幼稚園 友だち大好き! 3月17日(金)

<年少ほし組>

ほし組さんはこの1年で随分と成長しました。
友だちが大好きで、「入れて」「いいよ」の
言葉が毎日飛び交っています。
これからも思いやりの心を大切にして
大きくなって欲しいと願っています。
素敵なばら組さんになってね♡

幼稚園 お別れ会 3月16日(木)

さくら組さんを招待し、お別れ会をしました。
ダンスをしたり○×ゲームをしたりし、
楽しいひと時を過ごしました。
さくら組さんが卒園するのは寂しいですが、
素敵な一年生になって幼稚園に遊びに来てくれる日を
楽しみにしています!

からふるボランティア活動に参加して

 3月17日(金)に午後からからふるに訪問しボランティア活動をしました。男子は外の窓ふき、女子は中の窓ふきとオモチャの消毒をおこないました。 今年度は3回目の訪問ということもあり、生徒たちは一生懸命取り組んでいました。終わった後は施設の方のお礼を受け、すがすがしい気持ちになりました。


幼稚園 マット遊び 3月14日(火)

<年少ほし組>

今日はみんなでマット使って遊びました。
マットの○を使ってケンケンパーに挑戦!
リズムよく跳ぶことは難しいですが、
みんなよく頑張っていました。
マットの上でコロコロ~と転がる子どもたちは、
マット遊びにも親しんでいました。

3学期終業式 3月17日

 おはようございます。今日で3学期が終わり、平成28年度が終了します。2月28日には高3が、3月11日には中3が、この学校を巣立って行きました。  さて、みなさんにとって、平成28年度はどのような1年だったでしょうか。きっといろいろな感想があると思います。中1・高1の皆さんにとっては、光塩に入学し、中学生として又は高校生として、それまでの学校生活との違いを感じたことでしょう。中2・高2の皆さんは、自分の夢の方向を定めるのに苦労した一年だったのではないでしょうか。今日の終業式を迎えるにあたって、私も今年度を振り返ってみました。今年度は、例年以上に生徒の皆さんの活躍が印象に残った一年でした。

・野村さんが小諸・藤村文学賞で全国1位の最優秀賞に輝いたこと
・村岡くんが山口県中学校英語暗唱・弁論大会で優勝し、全国大会に出場したこと
・自転車盗難防止コンクールで山口県警本部長賞を受賞したこと
部活動では卓球部、テニス部、書道部が優秀な成績を収め、中国大会に出場、さらに卓球部男子は初の全国大会出場も果たしました。これ以外にも作文や書道、絵画、他の部活動など多くの分野で、萩市内又は長北地区で優秀な成績を収め表彰を受けました。生徒の皆さんの活躍は嬉しいことですし、学校に元気と活力を与えてくれました。本当にありがとうございました。
皆さんの活躍は、皆さん一人ひとりの努力の成果だと思います。しかし、決してそれだけではなく、皆さんのことを陰から支えてくださった人たちがいたことにも気づいてください。保護者の方や先生方、そして友だちが皆さん一人ひとりを支えてくださっていることを「あたりまえ」としないで、このあたりまえなことに感謝し、喜べる人であってください。
2日前にあった弁論大会で2年生の垰村君が「当たり前のこと」というタイトルで発表しました。私はその時ある詩を思い出しました。それは、悪性腫瘍のため右足を切断し、それが肺に転移して32歳の若さで亡くなられた医師、井村和清さんの詩です。皆さんに紹介します。
「あたりまえ」 
あたりまえ こんなすばらしいことを、みんなはなぜよろこばないのでしょう 
 あたりまえであることを
 お父さんがいる、お母さんがいる 手が二本あって、足が二本ある
 行きたいところへ自分で歩いていける 手をのばせばなんでもとれる
 音がきこえて声がでる こんなしあわせなことがあるのでしょうか
 しかし、だれもそれをよろこばない  あたりまえだ、と笑ってすます。

