朝礼のことば 9月29日(金)

 皆さんは「塩梅」という言葉を知っていますか。

 塩味に梅酢を加えて調節するとおいしくなることから、この塩に梅という漢字を使って「あんばい」と読みます。

 塩味も、酸っぱい味もとても強い味ですが、両方をあわせると、どちらか一方、もしくは両方の味が和らぎます。これを利用した料理には「梅干し」はもちろん、「すし飯」「しめさば」などがあります。

 岩手県の方言では、この「塩梅」が訛って「やんべ」となります。これは「ちょうどよい」という意味だけではなく、「肩の力をぬいて」とか「だいたいに」という意味にもなります。さらに「やんべ」が変化し、「やんべ」の頃合いという意味の「やんべこれ」に変わります。

 私はこの「やんべこれ」という言葉が好きです。

 私はどうしても怒りを感じると、表情に現れ、また厳しい言葉で相手に詰め寄ってしまします。さらにこの怒りは何日も心の中で渦巻き、ある日爆発します。自分でもこのことが分かっているので、そうならないように、早い段階で、またこの怒りが爆発する前に処理します。これは、人に話を聞いてもらったり、考えないようにしたり、全く違うことをしたり、距離を置くことがこれにあたります。

 先日、私が岩手のよく見ているインターネットのサイトにこのような記事がのってありました。

 「誠実に一生懸命やることは基本だけど、そのことで仲間の気持ちがいっぱいいっぱいになっているなと感じたら、やんべな時を過ごすこと。そして大事なこと以外は、失敗とか、余計なこととか、すぐ忘れてしまうこと。また性格上、細かいことをいう人には「いいがらよぉ~」って恥をかかせないように、爽やかに言うの。やんべこれになぁ」

 久しぶりに岩手の言葉を思いだし、たくさんの人に支えられ、この言葉をかけていてもらっていた頃の自分を思い出しました。自分が悩み、思い詰めているときにそれに気づき、話を聞き「やんべこれにするんだ」と声をかけてくれた人。

 今度は私が、やんべこれの時を自分で過ごせるように、また相手にもやんべな時をすごしてもらえるようにと思い返しました。

 塩味と酸っぱい味のように、両方の味でお互いのよさを出し合い、おいしく料理を変化させるように、相手を思いやれる人になりたいと思いました。

 今日は9月29日です。「食う肉の日」ですが、今日の夜は久しぶりに「しめさば」を食べたいと思います。

卓球部 9月23日(土)

9月23日(土) 秋季長北卓球大会にて、
男女ともに他校を寄せ付けずに圧勝しました。
男子団体 優勝
女子団体 優勝
男子シングルス
優勝 2年 内田くん
2位 2年 縄田くん
3位 2年 柳原くん
女子シングルス
優勝 2年 重安(あ)さん
2位 2年 重安(な)さん
3位 2年 高村さん
3位 2年 中村さん
男子ダブルス
優勝 内田・縄田組
女子ダブルス
優勝 重安・重安組
2位 髙木・高村組
3位 武石・中村組

萩・阿武地区英語暗唱・弁論大会 9月26日(火)

20170926 (2).JPG 20170926 (4).JPG

 萩・阿武地区英語暗唱・弁論大会で、中学校3年の中村(あ)さんが金賞で総合準優勝し、中村(こ)さんが銀賞に入賞しました。
 2人とも練習の成果を存分に発揮し、今までで最高のスピーチを披露しました。
 この大会は、第60回山口県中学校英語暗唱・弁論大会予選会にもなっており、金賞を受賞した中村さんは県大会へ出場します。

「サルーキ=」ライブのお知らせ


 今年も開校記念日の日に、昨年大好評だったクリスチャンロックバンド「サルーキ=」のライブが行われます。本校の卒業生の田中翼くんがサポートドラマーとして参加している、全国で活躍中のバンドです。今年はゴスペルフォークシンガーの神山みささんも来てくださいます。観覧希望の方は学校にお問い合わせください。一緒に盛り上がりましょう!


