2学期始業式 8月29日(月)

【2学期始業式】
 おはようございます。今年の夏休みは、雨が少なく暑い日の連続でしたが、部活に補習に、ボランティア活動に頑張る皆さんの姿を見ることができました。ボランティア活動やオープンスクールでは、みなさんの協力にとても感謝しています。ありがとうございます。そして、今日も皆さんの元気な姿を見ることができ、本当に嬉しく思っています。
 夏休み期間中、学校ではワークショップ、職場体験、28総体、オープンスクール等たくさんの行事がありました。私は中3の生徒と一緒にサイパンへ修学旅行に行ってきました。私にとって、青い海と空に囲まれ、ゆったりとした時間の中で過ごした一週間は、日本での生活とは違い、「本当の豊かさとは何か」等、多くのことを考える時間となりました。また普段、することのない洗濯も生徒たちのためにほぼ毎日行い、主婦の大変さなど、いつも当たり前だと思っていたことの大変さを感じる良い機会となりました。
 中3の生徒も積極的に外国の文化に触れ、現地の人たちと交流することができ、とても有意義な時間を過ごせたのではないかと感じています。修学旅行の最終日にたくさんのハプニングがあり、担任の先生もかなりお怒りでしたが、貴重な体験をし、全員が無事に帰ってきたことで、これも良い経験になったことと思います。中3はもちろん、ここにいる生徒の皆さんは、夏休みにいろいろなことを学び・体験するチャンスに恵まれたと思います。しかし、経験したこと、失敗したことを、いかに自分の知識や力に変えていくかは皆さんの考え方・心の持ち方次第です。多くのチャンスに恵まれながらも、それを無駄にしてはこれからの成長につながりません。

 私はいつも言っています。学習・部活・ボランティア・その他の活動をとおして皆さんが経験することは、皆さんをより良く成長させていくためのものです。様々な経験の中から
『魅力的な人~人間力のある人~』となるよう心がけてください。
 1学期の終業式では皆さんに、「想像力を身につけて欲しい。」という話をしました。皆さんはこの休み中、どのくらい想像力を鍛えたでしょうか。全ての活動において、「自分がこういう行動をとればこうなる」と想像して、自分の言動をコントロールできたでしょうか?私は皆さんに、2学期が始まって「夏休みこうしていればよかった。もっと勉強していればよかった。もっと練習していればよかった。」と後悔して欲しくありません。もう一度夏休みを振り返り、この期間の経験が自分の力となっているか確認とまとめをしてください。
物事は適当に取り組めば、適当な成果しか返ってきません。2学期は、常に先を創造しながら「どうせやるなら…」「どうせ時間をかけるなら…」と自分の力になるように取り組んでいきましょう。
 1週間後には、すぐに体育祭が行われます。まだまだ暑い日が続きますから、しっかり気持ちの切り替えをし、体調に気をつけて、がんばっていきましょう!