11月1日は 10月28日(金)

 10月も終わりの日が近づき、11月がすぐそこまで来ています。皆さんは11月1日が何の日か知っていますか? 皆さんにとっては、開校記念日という答えが一番にあがるかもしれません。
 11月1日は「古典の日」でもあります。有名な古典作品『源氏物語』についての記述が初めて見られるのが11月1日だということから提案されました。およそ千年前に書かれたものを今読むことができるというのは、不思議ですてきなことだと思います。それほど昔のものが今も残っているというのは、作品にそれだけの魅力があるから、それだけ大切に読み継がれてきたからなのだと思います。「古典」と聞くと難しく思う人もいるかもしれませんが、中には共感する部分や心に響く箇所があるはずです。昔の人たちがどのような時を過ごし、どのようなことを考えたのかを知るのは、楽しく意味のあることだと思います。読書の秋、古典にも挑戦し、いにしえの世界に触れる機会を作ってみてください。
 そして、11月1日は本校の開校記念日です。開校記念日のミサは、私にとって大切な、大好きな行事です。静かな雰囲気の中で自分を見つめ、周りのこと、世界のことに思いを馳せ、心落ち着く時間を過ごすことができます。また、同じ時を共有する人達と声を合わせていきます。この、声を合わせるというのも心地よいものです。私は光塩で過ごして声を合わせる合唱がより好きになりました。中学校までクラス替えのない、一学年一クラスという環境にいた私にとって、全校で歌うミサの歌、特にハレルヤコーラスは新鮮で、ハレルヤを初めて歌ったときの感動はとても大きなものでした。後半の各パートが掛け合いをして盛り上がっていく部分は、一生懸命歌っていると互いに競い合うように、それでいてそれぞれの歌声が引き立て合っていくように感じられます。先日の練習でもすばらしい歌声を聞かせてもらいましたが、本番での歌声も楽しみです。
 合唱に触れるとき「合わせる喜び」ということを思います。光塩に勤めてから関わってきた吹奏楽や書道でも同じことを感じました。楽器は一人で演奏できるし、書道も基本的に一人で取り組むものです。でも、誰かと合わせることでまた違った魅力や楽しさが生まれます。学校生活も同じだと思います。一人でできる勉強や運動も、他の人と一緒に行うことで得られるものがあり、そこに面白さや成長のきっかけが隠れているのだと思います。
 私たちは、この光塩という場所で縁あって一緒に学んでいます。より光塩らしく言えば、「神様に呼ばれて」ここで出会い、共に学び成長する機会を与えられています。それは千年前の物語を今私たちが読むことができるのと同じように、とても不思議ですてきなことだと思います。光塩の歴史も今年で65年を迎えます。多くの人たちの「光塩での学びを伝えたい、つなげていきたい」という思いがあったからこそ、今があります。円型校舎の解体など変わっていく部分もありますが、これまで伝えられてきた大切なことは皆さんの前に変わらずにあるはずです。今、この光塩で皆さんと一緒に過ごせていることに感謝して、開校記念日を迎えたいと思います。

有言実行 10月21日(金)

 中間テストも終わり、2学期も後半が始まりました。光塩では、たくさんの行事がこの2学期に集中しています。前半は体育祭とインドネシア留学生との交流がありました。後半には、開校記念日のミサ・バザー・クリスマスキャロルコンクールとクリスマス祝い、そしてクラスマッチ、さらに高校2年生は修学旅行もあります。
 たくさんの行事があるということは、たくさんの人が活躍できるということです。スポーツが得意な人もいれば、音楽が得意な人もいると思います。それぞれの得意分野で一つ一つの行事を盛り上げてもらえればうれしいです。
 よく、行事が終わった後に、「もっとこんなことをしておけばよかった」とか「あんなことができたのに」といった言葉を耳にすることがあります。やらずに後悔するのは本当にもったいないことだと思います。
 そんな私が、高校時代に掲げた言葉を一つ紹介したいと思います。
「有言実行」
皆さんはこの四字熟語を漢字で書けますか?本来「言」には「いう」という漢字を書きます。しかし私はその当時「いう」ではなく「限る」という漢字を入れ「有限実行」としていました。高校生活は3年しかなく、その限られた中で、最大限に楽しむことを目標としていたのでこの漢字を使っていました。
 私たちに与えられた時間は過去でも未来でもなく「現在」だけです。今を大切にし、全力で取り組むことが豊かな未来を作るのではないでしょうか?