サルーキ=HP

 卒業生の田中翼くんよりメッセージ↓

 萩光塩学院、幼小高卒業生の田中翼です。

 萩光塩学院で育んで頂いた精神を土台に、卒業して10年間東京で音楽活動を続けております。

 卒業生として、光塩学院の今後の更なる発展と宣伝に貢献出来ればという気持ちを持ちながら、今後も活動を続けて行きたいと思っています。


日時:11月1日(水) 14:00~15:15

場所:萩光塩学院体育館

問い合わせ先

萩光塩学院 TEL 0838-22-0782



朝礼のことば 9月22日(金)

 皆さんはラジオを聞きますか?

 私は片道1時間近くかけて通勤しているので、ラジオをよく聞きます。

 私が今一番はまっている番組は、NHK第1放送で毎週月曜日の午後8時から50分間放送される『DJ日本史』です。この番組は日本の歴史のあらゆる時代・ジャンルの事件や人物を、毎回テーマを決めて取り上げます。抱腹絶倒、おまけにとても役に立つ番組です。最初は不定期でスタートしましたが、人気が出てレギュラー番組となり、今年度からは午後8時台のゴールデンタイムの座を獲得してしまいました。皆さんも『DJ日本史』を一度聞けば大ファンになり、日本史が大好きになること請け合いです。

 出演者はたったの3人で、番組の魅力を作り出しているのが松村邦洋です。彼は山口県出身の、モノマネ芸を得意とするお笑いタレントです。最近は某スポーツジムの指導で110㎏の体重を30㎏減量し、そのCMが話題となっています。

 テレビでは、体当たり芸とイジられキャラのイメージが強いですが、ラジオは、彼が実力のある芸人であることを教えてくれます。彼は、特技のモノマネを駆使して、歴史上の人物になりきり、軽妙なトークで私たちを歴史の世界へとグイグイ引き込みます。そんな彼の芸を支えるのが、歴史に関する膨大な知識と、歴史への飽くなき探究心と深い愛情です。

 そんな松村邦洋ですが、学生時代の成績は芳しいものではなく、理数系は全く苦手だったようです。しかし、小学生のころから、人を楽しませることは得意で、NHKの大河ドラマをきっかけに歴史が大好きになったそうです。彼は、子供時代からの特技や趣味を伸ばして、あの厳しい芸能界を生き抜き、独自の芸の世界を確立して活躍しています。すごいことだと思いませんか。

 学生時代、皆さんについて回るのが成績です。皆さんを評価する基準となるのは、第1に学習の達成度、それにスポーツや芸術面での技術や実績なども加わるでしょう。 

 しかし、社会に出ると、人間を評価する基準はたくさん出てきます。学生時代優秀な人が、必ずしも大人になって高い評価を得るとは限りません。むしろ、学生時代目立たなかった人が、自分のやりたいことを見つけて努力した結果、その道のプロとして高い評価を得て活躍しているというのが、自明の理です。

 皆さんは、今趣味や特技、興味や関心のある事、将来伸ばしていきたいものを持っていますか。少しでも早く、自分を光らせるものを見つけ、それを磨く努力を続けて下さい。

 皆さんが、将来その道のプロとして、ハツラツと活躍することを楽しみにしています。

書道部 9/18(月)

IMG_5090.JPG IMG_5099.JPG
 山口サビエル記念聖堂で開催された「広島教区の日 山口島根地区大会・教会へのチャレンジ」にて、書道パフォーマンスを行いました。
 最後は会場の方と一緒に聖歌を歌い、楽しいパフォーマンスとなりました。

朝礼のことば 9月15日(金)

 私が光塩に勤めて最初にした仕事は、春休み中に机やいすの緩んだくさびを締め直すことでした。くさびというのは、木材を組み合わせるとき、それが抜けないように打ち込む三角形の小さな木のことです。これを締め直すと、ぐらぐら揺れていた机やいすもしっかりして使いやすくなります。今皆さんが使っている机やいすは、私が勤めるよりずっと前から何十年も使っているもので、くさびがなくなってぐらぐらするものもありますが、くさびを打ち直せばまだまだ使えます。光塩ではこうしていろいろなものを直しながら長い間大切に使っています。

