全国私学テニス選手権中国大会

26日(土)27日(日)は私学の山口県代表として岡山県備前市で開催される全国私学高等学校テニス選手権中国大会に男子団体とシングルスに村岡君、岩﨑君、田中君が出場しました。団体戦では全国大会常連の岡山理科大附属高校と対戦しました。完全に格上の相手でしたが、持てる力を十分に発揮し、すばらしいプレーが見られました。昨年も出場した大会ですが、この1年間で技術・精神ともに格段に成長し、今後の活躍がさらに期待できる内容でした。たくさんのご支援ご協力ありがとうございました。

シングルス  村岡 1回戦  対 開星高校(島根)  1-6敗戦

       岩﨑 1回戦  対 開星高校(島根)  6-7(4-7)敗戦

       田中 1回戦  対 崇徳高校(広島)  1-6敗戦


団体戦    1回戦  対 岡山理科大附属高校 0-3敗戦
             ダブルス1 岩﨑・田中組 2-8敗戦
             シングルス 村岡 1-8敗戦
             ダブルス2 西村・関屋組 0-8敗戦

       3位決定戦 対 城北高校(広島) 0-2敗戦
             ダブルス1 村岡・田中組 3-8敗戦
             シングルス 岩﨑 5-3(打ち切り)
             ダブルス2 泉山・松野組 1-8敗戦

第10回中国高等学校新人テニス大会

 18日(金)~20日(日)に岡山県備前市で開催された第10回中国高等学校新人テニス大会に山口県代表として村岡君・岩﨑君がダブルスで出場しました。
 1回戦、島根県代表の出雲西高校に6-3で見事に勝利を収めました。2回戦は岡山県代表の倉敷青陵高校に1-6で惜しくも負けてしまいましたがベスト16という記録を残すことができました。
 皆様のご声援やご支援のおかげでこのような成績が収められました。誠にありがとうございます。

たいがたい 11月18日(金)

 昨日までの約1か月、私たちは毎日、光塩ビスケットを焼き続けました。皆さんはどんな気持ちでビスケットづくりをしてきましたか?現代の日本にはもっとおいしいお菓子がたくさんあるのに、この素朴なビスケットを楽しみにしてくださっている方々が、萩にはたくさんいらっしゃいます。
 ところで、11月23日は勤労感謝の日です。「感謝」することの大切さを考える日であってほしいと思います。しかし、「感謝」という言葉が多用され、少し重みがなくなっていると感じることもあります。
 私の母はよく「たいがたい」という言葉を口にします。「たいがたい(耐え難い)」は山口の方言で、「ありがたい」という意味で使われます。「よーけもろうてたいがたいがー」「わざわざ来てもろうてたいがたとうあります」など、本当によく使っています。「たいがたい」は、「ありがとう」という感謝の意味だけでなく、「私のためにこんなにしてくれて申し訳ない」という気持ちを含んでいます。また、「みてる」という方言もあります。これは「ものが無くなる」という意味ですが、「別の場所に物が満ちる」という考え方からきているようです。山口の方言の中に、人とのつながりを感謝する心を感じませんか?最近は、方言を使う人が少なくなってきており、寂しさを感じています。方言を使うことをかっこ悪いと思う高校生もいます。しかし、言葉が私たちの思考回路を操っています。
 11月23日のバザーの日。私たちが作ったビスケットを「ようけ買うてもらってたいがたい」。でも全部「みてて」萩市の多くの家が光塩のビスケットで満ちるのかと思うとちょっとうれしいですね。

関西地区同窓会 11月27日(日)

 11月27日(日)、第8回萩同郷会がに大阪キャッスルホテルで行われました。
 この萩同郷会は、萩高、萩商、萩工(現萩商工)、萩光塩の高校を卒業された方々が一堂に会し、 故郷萩と母校への思いを共有する目的で、4年に一度開催されています。
 当日は各高等学校の校長先生をはじめ、多くの卒業生が参加され、楽しいひと時を過ごすことができました。
 また、関西地区にお住いの3校以外の卒業生(萩・阿武・長門出身)の方も積極的に参加されており 有意義な交流の場となりました。
 関西周辺の萩出身の方は次回是非ご参加ください。

バザー2016 11月23日(水)

 今年もたくさんの人に来ていただきました。
 心配された雨も、朝方にはあがり、穏やかな日差しの中で開催することができました。
 生徒は1か月前から準備を重ね、この日を迎えました。
 たくさんの人にあたたかい声をかけていただき、生徒、保護者、卒業生、教職員一同、地域の人に支えられ、喜びと感謝にあふれた一日となりました。