ひとり暮らし講座 10月19日(水)

 進路指導の一環として、JSB不動産の森岡さんを講師としてお招きし、ひとり暮らしの準備についてお話をしていただきました。
 敷金や礼金などの不動産用語についての説明や、学費以外の生活費についてお話をされました。住まい探しのポイント、費用を抑えるための工夫、防犯上よく起きるトラブルと対処方法等卒業後の生活に役立つ知識を学びました。
 生徒たちは充実したキャンパスライフを送るために、志望校合格を目指して頑張ろうと気持ちを新たにしていいました。

メルセダリアンクラブ

 ふるさと祭り・時代まつりに参加する山口盲ろう者友の会の全体交流会のお手伝いを行いました。最初に、皆で練習した簡単なあいさつと、「メルセダリアンクラブ」の紹介を指文字で行い、次に「萩を知ろう!」というタイトルで、事前に準備した5つのクイズを行いました。盲ろう者・スタッフ合わせて約60名が参加し、手話通訳を交えながら楽しく会を進めることが出来ました。事前の勉強会で、盲ろう者の体験として手書き文字等についても学び、参加された方々と少しお話をすることも出来、とても有意義な時間を過ごすことができました。

祝 卓球部 団体上位入賞

10月23日(日)
第37回阿知須近郷卓球大会
男子団体 3位
女子団体 優勝

ダンス部 田万川EGF 秋の収穫祭

 ダンス部は田万川にあるEGF秋の収穫祭に招待していただき、ダンスを披露してきました。校外で活動するのはこれが初めてですが、少しずつ練習の成果を外に発揮できるように活動をしていきたいと思います。  次の校外での予定は12月23日児童館でクリスマスカフェです。

幼稚園 秋の散歩 10月19日(水)

【年少ほし組】

気持ちの良い秋晴れの今日、みんなでお散歩に出かけました。
一学期に比べ、歩き方もとても上手になり、
横断歩道のわたり方もしっかりと手をあげられるようになってきました。
秋見つけをテーマにみんなで菊谷横丁、田中大将公園周辺散策・・・
葉の色が赤や黄色に色づき、
木も衣替えだね~♪ と色々な発見をしました。

幼稚園 さつまいもの絵 10月14日(金)

【年少ほし組】

お芋ほりで掘ったお芋の絵を描きました。
みんなそれぞれ形や大きさも違い、
個性溢れる絵となりました。
「ぼくがほったいもは、ねずみみたいないも♡」
「みんなが掘ってきたからうれしいって!」
思いがたくさんつまった絵が完成しました。

幼稚園 芋ほり遠足 10月12日(水)

子どもたちが待ちに待ったお芋ほり!
「おやつもってきたよ♡」
「いっぱい掘るよ!」とやる気いっぱいの姿が
見られました。
お天気も良く、見晴らしのいい景色の中で、
時間いっぱいお芋ほりを楽しみました。

幼稚園 おやつの買い物 10月11日(火)

年長さんがお店屋さんになって、おやつの買い物をしました。
「これください!」「10円です」のやりとりが楽しいさくら組さん。
たくさんのおやつを目の前に目を輝かせながら
お買い物をするばら組さん。
いつもとは違う雰囲気にドキドキのほし組さん。
いろんな表情が見られた時間となりました。

幼稚園 運動会の絵 10月6日(金)

【年少ほし組】

運動会で頑張ったこと楽しかったことを
思い出しながら絵を描きました。
かけっこ、リレーなど一生懸命に走ったこと、
お家の人との触れ合いを楽しみながらやった親子競技
“栄養満点!ほし組弁当”など、どの競技もとても思い出となっているようです。
来年の運動会が待ち遠しいですね♡


高校 オープンスクールのご案内

高校秋のオープンスクールが開催されます!
11月11日(金)
14:00~16:00
(受付13:45~)
14:00~日程・学校説明
14:40~コース授業体験
15:30~アンケート記入
閉会行事


