながらも、希望と喜びにあふれていることと思います。皆さんは、入学以来、「世の光・地の塩」の建学の精神のもと、学業のみならず、部活動や学校行事に全力で取り組んできました。この三年間、学校生活の様々な場面を通じて、心身を鍛えるとともに、一生の財産となる仲間との友情も育んできたと思います。その姿は、私たち教職員にとって、誇りであり、エネルギーの源でした。私たちは皆さんの努力に敬意を表すとともに、この学院において皆さんと出会い、ともに学ぶことができたことに大きな喜びを感じています。
 さて、卒業生の皆さん、皆さんはこれから大人となって加わっていく社会について、どのようなイメージを持っているでしょうか。少子高齢化により社会福祉に大きな不安があり、災害や環境・エネルギー問題、景気の浮き沈みや産業の国際競争激化など、国内外に課題は山積みです。そんな将来に明るい希望や展望を見いだせないでいる人も少なくないでしょう。しかし、忘れないでください。神様が造られたこの世界は常に新たな希望へとつながっています。そして、皆さんの未来は決まっているものでなければ、与えられるものでもなく、これから自らの手で作り出すものです。私は、このような時代だからこそ、若い人たちの知恵と努力を結集し、未来を切り開いて欲しいと願っています。萩市の将来にとって、日本の将来にとって、皆さんのような若者は、かけがえのない財産です。今はまだ、自分が社会に対してどれほどの影響力を持っているのか、実感できる人は少ないかもしれませんが、皆さんは間違いなくこの萩の将来を、この国の将来を背負い、導いていく人材であり、またその責任を負っている人たちです。
 三学期の始業式で話したことを覚えているでしょうか。私はこれから社会に飛び出していく若い世代の人たちに、学力と共に『人間力』を身につけて欲しいという話をしました。人間力とは、自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力です。言い換えれば、人としての魅力だと言えるでしょう。これから皆さんが飛び出していく厳しい社会の中で、有意義な人生を歩んでいくためには、学力と人間力をバランスよく身につけることが重要です。
 吉田松陰先生は松下村塾で、時代を変えるような高い人間力を持った人材を多く育てました。松陰先生が塾生たちに繰り返し推奨したことは、志を立てること、書物を読むこと、友を選ぶことの三つだったそうです。心を奮い立たせるような志を持ち、人間力を高めるような本を読み、お互いの人間性を磨き合える仲間と出会う。そんな教えの中から、日本を変えた萩の偉人たちは生まれました。
 私たち萩光塩学院も創立者マドレ・マルガリタの教えを引き継ぎ、学力を基礎とした人間力を身につけるための教育を実践してきました。ホームルームで学院の精神を学び、宗教の授業や多くの学校行事をとおして、他者とのかかわりを学び、修学旅行では異文化に触れるなど、広い視野で物事を見、考え、判断して行動する。そして、どのような人にも真心をもって接し、共に歩んでいくことの大切さを先生方や仲間と共に学んできたと思います。
 私たち教職員は、今日、光塩を卒業される皆さんが、自分の足でしっかりと立ち、周りの人が何を望んでいるのか考えながら、自分らしく生きていくことができるように願っています。そして、この学院で学んだことを土台として、さらに高い人間力を身につけ、魅力的な大人として社会に認められる存在になることを信じています。
 終わりに、皆さんが入学した時の校長シスター佐藤も、今日の卒業を喜んでいらっしゃることと思います。シスター佐藤との思い出を語ることができる卒業生も皆さんで最後になります。萩光塩での思い出とともに、いつまでも皆さんの心の中にシスター佐藤がいらっしゃることも忘れないでください。
 卒業される皆さん、皆さんがこれからの歩みの中で「自分の周りに喜びと光をまく」ことができる魅力的な人となって、社会に貢献できるよう祈念するとともに、萩光塩学院を卒業されてからも見守り、応援していくことを約束してお祝いの言葉といたします。

コース文化部発表会 2月20日(土)

【コース・文化部発表会】校長先生のお話

皆さんこんにちは。

今日は朝早くから担当の先生方の指示のもと、コース・文化部の生徒を中心に準備を行い、無事に24回目のコース・文化部発表会を迎えることができました。
ありがとうございます。

昨年は、体育館新築工事の関係で、萩市民館大ホールでの開催でした。ですからこの体育館での開催は今年が初めてになります。また近年は保護者の皆様のみのご案内でしたが、今年は久しぶりに外部の方にもご案内をし、少しでも多くの方に本校の取り組みを見て頂きたく計画してきました。

今日出演する高校3年生の皆さん、卒業まであと1週間になりました。今日の発表会は、2年間自分の目的や進路にあわせて選択し学んだことを発表する、集大成の場です。光塩で学んだことをしっかり発表し、自信をもって次のステップに進んでください。緊張もあるかもしれませんが、せっかくの大舞台です。思いっきり楽しんで発表してください。

高1・高2の皆さん、来年、再来年はみなさんが発表する番です。今日の先輩たちの姿を参考に今後の学習活動に役立ててください。

今日は文化部の発表も併せて行います。中学生・高校生の皆さんにとって実りある時間になることを願っています。

最後になりましたが、保護者の皆さまをはじめご来場の皆様、本日は足元の悪い中、コース・文化部発表会にご参加くださいましてありがとうございます。お時間の許す限りご覧いただき、生徒たちに大きな拍手をお願いいたします。

それでは、みんなで有意義な時間を過ごしましょう。