 食事がたべられる 夜になるとちゃんと眠れ、そして又朝がくる
 空気を胸いっぱいにすえる 笑える、泣ける、叫ぶこともできる 走りまわれる
 みんなあたりまえのこと こんなすばらしいことを、みんなは決してよろこばない
 そのありがたさを知っているのは、それを失った人たちだけ
なぜでしょう あたりまえ 
確かに私たちは、目が見えることや手足が動くことを、特に「ありがたいなあ」と思ったことはありません。当たり前のことだと思っています。なぜ喜ばないのか、なぜ当たり前にしているのか、それらはすべて私たちが生きるのに先立って備わっているからだと思います。例えてみれば、物の豊かな時代に生まれた子供が、物のありがたみがわからないのと同じことだと思います。生まれた時にはすでに物が溢れているから、物があることが当たり前だと思うようなものです。ところが、この詩にあるように私たちが当たり前だと思っているものは、本当にかけがえにないものばかりです。そしてどれ一つとっても私たち人間が作り出すことは出来ません。あたりまえの日常がどんなに素晴らしいことか考えさせられます。
今日は私の平成28年度最後の話しとして、この「あたりまえ」という詩を紹介しました。初めにも話したように、私たちを支えてくれている家族や先生方、友だちがいることを当たり前だと思わずに、そのありがたさに気づき、感謝することによって、生徒の皆さんが来年度も今年度以上活躍することを願っています。




はぎ園ボランティア

 3月14日(火)、大井にある特別養護老人ホーム・オアシスはぎ園を訪問し、車イスの清掃を行いました。今回も園の方々が温かく迎えてくださり、参加した生徒は皆気持ちよく働くことができたようです。車イスの動かし方や磨くときに気をつける箇所なども教わりながら、皆熱心に作業を行いました。

幼稚園 年長書道パフォーマンス 3月9日(木)

“せーの、はい!!”と元気のいい掛け声とともに、
大きな筆を使って書道パフォーマンスをしました。
墨のにおいや筆の重さ、書いた時の感触、
初めての感覚に胸を弾ませて、今まで練習してきた
自分の文字を表現しました。
緊張した真剣な表情が印象的でした。
さくらぐみさんみんなが心を合わせると、いつもとっても
素敵なものが出来上がるね♡

高2 手話講座 3月16日(木)

 萩手話椿会より講師の方をお招きし、手話講座を行いました。最初に簡単な挨拶、自己紹介の表現を教わり、その後、グループに分かれて一人ずつ手話を使った名前の表し方を習い、お互いに手話で自己紹介を行いました。初めて手話に触れる生徒もいましたが、講師の方々が一人ひとりに丁寧に説明して下さり、楽しみながら学ぶことができました。最後は、生徒全員が手話で「ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えることができました。

弁論大会 3月15日

 毎年恒例の弁論大会が行われました。
 今年は中学校から高校まで15名の代表の生徒が身近な題材をテーマに自分の意見を堂々と述べました。
 部活動を通して成長する過程を述べた高1の中村さんが優勝しました。

高2主権者教育 3月14日(火)

 3月14日(火)、防府市から有近弁護士と藤村弁護士においで頂き、高2対象の主権者教育講座を行いました。選挙を行う意味について考え、選挙に関するQ&Aを法律面から解説して頂きました。また、架空の政党のマニュフェストをもとに、模擬投票を行いました。お二人の弁護士さんの軽妙な語り口と分かりやすい説明で、みんな選挙の大切さが理解できたようです。18歳選挙権―1票をしっかり行使する主権者となるよう、これからも学習を深めていきたいと思います。

卓球部 萩市全国大会出場激励会

 3月に全国大会に出場するチームや個人の選手の激励会がありました。まず始めに選手紹介と全国大会での抱負を各選手が述べ、次に萩市長様、萩市体育協会からの激励のことばと激励金贈呈がありました。
 最後に全国大会出場者の代表として2年生の内田キャプテンからお礼のことばと全国大会での意気込み、そして感謝の気持ちを述べました。
 大会まであと2週間を切り、ますます練習に力を入れて取り組みたいと思います。

