« 体育祭2016 | メイン | 幼稚園に来た鬼 »

サルーキ=と卒業生

卒業生の彼は苦手なMCの中でこう話してくれた
「光塩は日本一の学校だと思う。先生たちの想いもそうだけど。在校生のみんなは本当に幸せだと思う。この学校に通うことができるっていうことの喜びを感じてほしい」

サルーキ=の彼はこう言った
「聖書にこう書いてある。いつまでも残るもの、それは信仰と希望と愛だ。その中で最も大いなるものは愛である。と。神様の教えだから、普通だったら「信仰」って書くだろうと僕は思った。だけど聖書には「愛」だって書いてあった。だから僕はこれはすごいって思ったんだ!」

毎日毎日色々な思いの中で生活していたけど、本当に素敵な時間だった。
卒業生の彼らも、サルーキ=の彼らも。
彼らの歌を聞いて元気になった。なんか、いいなってほっこりした。

About

2016年11月 6日 23:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「体育祭2016」です。

次の投稿は「幼稚園に来た鬼」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。