朝礼のことば 10月27日(金)

 みなさん、先日の「ハレルヤ」の練習、お疲れ様でした。50分の練習で、本当に上手になりました。それは、みなさんも歌っていて感じたのではないでしょうか。

 私は毎年、ハレルヤの指揮をしていますが、ここ数年のみなさんの合唱に対する姿勢にはいつも驚かされ、感動しています。

 私は、中学校、高校と合唱部でした。今もそうですが、私は歌うことが好きでした。だから中学校の部活は迷わず合唱部に入りました。でも、練習は思ったよりきつく、高校で続ける気はありませんでした。そう思っていた中3の夏休み。一人の高校生と出会います。彼はその時高校2年生で、合唱部でした。私は、話したこともない、その彼の後輩になりたくて、同じ高校に通いたくて、合唱部に入りたくて、必死に勉強しました。かなり不純な動機です。そして1年後には、私は彼の後輩になることができました。最初は不純な動機でしたが、高校で私は合唱の魅力にどんどん引き込まれました。かわいい後輩もできました。私を信頼し、なんでも話してくれる、時間さえあればずっと話していられる、そんな後輩でした。ですが、私はこの後輩を裏切る出来事がありました。あれから20年近くたった今でも忘れることはできないでいます。生きていればいろいろなことがありますが、人を傷つけてしまったことはなかなか消えません。ふとした時に思い出し、苦い記憶がよみがえります。

 信頼してもらうまでには、かなりの時間がかかるのに崩れるのは一瞬です。でも、それに気付いたのは、恥ずかしながら大人になってから、この光塩に務めだしてからです。光塩ではたくさんの学びがあります。人間関係のトラブルは、何歳になっても、どこにいてもあります。ですが、どうしたら良いかをこの学校は教えてくれます。失敗しても、見捨てられることは無く、どうしたら良かったのか、今からどうしていくのがいいかを教えてもらえます。

 私たち教員は、生徒のみなさんからもたくさんのこと学びます。私は光塩にきて、誠実に生きることの大切さを学びました。以前も言いましたが、光塩ではなぜか嘘や隠し事はすぐにバレます。とても不思議です。だから、私は目の前のことに誠実に、目の前の人を大切にしようと努力しています。今はまだまだですが、この学校にいる限り、生徒のみなさんと関わりを持つかぎり日々精進していこうと思っています。

 もうすぐ終わる今月のテーマは「信頼」です。「信頼」あるところに「希望」がうまれます。そして、今年も感謝のうちに1年が終われるように一緒に進んでいきましょう。