※左の写真をクリックすると、ちらし(PDF)が開きます。


中学校オープンスクールのご案内

中学校秋のオープンスクールが開催されます!
 みんな来てね♪

 11月5日(土)
 9:00 ~ 9:20 学校説明
 9:30 ~10:15 公開授業
【1年 国語 2年 英語 3年 理科】

 10:25~10:40 英語スピーチ発表・音楽発表
 10:50~11:40 わくわく理科教室
           (同時開催*保護者交流会)

 11:45~12:00 入試説明会

※左の写真をクリックすると、申込用紙(PDF)が開きます。


開校記念日のミサのご案内

 

 11月1日に開校記念日のミサが行われます。
 そのあと、サルーキ=のライブがあります。
 このライブには、本校卒業生の田中君、斎藤君も参加いたします。
 皆さん、お誘いあわせのうえ、ぜひおこしください!

 11月1日(火)
 開校記念ミサ 9:00~10:00
 司式 カトリック光教会主任司祭 後藤神父
 (休憩)    10:00~10:15
 コンサート  10:15~11:30
 観覧ご希望の方は萩光塩学院までご連絡ください。


校友会選挙 10月12日(水)

 校友会選挙が行われました。校友会長、副会長ともに4人の立候補者がおり、それぞれが公約を全校生徒の前で発表し、選挙となりました。
 新校友会長には「みなさん、神様の望まれる背丈までともに成長していきましょう」と話した篠原さんが、また、副会長には「ひのひかり」の詩を朗読し新校友会への決意を述べた尾崎さんが選ばれました。

円型校舎に宿る命 10月14日(金)

 みなさんは長年大切に使っている物がありますか。日本には、長年大切に使っている物には神や精霊が宿るという考え方があります。この神や精霊は、八百万の神や付喪神と言われています。みなさんが子どもの頃、身のまわりの物を乱暴に扱うと、家の人からその物が痛いよとか、泣いているよ、と言われた経験があると思います。これは、まさに物に神や精霊が宿るという考えが生活に根付いたものです。
 私は昨年12月に約8年、生活を共にした愛車を手放しました。娘や息子の誕生や親の介護や通院、辛い時音楽を聴きながらドライブするなど私にとっては相棒のような存在でした。様々な理由で愛車を手放し、新車を購入することになりました。新車が手元に届くことはうれしくもありましたが、反面別れの日が近づくにつれ複雑で寂しい気持ちもふくらんでいきました。ついに、愛車と新車が交代する日がきました。長年連れ添った愛車は新車に負けないくらいきれいにしました。新車を目の前にして、手放す車がこれからどうなるのか、次の持ち主がいい人であるように、などたくさんのことを考えていました。その時、手放す車は私に優しく微笑んでくれたように見えました。複雑な心境を察してくれたのか、販売店の人が、次の車もこの車と同じようにかわいがってあげてくださいと声をかけてくれました。その言葉に涙が止まりませんでした。
 みなさんの目の前にも、今まさに別れを告げようとしている建物があります。円型校舎です。62年間生徒を見守り続け、多くの卒業生がここから巣立っていきました。歴代の先輩方が大切に使われ、定期的に大掃除をしてきたおかげで今まできれいな状態で居続けられたと思います。これだけ長い時間、生徒に愛され生徒を見守り続けた円型校舎には,神や精霊が宿っているかもしれません。最後の大掃除があった5月11日の夕方、私は何気なくらせん階段を眺めていました。そうすると夕日が円型校舎に差し込み、得も言われぬ幻想的な風景を見ることができました。その時、私の思い込みかもしれませんが円型校舎が「ありがとう」と言ってくれたように思いました。幸いにもまだ円型校舎はあります。もう一度、温かい目で円型校舎を見てみませんか。そうすれば、みなさんに何か語りかけてくるかもしれませんよ。
 自然や物を大切にし、物にも神や精霊が宿るという日本人の優れた感性を大切にしながら生活してみませんか。

幼稚園 運動会を終えて 10月3日(月)

【ほし組】

運動会で頑張ることができたほし組さん。
練習の時から年長さんの鼓隊演奏に憧れを抱いていました。
さくら組の鼓隊演奏の曲を流すと大喜び♡
満面の笑みで年長さんのまねっこをしていました。

幼稚園 栄養満点!ほし組弁当 9月23日(金)

運動会の親子競技で大きなお弁当作りをしたほし組さん。
おにぎりはみんなで力を合わせて新聞紙を使って制作しました。
運動会当日もお家の方との触れ合いを楽しんでいました。
実は、、、待ちきれずに少しだけ保育室で競技の練習をしました!
お芋ほり遠足で食べる本物のお弁当を心待ちにしています。


(運動会当日の写真ではなく、保育室で行った練習風景です。)

祝 英語弁論 全国大会へ!