 先日、生徒から調理室の出入り口の鍵が閉まらないと言われたので、KURE5-56を吹き付けると驚くほど簡単に閉まるようになり、教えてくれた生徒もびっくりして喜んでいました。3号館はできてもう30年近くになり、いろいろなところが古くなっていますが、新しくできた体育館でもねじが緩んでドアの取っ手がぐらぐらになっていたことがあります。このようなことは早めに対処すると簡単に直すことができますが、そのまま使い続けてねじがなくなったり部品が壊れたりしてしまうと直すことが難しくなります。そこで皆さんにお願いがあります。学校の中で、ねじが緩んでいたりものの動きが悪くなっていたり等の不具合があったら、早めに私や担任の先生に教えて下さい。また、使いにくくて困るようなこともあれば教えて下さい。学校のものを大切に長く使っていけるようにみんなで気をつけていきましょう。

もうすぐ新しい校舎も完成します。皆さんが中に入ったときにはきっとほかの学校にはないすてきなところをたくさん見つけることができるような校舎になっています。この校舎の建設には保護者や卒業生の方も含めたくさんの人が関わっていて、いいものを作ろうと毎日がんばって下さっています。完成を楽しみにしていて下さい。そして20年後、30年後の生徒も気持ちよく使えるように、大切にしていきましょう。

メルセダリアンインターアクトクラブ設立総会・結成認定状伝達式                  9月13日(水)

 萩ロータリークラブのご提唱により、本校のメルセダリアンクラブが、国際ロータリーの認証を得たメルセダリアンインターアクトクラブとして新規に設立されました。その結成認定状伝達式を9月13日に挙行し、多くの来賓の方々にもご臨席いただきました。

 メルセダリアンクラブはこれまでも奉仕活動と国際交流を主な活動としてきましたが、今まで以上に地域への貢献や国際理解に努め、活動の幅を広げていきたいと思います。

DSC01894.JPG DSC01955.JPGDSC01942.JPG DSC01928.JPGDSC01936.JPG DSC01940.JPG

 厳しかった夏の日差しも、秋風とともに和らいでまいりました。

 本日、本校メルセダリアンクラブが国際ロータリーの認定を得て、新規にメルセダリアンインターアクトクラブとして設立することになりました。その設立総会並びに結成認定状伝達式を迎えるにあたり、多数のご来賓の皆様のご臨席を賜り、このような盛大な記念式典を挙行できますことは、この上ない喜びです。学校を代表いたしまして厚くお礼申し上げます。

 さて、本校はスペインを発祥地とし、世界各地に広がる『べリス・メルセス宣教修道女会』が設立母体となって昭和二十七年に開校されました。『地の塩・世の光』を建学の精神とし、自己犠牲をかえりみない奉仕をめざしてこの学院で学んだ卒業生は約一万六千名になります。また東京や広島をはじめ、世界各地に姉妹校があり、同じ精神で学ぶ子どもたちは数え切れません。『なぜ、光塩が萩に創られたのか』ここで本校の設立の経緯を簡単にお話しいたします。

 萩光塩学院の前身である修善講は、明治二十三年に設立されました。経営上の問題から一度は休校となりましたが、明治三十六年に毛利安子さんを中心とした萩婦人会が、私立()の修善女学校として再興しました。その修繕女学校は、昭和二十三年に学制改革の影響から入学者が激減し、経営は非常に困難な状態に陥ったそうです。長州藩藩主毛利元徳夫人である毛利安子さんやNHK大河ドラマ『花燃ゆ』で有名になった吉田松陰先生の妹楫取美和子さんが設立に携わり、そして松陰先生の兄である杉民治さんが第二代校長を務められた由緒ある学校を何とか存続させようと当時の関係者は奔走したそうです。日本各地にこの学校を引き継いで欲しいという手紙が送られましたが、経営困難な学校を引き継ぐ者は誰もいませんでした。そのような状況の中でも唯一べリス・メルセス宣教修道女会だけがこの修繕女学校を引き継ぐ決断をしました。それは「誰も行かない地で教育を...」というメルセス会の精神から決断したものだと聞いています。

 この設立の経緯からもわかるように、六十六年間、本校では「自分の周りに喜びと光をまく人となる」ために、日々奉仕の精神を大切にし、独自のボランティア活動に取り組んでまいりました。そして三年前には、その精神を具体的に実践すべく、五つの文化部を統合して『メルセダリアンクラブ』という国際理解とボランティア活動を主活動とするクラブを立ち上げました。これまでメルセダリアンクラブは、萩市をはじめ多くの皆様の協力を得ながら活動してきました。そのような時、萩ロータリークラブ様から「インターアクトクラブとして活動の幅を広げてみないか」というお話しをいただきました。インターアクトとしての活動は、本校の建学の精神、またメルセダリアンクラブの活動趣旨とも合致するものです。そして本校は、この少子高齢化が進む萩市において、建学の精神に沿った奉仕の心を持って、積極的に地域貢献をし、地域に認められた学校として存続していきたいという強い思いから、この度国際ロータリーの認定を受けることにいたしました。