祝 卓球部 全国選抜合宿参加

11月26~27日
平成28年度 全国高校選抜新人合宿
 山口県代表 出場 内田君(2年)

書道部 イオンモールカップ出場決定

 10月8日、3年生が受験準備期間中のため、1・2年生の新チームで、ひふみ灯篭「大田・絵堂の戦い」戦没者供養祭で書道パフォーマンスを行いました。
 「大田、絵堂戦没激戦の地」の呑水峠で、全員で手を合わせた頃から雨が降り出し、会場の願成寺に着いた時には大雨となり、願成寺の本堂で行うことになりました。柱、畳、階段すべての物に新聞紙を敷きつめての書道パフォーマンスでしたが、感動的なパフォーマンスとなりました。
 その後、テーマ「志命」が、まもなく明治維新150年を迎える萩の地にピッタリの内容のため、3年生もぜひこれで全員で第2回イオンモールカップ高等学校書道パフォーマンスグランプリ中四国大会山口県予選で行いたいとの思いが強くなりました。その後、10月23日のEGF収穫祭(萩市下小川社会福祉法人EGF)、11月12日(土)萩ふるさとまつり(萩市中央公園)で、少しずつ構成内容に工夫を重ねて全員で行いました。
 その結果、11月19日(土)、ソルトアリーナ防府で第2回イオンモールカップ高等学校「書道パフォーマンス」グランプリ中四国大会の山口県予選が行われ、予選突破を果たしました。
 昨年度山口県代表として第1回大会に出場して大きな刺激を受け、第2回の今回も連続出場を目指して練習を重ねてきました。念願かなっての決勝大会への出場となります。決勝大会は来年1月7日(土)に岡山県で行われます。
 このテーマ「志命」を最初にご依頼していただきました「大田・絵堂の戦い」を顕彰しよう会の若い有志の方々に感謝感謝です。

高3 11月9日(水)LHR

人権教育公開講座 ~人の命を奪うのも人を救うのも人なんです~
 人権教育の一環として「少年犯罪被害当事者の会」代表の武さんを講師としてお招きし、「人の命を奪うのも人を救うのも人なんです」というテーマで講演をしていただきました。武さんは20年前に集団暴行という理不尽な形で長男の命を奪われました。その当時は偏見もあり、事件について遺族が情報を得ることも難しかったことや、一方的な暴行であってもどちらも悪いような報道をされるなど、私たちには想像もつかない本当に苦しい日々を送ってこられたそうです。その時から活動されている少年犯罪被害当事者の会の活動や、「WILL(ウィル)」という集会のことなどのお話を通して、強くて大きな声に流されるのではなく、「見る目と考える力を持って欲しい」と話されました。その他にも、「自分を好きになって、自分を大切に(人にも優しくなれる)」「困っている人がいたら、声をかけてあげられるように」、「何気ない普通の毎日がおくれることはとても幸せ」など、被害者にも加害者にもならないために大切にしたいことを教えていただきました。
 理由もなく大切な人(家族など)が亡くなることは想像し難いことですが、今回のお話を聞いて会の方々がどのような思いで活動されているかを知り、命の大切さについて改めて考えることができました。

祝 県大会 男女団体準優勝!

11月12~14日
平成28年度 山口県体育大会卓球競技
男子団体 準優勝
女子団体 準優勝

男子シングルス 5位 縄田(1年)
        9位 内田(2年)

女子シングルス 準優勝 重安(1年)
         3位 伊藤(2年)
         5位 重安(1年)
         9位 三輪(2年)

女子ダブルス 3位 重安・重安組(1年)

幼稚園 英語遊び 11月11日(金)

【年少ほし組】

「To day is sunny?」
「Yes!!」

今朝は、青空が見える良い天気。
Sr.ジョイと英語でやり取りをし、とても楽しそうでした。
ダンスもしました!
みんな、英語遊びが大好きです。

幼稚園 警察署見学 11月8日(火)

楽しみにしていた警察署見学。
雨天でしたがパトカーの試乗もさせていただき、
身近な場所で働く警察署の方の仕事を知ることができました。
実際に手錠や警棒を見たり、どのような時に使用するのかを
詳しくたくさん食べてたくさん遊んで強い心と身体になれますように・・・!