 第59回山口県中学校英語暗唱・弁論大会 兼 高円宮杯第68回全日本中学校英語弁論大会県予選 で 中3の村岡君が見事優勝しました!
 村岡君は11月に東京で行われる全国大会に、山口県代表として出場します!


10月のテーマは「信頼」

【朝礼の言葉】
 秋の気配がいたるところに感じられるようになりました。
9月は体育祭から始まり、インドネシアからの留学生との交流会、部活動の試合など、慌ただしい毎日が続いたことと思います。今月は中間テストがあります。少し心を落ち着かせて、時間を上手に使いながら勉強に集中するよう努めてください。
 さて、今月の学院の目標は「信頼」です。
 私たちはいつも心の中で「人から信頼されたい」と願っています。しかし、「信頼される人になるためにはどうしたらいいか」と考えたり、そのために努力したりすることは、日々の生活の中で、なかなかできていないのが実情です。そして、私たちはいつも自分のことよりも、他者への要求が先にあり「あの人は信頼できない」「先生なんて信用しない」と言ってしまいます。しかし、そう言う前に、まず自分が信頼される人であるかどうか、自分に問いかけてみましょう。私は今日、皆さんに今月のテーマを話すにあたって、どうしたら、信頼される人になれるのか、もう一度考えてみました。それを皆さんに伝えたいと思います。
ま ず、ひとつめは、「自分の間違いを素直に認める」ことです。「間違いを正す」という行動には、謙虚・誠実・償いの気持ちが込められています。失敗は自分にとってマイナスかも知れませんが、その時の自分の行動によっては、逆に不信を信頼に変えることもできるのです。間違うことは全てが悪いということではありません。人間生きていればいくらでも間違いを犯すものです。だからこそ間違えたことを素直に謝り、認めることも必要なことです。
 2つめは、「約束はきちんと守る」ことです。たとえ小さな約束であったとしても、やぶられた側からすれば大きな傷が生まれていきます。やはり約束を破る人は信頼されにくいものです。自分が信頼されるためには約束を守ることが大切です。
 3つめは、「自分中心に考えない」ことです。自分の損得がギラギラと出てしまうような人は信頼されません。自分のことだけでなく、先輩や後輩・友達等かかわる相手のことも心から気遣い、導き、奉仕することが大切です。
 4つめは、「自分の得意分野を極める」ことです。周囲の人に対して、きちんと自分の得意分野をアピールしたり、不得手なことを伝えたりしておくなど、事前に知らせてあげることが大切だと思います。興味関心がある分野では、努力してしっかりと実力をつけ、「実力がある人だ」と、相手に認めてもらう必要があります。自分自身の得意分野を徹底的に極めることで、周囲から信頼されるようになります。
 5つめは、「愚痴や悪口を言わない」ことです。ついつい、こぼしたくなってしまう愚痴、悪口、誰かの批判。でも、度を過ぎると、信頼されなくなるので,要注意だと思います。
信頼関係は一日でできるものではなく、日々の積み重ねから生まれてくるものです。信じていた人に裏切られたり、また人を裏切ってしまったりすることもあるでしょう。その中で、許すことと許されることを繰り返しながら、ゆっくりコツコツと積み上げていく以外に信頼関係を築くことはできません。まずは客観的に自分を見つめてください。自分が発する言葉や態度の中に相手を傷つけるものがないか、振り返ってみましょう。
 最後にもう一度、今話した信頼される人になるために必要な5つのことを伝えておきます。

1.自分の間違いを素直に認める
2.約束はきちんと守る
3.自分中心に考えない
4.自分の得意分野を極める
5.愚痴や悪口を言わない

 以上の5つのことを、生徒の皆さんだけでなく、私たち教職員も含めた萩光塩の全ての人たちが守り、相手を尊敬し、誠実に生きていくことを学んでいく10月にしていきましょう。

「違い」ではなく 9月30日(金)

