高3 卒業講座 臓器提供 2月9日(木)

つながる命~話そう。大切な人と。~
 卒業を控えた高3に命の大切さや移植医療について知ってもらうために臓器移植コーディネーターの砂川さんにお話をしていただきました。
 日本の臓器移植の現状について話され、あらためて臓器提供は命の贈り物であるということが分かりました。
 臓器提供意思表示カードについても丁寧に説明され、『「提供する」「提供しない」どちらも間違っているわけではないので自分の大切な命について考え、それぞれの気持ちが尊重される社会になると嬉しいです』と言われていたのがとても心に残りました。今日の話をきっかけに、みんなが命や自分の気持ちについて家族と話し合うことが出来ればと願っています。