International Workshop in Hagikoen 2016

 今年は、ロシア、タイ、イタリア、カナダ、ベラルーシの5カ国からスタッフが来て、ワークショップを開催することができました。
 中学生はスタッフと積極的にかかわりをもつことで、日に日に英語を話す力、聞き取る力が伸びていることが分かりました。
 フィールドワークなどを行い、楽しみながら英語を学ぶことができました。

学校見学日のお知らせ

8月18日に学校見学日を開催します。
皆さん是非、見て、来て、体験していってください。
お待ちしております。
(写真をクリックすると、PDFが開きます)


中学校 職場体験

 中学校では、夏休みを利用し、職場体験を行っています。
 憧れの仕事に一歩近づきました。これからもたくさんのことを学び、吸収することを期待しています。

幼稚園 自由遊び 7月13日(水)

【年中 ばら組】


毎日とても元気なばら組さん。
自由遊びでは各々に好きな玩具を使い、
自分なりに楽しむ姿が見られます。
たたかいごっこ、制作、ブロックを使ったものづくり、おままごと。
時にはお友だちとぶつかりながらも日々成長し、楽しく過ごしています。


幼稚園 冷やし中華づくり 7月12日(火)

【年中 ばら組】


「おいしそう~♡」
「食べたことある!!」と冷やし中華の写真を見て
大喜びのばら組さん。
まずは麺づくりです。
「お野菜の下に隠れているのは何かな?」
聞いてみると「ラーメン!」「そば!」といろいろな答えが返ってきます。
黄色のクレパスで麺を描きます。
そして絵の具でできたおつゆをかけて仕上げにきゅうりとハムと
ゆでたまごをトッピング。
出来上がったころには「おなかすいた~」と口々に言っていました。

幼稚園 体操教室 7月1日(金)

【年中 ばら組】

体操教室が大好きなばら組さん。
プールも大好きで着替えるときも
とても楽しそうにお友だちと会話をしています。
わにさんになってお散歩したり、
フラフープにつかまって泳ぎの練習をしたり、水を掛け合ったり、
貝拾いをしたり。
気持ちの良い季候の中 体操教室を楽しみました。

幼稚園 きゅうり・ミニトマトの収穫 6月27日(月)

【年中 ばら組】

ばら組さんと梅雨の雨の力で
きゅうりとミニトマトがすくすく大きく育っています。
雨が止んでいるうちにみんなで収穫しました。
「どこにあるのかな?」
「おっきーい!!」
葉っぱの感触やにおいなどを感じながら収穫を楽しんでいました。

幼稚園 雨の日 6月28日(火)

【年中ばら組 ・ 年少ほし組】


外が雨の日・・・
ばら組さんがほし組さんのお部屋に遊びに来ました。
「しつれいします!!」
「一緒にあーそーぼー!!」
「いーいーよー」
元気いっぱいのばら組さんに、ほし組さんの笑顔がこぼれます。
そんなほし組さんを時折り優しく見守るばら組さん。
梅雨時期の優しい時間でした。


ボランティア つばき 7月15日(金)

 特別養護老人ホーム つばき に18名の生徒が清掃のボランティアに行ってきました。
 車いすの清掃や床磨きなどを黙々と時間いっぱい行いました。
 近年の卒業生が就職しており、頼もしい姿も見ることができました。

校舎建設のためにご協力をお願いします

 今年度は、校舎の建設に伴い夏休み以降の行事、授業において、さまざまな困難と工夫を強いられることとなります。生徒、教職員ともに知恵を絞り、例年にひけをとらぬよう、よりよい教育を実現していきたいと思っています。
 また、校舎建設におきまして、ご寄付のお願いをいたしております。
 これからも、本校の教育の向上にご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。




   校舎建設のための寄付金の振込先は
     郵便局振込番号
     01340-6-91801
   本館校舎建設実行委員会

校舎完成予想図をクリックすると趣意書(PDF)が開きます。


1学期終業式 7月15日(金)