 ボランティア活動をとおして生徒たちが得るものは、その人格形成、あるいは職業意識の確立など非常に大きなものであると思います。これまではメルセダリアンクラブや生徒会が中心となって取り組んできたボランティア活動ですが、これからは地域の皆さんの協力のもと、更に大きな輪となって広がり、生徒たちの成長に大きく役立ってくれるものと確信しております。波多野会長を中心とする萩ロータリークラブの皆様には、この一年間いろいろとご支援をいただいておりますが、これからもなお一層の御指導をいただければ大変嬉しく思います。

 最後になりましたが、本日お集まりいただきました皆様方のご厚情に感謝申し上げますと共に、今後とも引き続き、メルセダリアンインターアクトクラブをはじめ、本校の教育活動に対しましてご指導・ご協力をいただきますようお願いして、ご挨拶とさせていただきます。

                              平成二十九年九月十三日  萩光塩学院校長  中村 柔道

幼稚園 たまごづくり 9月8日(金)

<年少 ほし組>

運動会の親子競技で使用する「たまご」を皆で作りました。

一人一枚新聞紙を広げ、丸めていきました。

自然と「おにぎり、おにぎり~♪」と声を合わせる姿がとても可愛らしかったです。

DSCN7386.JPGDSCN7383.JPG

DSCN7381.JPG

幼稚園 絵の具遊び 9月7日(木)

<年少 ほし組>

最近ほし組では、運動会の練習と並行して絵の具遊びを行っています。

点々を描いたり、縦線を描いたり・・・

今日は波線を筆で書きました。

絵具と筆を扱う時の子どもたちの動きは慎重であり、

わくわくとした気持ちが表情に溢れています。

es-20170907-4.JPGes-20170907-3.JPG

es-20170907-2.JPGes-20170907-1.JPG

萩光塩学院幼稚園 園児募集要項


認定こども園 萩光塩学院幼稚園 平成30年度 園児募集要項

写真をクリックするとPDFが開きます

朝礼のことば 9月8日(金)

 先日行われた2学期最初の行事である体育祭では、皆さんの元気とパワーを見ることができ、楽しく、気持ちの良い一日となりました。一生懸命走ったり演技したりする姿はとても好感がもてました。運動が得意、不得意に関係なく、体育祭に全力で取り組み、楽しんでいる人の姿は本当に「かっこいいな」と思いました。

 今年の体育祭をとおして、特に感心したことは赤組・白組の応援団長を中心とした応援団の真剣な取り組みと、その応援団の一生懸命さを理解し、気持ちよく協力した生徒の皆さんの姿です。今月の目標である「協力」のすばらしさを見た気がします。残念ながら中には自分の楽しい時だけ参加し、面倒くさい時は参加しない人もいたようですが、逆に応援団でなくても、積極的に協力していた人もたくさんいました。多くの先生方は皆さんの体育祭への取り組み方をしっかり見ています。リードする立場にある応援団の人たちは、どのように指示を出し、どのようにかかわっているか?また指示される人たちはどのような気持ちでそれを受けとめているのか?今回応援団として責任を持って取り組んだ人たちは、物事を進めていくことの大変さ、まとめていくことの大変さがわかったと思います。そしてその大変な気持ちを理解し、協力してくれた人には特に感謝してください。何度も繰り返しますが、何事も得意・不得意に関係なく、悩み苦しみながら真剣に取り組んでいる姿はやはりかっこいいなと思いました。光塩で学ぶ人はそんなかっこいい人であり続けてください。

 学校行事は、楽しい、面白いためだけにあるものではありません。生徒の皆さんにとって学習以外でも活躍できる場を設定し、行事をとおして皆さんをより良く成長させていくためのものです。皆さんの中には、「やりたいことはやるが、やりたくないことはやらない。」という人がいます。このような姿勢は認めることはできません。体育祭は終わりましたが、あの時の頑張りと熱い思いは、これからの日々の学習の中でも必ず発揮してください。

