3学期 始業式 1月10日(火)

 おはようございます。そして、新年あけましておめでとうございます。
あわただしかった冬休みも終わり、いよいよ平成28年度締め括りの3学期がスタートします。冬休みは、皆さんにとって意義のある充実した休みになったのではないでしょうか。これから始まる新学期、生活のリズムを学校モードに切り替えて、本年度を締め括ってくれることを期待しています。特に中学・高校の3年生は、いよいよ卒業までのカウントダウンが始まりました。「終わりよければ全てよし」とも言います。いろんな意味で、有終の美を飾って欲しいと思います。自分の未来をみつめ、高校生として、また大学生・社会人としてスタートできる準備のために、前向きな日々を過ごしてください。
 私は、年末の12/29と新年1/2に本校の小学校から高校までを卒業した人たちが開いてくれたプチ同窓会に出席しました。どちらの学年も私が小学校4年生・5年生と2年間担任したクラスです。あの当時、いろいろ頭を悩ませた生徒たちが、立派な社会人として成長した姿を見ることができ、とてもうれしい気持ちになりました。この2つのクラスには、かなり厳しい指導をしてきたので、当時、子どもたちからは決して好かれてはいなかったと思います。「中村は厳しすぎる、早く担任変わって欲しいと思っているだろう」と思っていたので、まさか今のように頻繁に訪ねて来てくれたり、誘ってくれたりするとは想像もしていませんでした。今回同窓会でたくさんの思い出話をしたことで、教え子たちが成長し、あの頃の私たちの思いをきちんと理解してくれていたことがわかり、本当に嬉しく思いました。改めて生徒の皆さんに伝えますが、先生方は今だけでなく、皆さんの将来を見据えながら、立派な社会人になるようにかかわってくださっています。新年の初めに、そのことを理解し、先生方としっかり向き合ってください。
 さて、今年は酉年です。私は、元日にこれまでの酉年で起きたできごとを調べてみました。 72 年前の 1945 年は第二次世界大戦が終結した年です。60 年前の 1957 年は、南極越冬隊が南極大陸に初上陸しました。48 年前の 1969年にはフジテレビで「サザエさん」の放送が始まりました。36年前の1981年は、スペースシャトルコロンビアが初のスペースシャトルミッションで打ち上げられました。そして12年前の2005年4月は、当時のローマ教皇ヨハネ・パウロ2世がなくなられました。
 2017年が、明るいニュースや楽しい出来事がたくさんある酉年になることを願って、これから群馬県出身の詩人、星野富広さんという方の詩を光塩風に少し読み替えて紹介します。
(原文もとてもいい詩です。是非読んでみてください。)

 笑顔で挨拶を交わし  小さなことにもよろこび
 嘘を言わず  悪口も言わず
 学校に来て勉強したり遊んだりできることに感謝し  仲間のしあわせを祈る
 1月1日の気持ちを 皆がみんな 12 月 31 日まで 持ち続けていられたら
 素敵な学校になる

 1月1日に新年を迎えたときは、みんな不思議と清々しく新鮮な気持ちになれると思います。
 今年も、楽しく、素敵な萩光塩学院をみんなで創っていきましょう。