中学校 校外学習 3月13日(月)

 阿武川ダムと長門峡に行ってきました。
 阿武川ダムでは、落差を利用した水の力で発電されていることを学びました。
 また長門峡では、太古のまま残されている大自然の中で、たくさんのシダ植物やコケ植物の観察を行いました。

中学校 卒業式 3月11日

 中学校の卒業式が行われました。
 校長先生より一人一人へのメッセージがあり、その思いを卒業生全員が受け止め中学校生活最後の一日を終え、清々しく巣立っていきました。
 厳粛な中にも、心温まる式となりました。
 光塩が大好きで光塩に入学してよかったと卒業生は感謝の言葉を述べました。

幼稚園 一緒に遊んだよ 3月9日(木)

<もも・ほし組>

今日はもも組とほし組で一緒に遊びました。
みんなで一緒に大好きな椅子取りゲームをした後は、
自由遊びをしました。
もも組さんは、来年度過ごすこととなるほし組保育室で
思い思いに遊びを楽しんでいました。
また、遊ぼうね!

幼稚園 お散歩 3月10日(金)

<年少ほし組>

今日は皆で川津桜探し!
気温も上がり、段々と本格的な春に近付いています。
子どもたちは、季節の移り変わりの中で
色々な発見をしていました。
「風が気持ちいいね!」
「チューリップの葉だ!」等
春の訪れを喜んでいます。

幼稚園 おひなまつり 3月3日(金)

みんなでひなまつりのお祝いをしました。
白酒のかわりにカルピスで乾杯!
これからも元気に大きくなれますように・・・と
皆でお祈りしました。
一生懸命に作った子どもたちのおひなさまを保育室に飾りました。

幼稚園 英語遊び 3月7日(水)

今日はほし組が大好きな英語遊び。
絵カードを使って
英語に親しみました。

幼稚園 避難訓練 3月7日(火)

今日の避難訓練はブラインド型訓練という訓練で
消防署の方に来ていただいて
実際に火災報知器を作動させ、煙を発生させるという
避難訓練でした。
消火器の使い方を指導していただき職員にとっても
貴重な訓練となりました。
ほし組保育室で模擬煙を焚き、煙の中を歩く経験もしました。
思っていたよりも煙の中を歩くことは難しく
視界の悪さに驚いていました。
子どもたちにとっても火災の恐ろしさを
経験する貴重な体験となったようです。

使命 3月3日

 高校の卒業式が終わり、今年度も残りわずかとなりました。来週からは学年末のテストが始まります。一つひとつの試験が自分の将来を左右することにもなります。しっかりと準備をして試験に臨んでください。

 そして、中3の皆さんは、今日で卒業試験が終わります。来週は卒業式です。残りわずかな時間の中で、中学校3年間を静かに振り返りながら、これからの高校生活に向けて、自分の気持ちを整理する時間としてください。

 今月の学院のテーマは『使命』です。私たちの学校は、キリスト教精神に基づいたミッションスクールと呼ばれています。ミッションとは『使命』と訳すことができます。光塩の使命は、人間が生きていくうえで必要な知恵と他者の痛みに共感し、共に生きる感性を身につけることです。さらに世界観と歴史認識を身につけ、多文化世界に生きることのできる国際性を学んでいくことにあります。
 皆さんが毎日唱える『光塩生徒の姿』の中に「真・善・美を識別する力を養い…」とありますが、これは今私が話したことにあたります。萩光塩学院で学ぶ皆さんが、共に学ぶ中で、まず友だちの喜びや悲しみ、痛みに気づき、共感し、かかわることができる人になること、これが私たちの使命です。

 2016年度の終わりに、私たち一人ひとりが、この学院で学んでいる意味を見つめ直し、私たち自身のミッションを確認していくこと。それが新しい学年に向けての一番良い準備になると思います。

幼稚園 年少参観日 2月21日(水)

