マレーシア・シンガポール修学旅行(12月13日~12月17日)

 マレーシア・シンガポールの修学旅行は、マレーシア校内でも有名な大学Tunk Abdul Rahman U.Cへの学校訪問から始まりました。大学生と交流を行い、英語で会話したり、マレーシアの伝統的な遊びを一緒に楽しんだりしました。また、食べものや民族衣装にも触れることができ、時が経つのを忘れるぐらい有意義な交流を図ることができました。首都クアラルンプールでは、王宮・国家記念碑・国立博物館・ムルデカ広場・モスク、世界遺産の地マラッカでは、チェン・フーテン寺院・オランダ広場・キリスト教会・聖ポール教会・ザビエル像の観光を通し、文化と歴史を学ぶことができました。最終日のシンガポール市内観光では、マウントフェーバー・植物園(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ)・マリーナ・ベイの57階にある屋上庭園・マーライオン公園を見学し、午後からは班別自主研修を行いました。最後にナイトサファリを訪れ、夜行性の動物たちが惜しげもなく見せる、迫力ある姿に感動していました。
 現地のガイドさんの話によく笑い、料理をよく食べ、様々な体験を通してたくさんのことを吸収することができ、よい思い出の旅となりました。