幼稚園 給食当番 11月7日(月)

【年少ほし組】

先月からお給食当番が始まりました。
自分の当番を心待ちにしている子どもたちです。
こぼさないように気をつけながら「どうぞ~」と
給食の配膳をしています。



幼稚園 作品展に向けて 11月7日(月)

【年少ほし組】

年少ほし組は、「くつ」を作ります。
みんな作りたい靴を考えてイメージを膨らませています。
どんな素敵な靴ができあがるかな・・・?


高校 オープンスクール 11月11日(金)

 高校のオープンスクールが行われました。
 今回のオープンスクールはコース体験。来年度からコースが改編され、新しく開設される看護コース、公務員・情報コースから、公務員、保育音楽コースの保育分野などの講座が公開されました。  

中学校音楽会 11月10日(木)

 萩・阿武中学校音楽会が行われました。
 毎日朝練、放課後練習を行いました。オープンスクールなどでも披露し、練習を重ねました。
 本番の市民会館では、透き通るような美しい声が会場中に響き渡りました。
 お昼には光塩幼稚園で園児の前でも披露すると、思いがけず園児からも歌のプレゼントがありました。歌は「愛をください」。みんな懐かしく聞きました。
 放課後は萩博物館に校外学習に行ってきました。

高校 平成29年度生徒募集要項

平成29年度入学生生徒募集要項です。
写真をクリックするとPDFが開きます


中学校 平成29年度入学生生徒募集要項

平成29年度入学生生徒募集要項です。
写真をクリックするとPDFが開きます


幼稚園 球根植え 11月4日(金)

【年少ほし組】

みんなで花壇にチューリップの球根を植えました。
“チューリップが咲く頃には、みんなはばら組さんだよ”と
伝えると友だちと顔を合わせあってとても嬉しそうでした。



幼稚園 どんぐり探し 11月1日(火)

【年少ほし組】

みんなでどんぐりを探しに中央公園にお散歩に行きました。
ちいさいどんぐりを発見!
帽子をかぶったどんぐりも見つけました。



中学校オープンスクール 11月5日(土)

 中学校オープンスクールが行われました。学校説明や授業参観、保護者の交流会などが行われました。
 小学生たちは授業体験としてわくわく理科実験に参加し、目を輝かせ、工作や実験を楽しみました。

校友会交代式 11月1日(火)

 校友会の交代式がありました。たくさんの行事で盛り上げてくれた田中会長率いる旧校友会から、ボランティア活動にさらに力を入れたいと話す新篠原会長に引き継がれこれからの校友会も楽しみです。


希望の光 11月4日(金)

 今月は開校記念日のミサから始まりました。今年初めてミサに参加した人は、創立者マドレ=マルガリタが光塩の生徒たちに何を期待し、どういう生徒に成長して欲しいと願ってこられたか理解できたと思います。学院の創立を記念することは、ただ過去の伝統を守っていくだけでなく、新たな出発を祝う節目の日でもあります。創立から65年たった現在も、そしてこれからも生徒の皆さんによって光塩の精神、良き伝統が引き継がれて行くことを願っています。ミサの最後にみんなで歌った『ハレルヤコーラス』は、とても素晴らしいものでした。参加された卒業生や保護者の方からは、「生徒たちの歌声に感動しました。」「来年も聞きに来たくなりました。」とたくさんのお褒めの言葉をいただきました。私も皆さんの歌声聞いて、皆さんの純粋さと力強さを感じました。そして一人ひとりを光塩の生徒として誇りに思い、「希望」を感じることができました。

 今月の学院のテーマは「希望」です。
 1日のミサの後のコンサートに2人の卒業生が参加しました。皆さんは、ステージ上で演奏する先輩方の姿を見てどう思ったでしょうか?「かっこいい」「あんな風になりたい」と思った人もいるかもしれません。しかし彼らも何の苦労もせずに今があるわけではありません。高校時代、勉強や進路、人間関係でたくさん悩み、自分の将来像を描くこともできず、もがき苦しんでいた時期がありました。その苦しみを親や先生方にぶつけたこともありました。しかし、久しぶりに母校に帰ってきた彼らは、恩師の先生方の前で少し照れながらも、素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。きっと彼らは高校時代の経験をとおして、音楽という自分のめざすべきものを見つけ、今日まで努力してきたのでしょう。ステージ上で演奏していた二人は、自分の「希望」に向かって輝いていたので、かっこよく見えたのではないでしょうか。
 私たちは、「希望」という言葉を聞くと、個人としての望みを思い浮かべますが、今月はそこだけにとどまらず、もう少し広がりをもってクラスとして、学校として、社会としての希望を見出していく月にしたいと思います。嫌なこと苦しいことがあると私たちはすぐに絶望的なことの方を考えてしまいます。しかし、そんな時ほど心の奥にある「希望の光」を信じながら努力していく月にしていきましょう。