<年少ほし組>

年少参観日はシスタージョイの英語遊びを見ていただきました。
みんなダンスや歌を通して楽しく英語遊びをしています。

幼稚園 発表会ごっこ 2月20日(月)

<年少ほし組>

発表会が終わってから
ほし組さんは発表会ごっこに夢中です。
自分の役ではない役もやってみたかった
子どもたちはウキウキしながらセリフを
言ったり楽しんだりしています。

幼稚園 折り紙制作 2月23日(木)

<年少ほし組>

今日はみんなで折り紙制作。
おひなさまとおだいりさまを折りました。
指先を使って一生懸命に折る姿を見て成長を感じます。

幼稚園 発表会 2月18日(土)

先日行われた発表会では、みんなが力を出して
練習の成果をたくさんのお客様に
見ていただくことができました。

ちょっぴり緊張した子どもたちも
終えたときは達成感と満足感で胸がいっぱいになりました。
この経験が子どもたちの自信へと繋がっていくことを
願っています。

高2 総合的な学習全体発表会 3月1日(水)

高2は修学旅行を通して調べ学習を行ってきました。「異文化体験」というテーマのもと、「マレーシア・シンガポール」・「沖縄」について、自分で決めたテーマについて事前学習で調べたこと、また現地へ行って実際に体験したことや感じたことなどを班ごとにまとめ、発表しました。総合的な学習の時間は今回で終わりになりますが、修学旅行を通して、考えたこと、学んだことをこれからの生活に活かしてほしいと思います。

祝 卓球部 全国大会へ!

 

第44回全国高等学校選抜卓球大会に向けて
 このたび、男子が中国大会3位となり、初の全国大会出場が決まりました。生徒の頑張りと保護者の方々のご協力、先生方のご支援によりよい成績を収めることが出来ました。   
 男子は県内に全国上位の学校があるため全国大会出場は非常に厳しく、数少ないチャンスでした。それをしっかり掴みとっての出場となります。
 全国大会では、感謝の気持ちを胸に光塩らしい粘り強さと最新の技術を駆使する卓球をして、ベスト8以上を目指し、練習に励みたいと思います。皆様の応援よろしくお願いします。

大会名:第44回全国高等学校選抜卓球大会
日 時:平成29年3月25日(土)~28日(火)
場 所:大阪市中央体育館
日 程:25日(土)監督会議 抽選 開会式
    26日(日)予選リーグ2試合(11時~、15時~)
    27日(月)予選リーグ1試合(11時~)
決勝トーナメント準々決勝まで(13時半~)
    28日(火)準決勝・決勝(9時~)