Good morning. Today, we have our friends from Indonesia, so I will speak in English first and then translate into Japanese.
おはようございます。今日は、インドネシアからの留学生がいるので、まず英語で話して、それから日本語で話したいと思います。
As you know, we have about ten Indonesian exchange students visit our school every year.
みなさんもご存じのように、毎年インドネシアからの留学生が本校を訪れています。
One of our students made an amazing comment after this exchange program last year. Now, I’d like to share his comment with you all.
昨年のインドネシア留学生との交流を通して、ある生徒がすばらしい感想を話してくれたので、今朝は皆さんにその感想を紹介したいと思います。

Spending time with the students from Indonesia, I noticed many differences between the Indonesian culture and ours. It was really interesting for me to learn about those differences. In communicating with people from different countries, it is often emphasized that there are many differences from culture to culture and we should appreciate those differences. I understood that through my own experience. Interestingly, I found there were more similarities than differences taking part in this program.
For example, one of the exchange students stayed at my house for two days. He and I were the same age, and we had a lot in common. We both liked YouTube. We watched many videos and laughed together like real brothers. We enjoyed playing video games and talking about our favorite actors and actresses. Though he and I were from different countries, I felt that we were interested in the same things and our thoughts were very similar. I realized how important it is to pay attention to not only our differences but also our similarities. We should remember that people around the world have many things in common, even though we live in different countries. I think we should appreciate and respect that.
Recently, we often hear sad news about terrorism or murders caused by racism. People who attack other people don’t like others having different ideas, beliefs, or religions. However, I think we should look for things they have in common, and stop focusing so much on their differences. Even if people have various backgrounds, what they think or believe seems to be essentially the same. I’m sure that we will be able to understand each other better by finding things they all have in common instead of fighting over our differences.
インドネシアの留学生と一緒に過ごしていると、インドネシアと日本の文化の違いに気づきました。僕にとって、その違いを知ることは本当に興味深かったです。異文化交流をするときには、よく文化の「違い」が強調され、その違いを尊重しなければいけません。僕も、インドネシアの人たちとの交流を通して、そのことを理解しました。しかし、面白いことに、僕は違いよりも共通点の方が多いことに気づきました。
例えば、僕の家に男の子がホームステイをしました。彼と僕は同じ年で、共通するものがたくさんありました。2人ともYouTubeが大好きで、2人でたくさんの動画を見て、本当の兄弟のように笑いました。また、テレビゲームを楽しんだり、好きな芸能人について話したりしました。生まれた国は違いますが、同じ中2同士、興味があることや普段考えていることは同じだと感じました。僕は、違いだけでなく、共通点に目を向けることも非常に大切だと感じました。たとえ生まれ育った環境は違っても、共通することがたくさんあるということを忘れてはいけません。
現在、世界ではテロや人種差別による殺人などが後を絶ちません。テロや紛争を起こしている人たちは、自分たちと異なる意見の人々を攻撃しています。しかし、僕は違いばかりを見ることをやめて、もっと共通点に目を向けるべきだと思います。たとえ、生まれ育った環境が違っても、私たちが考えていることや信じていることは、根本的には同じだと思います。違いではなく、『共通点』を見つけることによって、お互いをより理解することができると思います。

I was really impressed by his comment. I strongly agree with his idea.
彼の感想は本当に素晴らしいと思した。私も同感です。
Now, you, Indonesian students and Japanese students, have been together for two days. What did you learn so far from each other?
皆さんは、この2日間、留学生と一緒に過ごしてどのようなことを感じたでしょうか?
You are lucky to have a chance to communicate and exchange ideas with people of about the same age from different countries. Today is the last day of this exchange program. Please make use of this chance and learn as many things as you can and think about them carefully. Enjoy this program!
外国の同年代の人たちと関わる機会をもつことができ、皆さんは本当に幸せだと思います。留学生との交流は今日で最後ですが、お互いにたくさんの関わりをもち、さまざまなことを感じ、考えてほしいと思います。そして、おもいっきり楽しんでください!

インドネシア留学生 9月28~30日

 今年もインドネシアからの留学生が12名来ました。
 メルセダリアンクラブ、校友会を中心に歓迎会を行い、短い日程でしたがクラスで授業を受け、昼食、休み時間と一緒に過ごしました。
 本校の生徒も、インドネシアからの留学生も積極的に交流を持ち、送別会では涙を見せるなど、それぞれが思い出深い時間を過ごしたと思います。