« 2015年2月 | メイン | 2015年5月 »

2015年3月 アーカイブ

2015年3月11日

3.11








今日は朝のお祈りでも、特別な祈りが捧げられました。

私がいた町の電気はすべて消えていました。
あの時は、生徒が校庭に避難し、1時間たっても余震で何度も揺れ、雪が降っていました。
人災があまりなかったために報道されることがありませんでした。
しかし
職員室は入ることができないくらい机の上のもの、パソコン、机の中の書類、みんなみんな床に落ちていました。
最初は、備えていたろうそくやコンロでしのげましたが、電気が来ない、電気のない生活、水の出ない水道のない生活、トイレに行っても流す水もなく、お風呂にも入れず、洗濯も、歯磨きも・・・。
 何日も過ぎると、食べるものも少なくなってきました。
 交通も遮断され、流通がないということは、お店は開いていません。
 まだ雪が降るのに、灯油がありません。買えません。
 車にガソリンが入れられません。
 そう言っている間に、雨が降ってきました。
 福島からくる風に乗って、雨が降ってきました。
 わかっていても、誰も何も言いませんでした。
 小さな子供を持つおかぁさん先生が「子どもを外で遊ばせたいけど・・・」と言っていました
 そんな中でも変化がありました。
 近所の人が「大丈夫ですか?水はありますか?」と声をかけてくれます。
 持っているものをみんなで分け合っていました。
 しばらくして水道が少しだけ出た地域では、水を分けてくれました。
 情報が入ってくるようになり、現実を少しずつ知り始めました。
 その年の終業式はできませんでした。
 入学式も遅れました。
 駅も電車が入ることができるようになるまでにかなりかかったと聞きます。
 こっちに来て、びっくりするくらい普通の生活でした。
 友達の家は家族ごと津波にさらわれた写真が毎日報道されていました。

 
 どこにいても、どんな時でも、人の優しさは同じだと感じました。
 つらく、悲惨な状況でも、日本の粘り強さ、たくましさがありました。
 そして、世界中の祈りが勇気をくれたと思います。

 この日が来るたびに、思い出すでしょう。
 
 こちらは春です。
 暖かい日差しと、香り。
 紅と白の梅。

 なにもない日常が、こんなにもありがたいことを
 また感じる日となりました。


About 2015年3月

2015年3月にブログ「萩光塩学院 school days」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2015年2月です。

次のアーカイブは2015年5月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。