高校 卒業式 2月28日


 日本海から吹きつける冷たい風も次第に暖かくなり、萩の町の中でも春の息吹が感じられるようになりました。この早春の佳き日に、萩市長野村興兒様をはじめ、多数のご来賓の皆様のご臨席を賜り、ここに平成二十八年度萩光塩学院高等学校卒業証書授与式を挙行できますことは、卒業生はもとより、在校生・教職員にとりましてもこの上ない喜びです。心より感謝とお礼を申し上げます。
只今卒業証書を授与いたしました四十八名の皆さん、ご卒業おめでとうございます。皆さんは入学以来、「世の光・地の塩」の建学の精神のもと、学習や部活動、ボランティア活動、また様々な学校行事に、かけがえのない仲間と共に全力で取り組んできました。そしてそこから優しい心と大きな力を身につけながら着実に成長してきました。この三年間、校舎の中に広がっていた皆さんの笑顔と弾けんばかりの声、その一つ一つが、私にとっても大切な思い出となりました。特に開校記念ミサやキャロルコンクールでの皆さんの歌声はとても美しく、その歌声に下級生たちも導かれ、この体育館がヨーロッパの聖堂を思わせる厳粛な雰囲気に包まれた時はとても感動的でした。今改めて、この学院で皆さんと出会い、ともに学ぶことができたことに心から感謝しています。
これから皆さんには、この学院で身につけてきた力を、人のため、地域のためにいかんなく発揮していくことが求められます。今日の卒業という日は、皆さんが社会のために奉仕する新しい出発の時でもあります。
 皆さんもよく知っているとおり、私たちの学校「萩光塩学院」は、スペインを発祥地とする『べリス・メルセス宣教修道女会』が設立母体となって今から六十五年前に設立されました。創立者のマドレ・マルガリタは、スペインにある姉妹校で学び、その後修道院に入り、シスターになってからも教師として生徒たちとのかかわりを大切にされました。そして新たな挑戦として、広く世界に目を向け『愛』と『希望』を全ての人々、特に若者たちに伝えたいとの思いを強く持つようになりました。まずスペインから中国に赴き、次にミクロネシアの島々、そして九十年前、東京に光塩女子学院を創られた後、私たちの学校が設立されました。日本の学校設立にあたっては、シスターの手紙や日記から、当時の日本での生活がどんなに困難なものだったか知ることができます。私も創立者について学ぶ機会を持ちましたが、その中で私が一番心惹かれたのは、時代の大きなうねりの中で、シスターが神の教えと自身の信念に従って、勇気と大胆ともいえる行動力をもって新しい歩みを始めたことです。この思想と行動力は、郷土の偉人吉田松陰先生と相通ずるものがあります。九十年前の世界の情勢は、交通手段・通信手段などをとってみても、今では想像もつかないほどゆっくりとした動きで、そこから世界に展開していくことは本当に困難なことでした。シスターの生涯は決して、安易なものではなく、命をすり減らしてのものであり、彼女の命の代価として、今私たちはこの学院で共に学ぶことができるのです。皆さんの新たな出発にあたり、私は皆さんが、創立者と同じ勇気と大胆な行動力をもって新しい世界へ歩み出していくことを願っています。
 この地球上には信じられないほど多種多様な価値観と複雑なものの見方、考え方があります。また皆さんを待ち受けている社会は、かつてないスピードで変化しています。産業構造の変化やグローバル社会の進展に伴い、これまでの枠組みから新たな仕組みづくりへの転換が求められています。このような時代だからこそ、私たちに必要なことは、物事を一元的に捉えることなく、自分とは異なる考え方を持つ人がいることを認め、それを受け入れる勇気を持つことです。皆さんは、萩光塩学院で、修学旅行や多くの異文化交流などを経験する中から、他者とのかかわりや広い視野で物事を見、考え、判断することを学んできました。
これから広い世界に飛び立っていく皆さんにひとつの言葉を贈ります。『Think globally Act locally』この言葉は、今年度の本校のスクールガイドの表紙にも載っています。世界的な視野で物事を考え、そして地域のために行動するという意味です。また「夢高く・地に足つけて」とも訳されます。グローバリズムの基本はローカリズムです。卒業生の皆さん、まずは美しく豊かな自然があるこの萩の町で育ったことに感謝してください。そして、そこで鍛え、蓄えた力を信じて、ビルの聳え立つ大都会でも、言葉が不自由な外国でも、恐れることなくマドレ・マルガリタや松陰先生のように、胸を張って堂々と生きてください。急速に進むグローバル化社会の中で、現状を打ち破る新しい叡智と若いエネルギーが今こそ必要とされているのです。
 保護者の皆様、本日はお子様のご卒業、誠におめでとうございます。人生で最も多感で、しかも著しい成長期のお子様が、こうして卒業の日を迎えられましたことは、感慨もひとしおかと思います。この間、本校の教育活動に多大なご支援とご協力を賜りましたことに深く感謝いたします。本当にありがとうございました。
 卒業される皆さん、皆さん一人ひとりのこれからの歩みが、建学の精神のもと、自分のまわりに喜びと光をまくことができる魅力的な人となるよう祈念し、また萩光塩学院を卒業されてからも見守り、応援していくことを約束してお祝いの言葉といたします。


      平成二十九年二月二十八日
           萩光塩学院高等学校  校長  中村 柔道