 さて、先程も話しましたが、今月の学院のテーマは「協力」です。

 協力は、頼まれたこと、すべきことを皆とともに喜んですることであり、又一つの目標に向かっていろいろなアイデアを出し合い、より良いものをめざそうと積極的に行動することです。必ずしも自分が賛成していることにだけ協力すればいいというものでもありません。反対の立場でも全体のことを考えたときに協力しなければいけない時もたくさんあります。その時その時で、自分の置かれた立場、状況をよく見て、今自分が何をすることが、その目的のためになるのかを考え、判断する力がたえず求められています。それぞれの場面で、自分ができることを積極的に見つけ、みんなが一丸となって、私たちの学院を築いていくという意識で「協力」という言葉の意味を確かめる月にしてください。

 今学期は開校記念ミサ、新校舎の竣工式、バザー、高2の修学旅行、キャロルコンクールなど多くの行事が続き、皆さんそれぞれに活躍の場があります。また運動部の試合や文化部の発表の場もあるでしょう。与えられた場所で練習に励み、協力を惜しまない魅力的な光塩生になるよう努めてください。

体育祭 9月3日(日)

 今日は天候にも恵まれ、平成29年度体育祭が無事開催されることを大変うれしく思います。暑い一日になることが予想されますが、生徒の皆さんの心の中も今、熱く燃えていることでしょう。この体育祭は、光塩の全生徒が、中学・高校の枠を超え、一丸となって、日ごろ鍛えた力を発揮する場です。2学期が始まって5日間という短い練習期間ではありましたが、3年生や応援団を中心にしっかりと取り組んでくれました。今日はその成果を遺憾なく発揮してください。

 さて、ラクビーでは試合終了のことを「ノーサイド」と言います。これは、戦い終えたら両軍のサイドが無くなって同じ仲間だという精神に由来するそうです。今日の体育祭でも閉会式において勝敗は決しますが、戦いの後は光塩の同じ仲間ですから、この「ノーサイドの精神」で臨んで欲しいと思います。そのつもりで自分たちのチームの応援だけでなく、相手にもしっかり声援を送ってください。赤組・白組の健闘を大いに期待しています。

 また、ご来賓の皆様を始め、保護者の皆様・卒業生の皆様、本日は早朝より、本学院体育祭に御参加くださいまして、ありがとうございます。生徒たちの演技・競技をごゆっくりご覧ください。そして温かい声援を送っていただければ幸いです。

 最後に、生徒の皆さん、今日一日、けがもなく、笑顔いっぱいの体育祭になることをお願いして、開会の挨拶といたします。

DSC01977.JPG DSC01903.JPG386.JPG 286.JPG304.JPG 194.JPG267.JPG 094.JPG

 中学生・高校生の皆さん、今日は大変お疲れ様でした。赤組も白組も応援団を、そして3年生を中心にみんなが団結し、熱のこもった戦いぶりでした。普段の授業の中ではなかなか見ることのできない真剣な表情にとても感動しました。優勝した赤組の皆さん、おめでとうございます。結果は出ましたが、今は、今朝、話したように「ノーサイド」です。お互いの健闘をたたえ合うことができれば、今日の体育祭は大成功したと言えるでしょう。今日の頑張りと熱い思いをこれからの学校生活に生かしてください。

 また、ご来賓の皆さま、保護者の皆さま、本日は本校体育祭に最後までご参加・ご協力いただきましてありがとうございました。生徒たちは今日皆様から頂いた声援と拍手を胸に秘め、これからの学院生活で日々努力してくれると信じております。本日は本当にありがとうございました。

 最後に、生徒の皆さんにお願いをします。この後全員で校歌を歌います。赤組は勝利の雄叫びとして、白組は悔しさを声に変えて、みんなで大きな声で歌いましょう。終わります。

幼稚園 萩焼き窯焚き 9月5日(火)

<年長 さくら組>

7月に萩焼作りをしたさくら組さん。
今日は、窯焚きの様子を見にバスに乗って明木の窯に行きました。
窯の中の火はとても幻想的で子どもたちはとても感動していました。
薪を投げ入れる貴重な体験もさせて頂きました。