12月8日(木)  高3練成会

 下関労働教育センターの林神父様をお迎えして練成会が行われました。
 中世の神学者であるトマスアクイナスの言葉を引用され、「私たち一人ひとりは『唯一』の存在でそれぞれに自分だけの目的(目標)を持っている。自分の目的を持たないと社会や会社(他人)の目的のための手段として使われてしまうので、『自分は何を目的とするのか(何を目指すのか)』をしっかりと考えていこう」というメッセージを頂きました。また、自分が発揮できていない可能性を発揮するためには厳しい環境の中でも努力をすることが大切であることや、社会の問題を知ること、人とネットワークを大切にすることなど、これから社会に出ていく3年生にとって人生の先輩として「どのように生きていくか」について話して下さいました。神父様の温かな人柄と楽しい話術に包まれた雰囲気の中で、生徒たちは楽しく、有意義な時間を過ごすことができました。