 今日で1学期の学習が終わります。皆さんにとってどんな1学期だったでしょうか。
 今学期は新入生歓迎会、メルセス会の副総長歓迎会、保護者総会、高校総体、文化祭など、次々と行事がありました。その合間に課題テストや中間・期末テスト、模擬試験があり、みなさんにとっては忙しく、中身の詰まった4カ月だったのではないでしょうか。正直「しんどい」とか「もう無理」と思ったこともあったかもしれません。でも、それを何とか乗り越えながら成長していくのだと思います。中学・高校の三年間というのは成長期の真っただ中で、様々な事で悩みます。特に人間関係や友人関係で自分が嫌いになったり、周りの人が怖くなったりすることは、この時期特有のものだとも思います。自分中心の子どもの世界観から、周りの人のことを考えられる大人の世界観へと変化する中で経験することです。悩んだりすることは、ごく当たり前の正常なことだという事を知っておいて下さい。その上で大事なことは、それをどう乗り越えるかということです。何かに夢中になって悩みを忘れるというのも一つの方法かもしれません。しかし、私が皆さんに勧めたいのは『世界を広げる』ということです。決してどこかへ出かけろという意味ではありません。『自分の思考の世界を広げる』ということです。自分とは違うものの見方、自分とは違う価値観、自分とは違う世界に触れることによって、自分の思考の世界を広げて欲しいと思います。それには経験を積んだ年長者とたくさん話すことと本を読むことが大切だと思います。夏休みは、授業のある時よりも少し時間が自由になります。是非、たくさんの人と話したり、本を読んだりして、思考の世界を広げて下さい。
 もう一つ、この夏休み期間中に、皆さんに意識して身につけて欲しいものがあります。
それは、「想像力=イマジネーション」です。学習面・生活面・人間関係等すべての面で、「自分がこういう行動を取ればこうなる」と想像して、自分の言動をコントロールできる人になってください。想像力をもち、それを駆使して人間は文明を発展させてきました。しかし、最近の様々な事件やトラブルを見ていると、「想像力の欠如」を感じます。「自分が何かをするとき、それが周りにどんな影響を与えるか」「相手がいるなら、それを相手はどう受け止めるだろうか」と考えて行動できるようになることが、一人前の大人になる条件だと思います。学ぶという事も同じです。教えられたことをそのまま受け入れるだけでなく、自分の想像力を働かせ、自分にとって生きた知識にしていくことが大切です。時々「この教科をやって何の役にたつのか」とか「どうせ使わないから勉強する必要がない」という人がいますが、それこそ想像力の欠如だと思います。今の段階で、これはいらないと決められる方が不思議です。その教科の、その学びを、活かすも無駄にするのも、その人次第です。
 昨晩、夏休みを前に我が家の中学生の娘が「お父さん、夏休みは海・プール、海・プールで、遊びまくる!宿題なしにしてくれ。」と言いました。皆さんどう思いますか?理想的な夏休みですよね。そんな夏休みがあったら、夢のようですね。ただ、想像してみてください。夏休みが終わった後のこと、自分の将来にとってそれが本当に良いことなのか。私は、皆さんに、想像力を駆使して、全ての学びを自分の成長への糧として欲しい。そう願っています。


 中学生も高校生も、夏休みが終われば3年生はいよいよ進路が決定していきます。夏休みのうちにしっかり基礎を固めておいてください。2年生は、部活動・委員会活動などこれから学校の中心になっていきます。先輩に教えてもらえることは、今のうちにしっかり教えてもらっておいてください。1年生は自分の進路目標を固める時期です。この夏は自分の将来について考え、必要な情報収集の時間としてください。
 物事は適当に取り組めば、適当な成果しか返ってきません。「どうせやるなら…」「どうせ時間をかけるなら…」と自分の力になるように取り組んでください。
 新学期には、一回り成長した皆さんに会えることを楽しみにしています。

幼稚園 ばら組さん、ありがとう 7月12日(火)

【年少ほし組】


ばら組さんが育てたトマトときゅうりをおすそ分けしてくれました。
ほし組さんは、大喜び!
野菜がちょっぴり苦手な子どもも、嬉しさいっぱいで食べていました。
ばら組さん、ありがとう♡


幼稚園 折り紙制作「金魚」 7月1日(金)

【年少ほし組】


初めての折り紙制作。
角と角を合わせて丁寧に折ること、折り目を指の力を使って
しっかりとつけることをポイントにし、三角折りに挑戦しました。
和紙に、ヤクルトでスタンプをし
手の平スタンプで金魚さんの住み家の完成!
夏らしい作品に仕上がりました。

幼稚園 ぼくのまち、わたしのまち 7月13日(水)

【年長さくら組】


お楽しみDAYで商店街の探検をした さくら組さん。
商店街の地図を見ながら、お店やお家がいっぱいあるところや、
道路が通っていることなど、たくさんの発見をしました。
今日はみんなで”じぶんだけのまち”を描きました。


幼稚園 お楽しみDAY 7月8日(金)

【年長さくら組】

さくら組さんが楽しみにしていた お楽しみDAY!!
萩焼づくりや商店街探検!
初めての幼稚園での晩御飯バイキング。
スイカ割に夕涼み会!
盛りだくさんな一日に思い出がたくさんできました。
楽しいことや不思議なことがたくさんおこった素敵な一日になりました。

幼稚園 七夕の飾りつけ 7月6日(水)

各クラス、七夕飾りを制作しました。
子どもたちの短冊には思いがたくさんつまっています。
みんなの願ごとが天まで届きますように・・・★

幼稚園 ドーナツ 6月27日(月)

【年少ほし組】


絵の具でぐるぐると描き、好きな味のドーナツを作りました。
その上にハサミで切ったトッピングをペタペタ・・・
おいしそうなドーナツの完成!
正しいはさみの使い方も少しずつ覚えてきたほし組さんです。

高3 デートDV講座 7月14日(木)

