第44回全国選抜卓球大会に参加して

 初出場ということもあり、抽選会からドキドキしながら過ごしました。抽選結果は混戦が予想されるリーグで、まずは予選リーグ突破(ベスト16入り)を目指して臨みました。初戦は北信越2位の伝統校でもある長野県の松商学園との対戦でした。この初戦で勝って勢いに乗りたかったのですが、相手チームの打球点の高さに翻弄されて1-3で惜敗しました。続く2試合目は関東5位の群馬県の沼田高校との対戦でした。2番では大接戦のセットオールデュースで勝利を掴み取ることが出来ず、そのまま0-3で負けてしまいました。最後の東北1位の山形県の鶴岡東との対戦でした。すでに決勝トーナメント進出を決めているチームとの対戦でした。一矢報いようと向かっていきました。2番でエースの内田が接戦の末に勝利しましたが、1-3で負けました。
 生徒たちは、最初は緊張して自分のプレーが出せませんでしたが、徐々に力を出せるようになり貴重な体験となりました。次は春の大会に向けて頑張りたいと思います。
 たくさんのご声援、ご寄付を頂きましてありがとうございました。