 最後に、今月23日には伝統の光塩バザーがあります。その準備も本格的に始まっています。毎朝早くからビスケット焼きの準備をしてくれている3年生の田中君、平川君ありがとうございます。彼らのようにバザーの仕事を喜んで手伝ってくれる皆さんの姿を見るたびに、とても気持ちの良い思いをさせられます。私立学校は、保護者・卒業生・地域の方々の支えがあって成り立っています。それを一番感じることができるのがこのバザーです。私たちはそれのことをしっかり理解しなければいけません。光塩バザーの由来は既に皆さんも知っていると思いますが、このバザーは「自分たちの学校を自分たちの手で作っていこう。」と始められたものです。これが受け継がれ、保護者の方々や卒業生・地域の方々がたくさん協力してくださっています。私たちはバザーに来てくださる多くの方々に感謝の気持ちを込めて、この1か月気持ちよく働いていきましょう。

開校記念日 ミサ 11月1日(火)

 開校記念日のミサが行われました。今年は、光教会より後藤神父様をお迎えして、厳粛で喜びにあふれたミサになりました。校歌や聖歌も美しく、またハレルヤコーラスはこれからの生活に希望の光が輝くようでした。また力強さの中にもふんわりとしたあたたかい、そんな空気が会場中に広がりました。
 また、ミサの後に行われたサルーキ=のコンサートでは、会場中が盛り上がり、とても楽しく、そして心のこもった歌やMCのメッセージに感動しました。
 卒業生の二人が演奏に参加しており、先輩の活躍に生徒は憧れの眼差しで見ていました。

祝 山口県警本部長賞受賞

 7月から全校生徒で取り組んできた「自転車盗難被害防止コンクール」での活動が評価され、萩市民館でおこなわれた「犯罪のないまちづくり県民大会」において、本校が山口県警本部長賞をいただきました。また、県内参加校43校の代表として活動内容を発表しました。このコンクールに全校生徒で意欲的に取り組み、学校全体に一体感がうまれたこと、また、地域にも貢献できたことは大変嬉しく思います。
 今後も自転車盗難被害ゼロを目指し活動を続けていこうと思います。

幼稚園 年少保育参観日 10月28日(金)

【年少ほし組】

保育参観日で子どもたちの様子を保護者の方に見ていただきました。
朝のお祈り、主活動「しっぽとり」を見ていただきましたが
子どもたちは友だちと楽しそうに活動していました。
成長した姿を見ていただけたと思います。


幼稚園 「ももたろう」人形劇 10月27日(木)

園のホールにて、劇団すぎのこの方々による
人形劇『ももたろう』を観ました。



生き生きとした人形の動きに、
物語の中に引き込まれた子どもたちは、友だちと一緒に
楽しんでいました。
赤鬼には、ちょっとびっくりだったかな?!



幼稚園 しっぽとり 10月31日(月)

【年少ほし組】

今日は園庭でしっぽとりをしました。
回数を重ねるたびに逃げることも
しっぽをとることも上手になっています!

幼稚園 英語遊び 10月26日(水)

【年少ほし組】

シスタージョイの英語遊びを毎回楽しみにしています。
今日はリズミカルな英語の音楽に合わせてダンスをしました。

幼稚園 折り紙制作「どんぐり」 10月25日(火)

【年少ほし組】

♪どんぐりころころの歌が大好きなほし組さん。
今日はみんなで折り紙制作をしました。
角と角を合わせて折ると、指先をつかってしっかり折り目を
つけることに気をつけて折りました。
可愛らしいどんぐりの壁紙飾りが完成しました。

幼稚園 神さまのお話 10月24日(月)

【年少ほし組】

今日の神さまのお話は
“ねずみくんのえんそく もぐらのえんそく”の絵本でした。
芋掘り遠足に最近いったばかりの子どもたちは、
ねずみくんやもぐらが土の中で色々な
生き物と出会うお話に親しみを感じていました。
見えない土の中にもたくさんの命があること、
命は繋がっていることなど大切なことに気づくことができました。

幼稚園 色鬼ごっこ 10月24日(月)

【年少ほし組】

今日はとても良いお天気だったので
園庭で色鬼ごっこを楽しみました。
みんな遊ぶ喜びを体いっぱい感じているほし組さんです!