 市役所の國廣さんを講師としてお迎えし、デートDVについてのお話を聞きました。DVという言葉はニュース等で知っているものの、どこか他人事のように考えていた生徒達は、最新の調査結果で3人に1人の人がDV被害にあったことがあると知り、身近な問題であることに気づくことができました。暴力の中では最近増えているデジタル暴力について詳しくとりあげられ、「撮らない・撮らせない・送らない」を合言葉に「No」と言える対等な関係を作ること。また、「束縛はLOVEじゃない」を合い言葉に自分だけでなく相手の身体と心を大切にしていける(思いやりを持った)関係を作ることが大切であるということも話して下さり、人間関係についてしっかりと考えるよい機会となりました。

1学期 クラスマッチ 7月11日(月)

1学期のクラスマッチが行われました。テストも終了し、天気も良く、のびのびとプレーをすることができました。

はぎ園ボランティア 7月8日(金)

 7月8日(金)、大井にある特別養護老人ホーム・オアシスはぎ園を訪問し、車イスの清掃や窓拭きを行いました。今回も園の方々が準備や片付けをして温かく迎えてくださり、生徒は皆気持ちよく働くことができたようです。初めて参加した生徒もいましたが、皆熱心に取り組んでいました。

幼稚園 絵画「にじの国」 6月29日(水)

【年長さくら組】


雨の日が続いています。
外で遊びたくてたまらない様子のさくら組さん。
「雨が降ったら虹ができるよね」
「にじの下ってなにがあるか?」
「にじの国ってどんなとこ?」とお話の中でたくさん想像がふくらみました。
お友だちとおしゃべりしながら、楽しそうに“にじの国”を描きました。

幼稚園 折り紙制作「宇宙船」 6月29日(水)

【年長さくら組】


“うちゅうせんに のって げんきに ゆこう~♪”
さくら組さんは、「うちゅうせんのうた」を毎日元気にうたっています。
今日は折り紙を使って、宇宙船をつくりました。
思い思いの宇宙船ができあがりました。

喜び 7月1日(金)

 今日から7月です。今月の学院のテーマは「喜び」です。
皆さんのように中学生・高校生にもなると、幼い子どものように目を輝かせて毎日を過ごすことが少なくなってきていると思います。そして「喜んで毎日生活していますか?」と質問されても、なかなか「はい」とは言いづらいのではないでしょうか。私の中学・高校時代も「勉強は面倒くさい」「親や先生はうるさい」といつも不平不満を言っていた気がします。今ではとても反省しています。
 思春期・青年期は必ずしも「嬉しい」「楽しい」ことばかりではなく、ある意味では「つらい」「しんどい」あるいは人間関係や自分自身との対決で疲れ、悩んでいる時期かもしれません。でも、この時期も皆さんが立派な大人になるためには必要な時間だと思います。私は、悩み、苦しまない人なんかいないと思うし、もしそんな人がいたとしたら、その人の人生なんて最終的にはちっぽけなものになってしまうと思います。それくらい思春期・青年期に悩み苦しむ体験をすることは大切で、その体験が次の大きな喜びに繋がっていくものだと信じています。
 私は萩生まれの萩育ちで、地元は越ケ浜という漁村です。昔は、漁業に従事している人が多く、その関係で顔の色が黒く、声も大きく言葉遣いも乱暴で、怖い感じの人がいっぱいいました。でも私は、小さい頃からそんな地元のおじさん、おばさん、おじいさんやおばあさんと話しをするのが好きでした。今でも時々長話をします。私は年配の人の苦労話や自慢話が好きなのではなく、実は、その人たちの顔や姿、立ち振る舞いに惹かれているのです。皆落ち着いて、自信と喜びに満ちた表情をしているからです。年取ったおじいさんやおばあさんの姿には、自分の仕事や生き方に、精一杯エネルギーを費やしたことへの充実感が表れています。皆さんの身近なところにも本当に良い表情をした年配の方がいらっしゃるでしょう。
 一生涯、家と畑の往復で人生を終えようとしているおばあさん。海をこよなく愛し、海の素晴らしさも、怖さも全て知り尽くしている漁師のおじいさんなどに出会うと、その人達の人生は他の人と比較することではなく、自分自身の人生として本当に満足していることがよく伝わってきます。 
 私は「喜び」とは、「嬉しい・楽しい」だけではなく、心の奥から出る「安心感や充実感」だと思っています。今の皆さんはまだ若くて、長い人生を過ごしてきた人のような喜びを感じることは難しいかもしれません。しかし、毎日の積み重ねが人生ですから、今自分ができること、自分がしなければならないことに誠実に取り組むこと、そして目標をもって辛さに耐えていくことなど、日々の努力が喜びにかわると信じて毎日を過ごしてください。

 来週から期末テストが始まります。学習も毎日の積み重ねが力となり、自分の将来に必ず役立ちます。暑さや梅雨のうっとうしさを理由にせず、精一杯の努力をしてください。そして追試やレポート提出のない気持ち良い学期末を迎えましょう。