高2 手話講座 3月15日(火)

 萩手話椿会の方を講師としてお招きして2年生は手話講座を行いました。最初に全体で簡単な挨拶表現を練習しその後、少人数のグループに分かれて自己紹介の方法を習いました。指文字だけでなく、手話表現を使った名前の表し方も教えて頂き、生徒たちは1つ1つ確認しながらお互いに自己紹介をし合いました。聾者の方々は手だけでなく、口や表情を読み取っていくので、手話だけにたよるのではなく、はっきりと口をあけ、嬉しいときは笑顔で、悲しい時は悲しそうになど「相手に伝えようとする気持ちが大切だ」と教えて頂きました。講座の終わりには、代表が手話で自己紹介を披露し、手話の難しさだけでなく、伝えることの大切さをあらためて感じることが出来ました。講座の終わりには、生徒全員で「ありがとうございました」の手話を行い、感謝の気持ちを表現しました。